IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.08.30

家の中にはIoTのニーズが山のように眠っている
北米では防犯対策から普及したスマートホーム、日本では?

BY

日本におけるスマートホームは高齢者や子どもの見守りというニーズが大きいという(写真はイメージ)

「北米では5年ほど前からスマートホームの市場が盛り上がっています。日本でもそれを追随する形で市場が形成されていくでしょう」

 こう語るのは、イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)の岡田和久氏(事業開発部部長代理 インテリジェントホーム全国推進 統括責任者)。同社では、2015年2月から「インテリジェントホーム」というスマートホームサービスを開始しており、契約世帯が伸長しているという。

イッツ・コミュニケーションズの岡田和久氏(事業開発部部長代理 インテリジェントホーム全国推進 統括責任者)

 また、イッツコムの関連会社でスマートホーム向けのデバイス開発を手がけるコネクティッド・デザイン社(CDI社)取締役副社長CSO(最高戦略責任者)の福西佐允氏は、「日本でも家庭の中のIoTデバイスはどんどん増えていき、例えば、10年ほどしたらスマートロックが当たり前のように使われているはずです」と展望する。

 IoTは今後どのように日本の暮らしを変えていくのか。両氏に話を聞きながら、その現状と今後の可能性を考えてみたい。

離れた場所から高齢者や子どもを見守り

 住宅にカメラやセンサー、リモコンをつけて遠隔操作を可能にし、家をオートメーション化するスマートホーム。北米で日本に先んじて市場が活性化している背景には、北米ならではの社会事情があった。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

小谷村、IoTを活用して健康情報共有(ニュース)
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第2回 中国がIoT/5Gで世界を制覇する可能性
[ケータイ Watch.biz] さくらインターネット、月額12円のIoT向けSIM
【CES 2018】 「スマートディスプレイ」などIoT向け技術をアピールするクアルコム
IoT人気記事ランキング|CES2018レポートなど[1/8-1/14]
産業分野のディープラーニング活用を推進するAIカードを発売 - PFU
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第1回 IoTによる経済価値創出のための5G開発
不在時の宅配物を守るIoTロックシステム ーCES2018レポート14
「ブロックチェーンに繋がるEV充電器」メリットは? 約12万円で9月出荷
ルイ・ヴィトンが旅行かばん追跡タグEcho開発。IoT無線規格Sigfoxで世界中の空港をカバー
ドコモ、IoTソリューションを検証可能な「docomo IoTスターターSIM」
Alibaba A.I. Labs、スマートホーム分野でMediaTekとの戦略的協力を発表
IoTを活用して住民の健康状態を共有するシステム - KDDIら小谷村で実験
Society 5.0時代をつくる出展ベンチャー募集!ASCII主催IoT&ハードウェアイベント3月22日開催
NTTドコモ、IoT導入検証向け「docomo IoTスターターSIM」を提供開始
自宅で医師に健康相談--MediplatとIoT賃貸経営向け開発のRobot Homeが業務提携

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。