IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.08.31

IoTでお客様のエクスペリエンスが変わる6つの事例
IoT時代、<エクスペリエンス>が変わる

BY

大事なのは、お客さまの「エクスペリエンス」。(写真はイメージ)

 IoTの導入は、多くの企業にとって「成熟化」や「同質化」への対応という喫緊の課題を解決するチャンスである。しかし同時に、その変化に適応できなければリスクともなりうる。

 今後、ブランドの差別化ドライバーがプロダクト価値やイメージ価値から「ブランド体験」価値へとシフトして行くことは間違いないだろう。

 したがって、お客さま主語の視点からIoTという破壊的イノベーションを捉えた場合に、お客さまの「エクスペリエンス」(ブランド体験)がどう変わるのかが多くの企業人にとって主要な関心事になるのは理の当然である。

IoTの本質は「お客さまの成果ベースで稼ぐビジネスモデルの創出」

 さて、IoTの本質とは何か。 IoT(Internet of Things:モノのインターネット化)という言葉のままに理解しようとするよりも、いささか聞き慣れない言葉ではあるが、いっそのこと「Digital Ubiquity」(デジタルの遍在)と意訳したほうが良さそうだ。

「Digital Ubiquity」の企業主語での解釈は「オープンでグローバルなネットワークによって機器、データ、ヒトを結びつけ、お客さまの成果ベースで稼ぐビジネスモデルを創出すること」である。

 すべてのモノがインターネットでつながった状態というのは、実はIoTのハードウエアとしての側面を説明しているだけに過ぎない。本来は「お客さまの成果ベースで稼ぐビジネスモデルを創出する」ことこそ核心的なビジネスのイノベーションとしてハイライトされるべきである。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力
IoTエッジ装置「AI BOX」で「Azure IoT Edge」を活用、クラウディアンが検証 | IT Leaders
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験
「Build 2018」で見せたマイクロソフトの思惑
広島県、AI/IoTを活用したソリューションを創り出す実証実験の場を提供
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
FIDO準拠でセキュアな"カンタンログイン"を実現。ソフト技研のセキュリティソリューション - 2018 Japan IT Week春より
CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス
中部電力など、AIやIoT利用のGPSによる子供見守りサービス
パートナーを重視するArmのIoT戦略、日本市場に期待
韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用
“100通りの課題に100通りの使い方”名刺サイズのIoTを提案するビッグローブ - 2018 Japan IT Week 春より
東電とインフォメティス、電力×機器分離技術によるIoTプラットフォーム事業を本格展開
養殖エビを救え!IIJがタイで水質モニタリングを実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。