IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.08.31

IoTでお客様のエクスペリエンスが変わる6つの事例
IoT時代、<エクスペリエンス>が変わる

BY

大事なのは、お客さまの「エクスペリエンス」。(写真はイメージ)

 IoTの導入は、多くの企業にとって「成熟化」や「同質化」への対応という喫緊の課題を解決するチャンスである。しかし同時に、その変化に適応できなければリスクともなりうる。

 今後、ブランドの差別化ドライバーがプロダクト価値やイメージ価値から「ブランド体験」価値へとシフトして行くことは間違いないだろう。

 したがって、お客さま主語の視点からIoTという破壊的イノベーションを捉えた場合に、お客さまの「エクスペリエンス」(ブランド体験)がどう変わるのかが多くの企業人にとって主要な関心事になるのは理の当然である。

IoTの本質は「お客さまの成果ベースで稼ぐビジネスモデルの創出」

 さて、IoTの本質とは何か。 IoT(Internet of Things:モノのインターネット化)という言葉のままに理解しようとするよりも、いささか聞き慣れない言葉ではあるが、いっそのこと「Digital Ubiquity」(デジタルの遍在)と意訳したほうが良さそうだ。

「Digital Ubiquity」の企業主語での解釈は「オープンでグローバルなネットワークによって機器、データ、ヒトを結びつけ、お客さまの成果ベースで稼ぐビジネスモデルを創出すること」である。

 すべてのモノがインターネットでつながった状態というのは、実はIoTのハードウエアとしての側面を説明しているだけに過ぎない。本来は「お客さまの成果ベースで稼ぐビジネスモデルを創出する」ことこそ核心的なビジネスのイノベーションとしてハイライトされるべきである。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

Bluetooth meshで大規模IoT――「洪水型」で数千デバイスでの運用も可能
土に直接埋め込むセンサーが農業のIoT化を支える
ソフトバンク、IoTデバイス向けにeSIMプラットフォームを運用開始
シスコ、オープンなIoTデータファブリック「Kinetic」を紹介
ヤフー、IoTセンサーによるコミュニケーション活性化の実証実験
日本郵船とNTT、船舶IoTに関する共同実験を開始
徳島県からIoTサービス事業を創出--日本IBMや地元企業が共同施策
コノル、スマホタッチでつながるIoT製品「CORONA」でNFC導入をサポート
シスコのIoTプラットフォーム「Kinetic」、国内でも年内に提供開始へ
東急が渋谷にIoTスマートホームの体験スペース、帰宅すると自動的にエアコン作動(ニュース)
富士通とアジラ、町田市でIoTを活用した帰宅困難者の見守り実験
レオパレス21、IoTとLoRaによる見守りシステムの実証実験
ソフトバンク、ウエアラブル端末などのIoTデバイス向けにeSIMプラットフォームの運用を開始
進化する「goo」のAI、次はIoTで“あうんの呼吸”実現へ 
ビッグデータ時代のものづくりに必須--米FlyDataが産業IoTで日本参入
オフィスレイアウトの変更でコミュニケーションは活性化するか?――ヤフーがIoTセンサーで可視化へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。