IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.09.29

北米の家電量販店ではスマートホーム製品が一等地に
家電量販店も、デパートも、通信事業者もIoTへ

BY

北米デパート シアーズのスマートホームのコーナー。

 前回(「北米のスマートホームはIoTをどう使っているのか」 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47657)は、北米の事例を中心にスマートホームが人々の暮らしをどう変えてきているのかをお話ししました。

 では、こういったスマートホームのプロダクトやサービスはどこで手に入るのでしょうか。今回は、北米のスマートホーム製品のマーケットや事業者の戦略を紹介していきます。

スマートホーム製品の店舗戦略

 北米最大の家電量販店ベスト・バイ(BestBuy)は、北米各地に店舗を構えています。ベスト・バイに入ると多くの店舗で入り口正面の一番目立つスペースに、スマホの販売スペースと並び「コネクテッドホーム(Connected Home)」のコーナーが目につきます。

ベスト・バイのコネクテッドホームのコーナー。

 そこでは家庭用Wi-Fiルーターから始まり、ウエアラブル端末、上述したような様々なスマートホーム商材が陳列され、多くの売り場面積を専有しています。韓国のサムスン電子が2014年に約200万ドルで買収した米スマートシングス(SmartThings)のコーナーなども徐々に存在感を高めています。

 このようなコネクテッドホームのプロダクトは、Bluetoothを使ってスマホ経由でインターネットと繋がることを前提としたもの、Wi-Fiを使って直接インターネットと繋がるもの、ゲートウェイやハブと呼ばれる専用のルーターのようなものを介してインターネットと繋がるものに大別されます。スマートシングスは、元々、専用ゲートウェイを中心に置き、様々なセンサーや機器がインターネットに繋がる商品を作っていました。

 サムスンがスマートシングスを買収したことにより、元々スマホのOSとして開発されたTizenと合わせてサムスンの様々な家電にも搭載され、サムスンの家電がスマートホームのゲートウェイ機能を搭載する時代になってきています。つまり、サムスンのテレビを買えば、テレビがハブとなって各種センサーやスマート家電、ウエアラブル機器などが繋がるようになっています。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

日本マイクロソフトとユニアデックス、NTTドコモ、IoTパッケージサービスを発表 | IT Leaders
IoT人気記事ランキング|シーメンスインタビュー、ドコモの浮遊球体ドローンディスプレイなど[4/17~4/23]
マイクロソフト、「IoT Central」発表--企業のIoT導入を簡素化
セラク、ノンプログラミングで多分野の環境モニタリングを実現する防塵防水機能付き「IoTマルチセンサーゲートウェイ」を発売
LPWAで新時代に突入するIoTビジネス――LoRa、SIGFOXなど最新ワイヤレスが集結!
人材難と働き方のセキュリティ課題に対応--マカフィーが新方針
月額60円から利用可能、さくらインターネットが提供するIoT基盤の記事が先週の1位
忘れ物を防ぐIoTアクセサリー製品、課題は紛失してしまったあと?【俺たちのIoT】
九州電力、IoTを活用した「九電未来の暮らし体験イベント」開催
なぜインテルはドローンビジネスに注目するのか? 本社副社長のアニール・ナンデュリ氏が解説
IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。