IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

スマートハウス
2016.09.29

北米の家電量販店ではスマートホーム製品が一等地に
家電量販店も、デパートも、通信事業者もIoTへ

BY

北米デパート シアーズのスマートホームのコーナー。

 前回(「北米のスマートホームはIoTをどう使っているのか」 http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47657)は、北米の事例を中心にスマートホームが人々の暮らしをどう変えてきているのかをお話ししました。

 では、こういったスマートホームのプロダクトやサービスはどこで手に入るのでしょうか。今回は、北米のスマートホーム製品のマーケットや事業者の戦略を紹介していきます。

スマートホーム製品の店舗戦略

 北米最大の家電量販店ベスト・バイ(BestBuy)は、北米各地に店舗を構えています。ベスト・バイに入ると多くの店舗で入り口正面の一番目立つスペースに、スマホの販売スペースと並び「コネクテッドホーム(Connected Home)」のコーナーが目につきます。

ベスト・バイのコネクテッドホームのコーナー。

 そこでは家庭用Wi-Fiルーターから始まり、ウエアラブル端末、上述したような様々なスマートホーム商材が陳列され、多くの売り場面積を専有しています。韓国のサムスン電子が2014年に約200万ドルで買収した米スマートシングス(SmartThings)のコーナーなども徐々に存在感を高めています。

 このようなコネクテッドホームのプロダクトは、Bluetoothを使ってスマホ経由でインターネットと繋がることを前提としたもの、Wi-Fiを使って直接インターネットと繋がるもの、ゲートウェイやハブと呼ばれる専用のルーターのようなものを介してインターネットと繋がるものに大別されます。スマートシングスは、元々、専用ゲートウェイを中心に置き、様々なセンサーや機器がインターネットに繋がる商品を作っていました。

 サムスンがスマートシングスを買収したことにより、元々スマホのOSとして開発されたTizenと合わせてサムスンの様々な家電にも搭載され、サムスンの家電がスマートホームのゲートウェイ機能を搭載する時代になってきています。つまり、サムスンのテレビを買えば、テレビがハブとなって各種センサーやスマート家電、ウエアラブル機器などが繋がるようになっています。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー
IoT国際競争力は主要10カ国中で第3位、「スマート工場」や「スマートシティ」に力
MOVIMAS、シャープとIoTゲートウェイによるセキュリティモジュール実装の共同実証実験を開始
自転車通勤IoTの実証実験、Cerevoの「RIDE-1」で走行データ収集、「SAP HANA」で可視化して共有 
総務省、ドイツとの「ハノーバー宣言」に署名しICT分野の協力を進める、NICTとドイツ人工知能研究所がIoT/AI協力に係る覚書へ署名
アールエスコンポーネンツ、SIEMENSのIoTゲートウェイ「SIMATIC IOT2020」をArduinoストアで販売
ソラコム、ヨーロッパ進出、利用可能デバイスを展示 -MWC2017レポート④

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。