IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.08.30

家の中にはIoTのニーズが山のように眠っている
北米では防犯対策から普及したスマートホーム、日本では?

BY

日本におけるスマートホームは高齢者や子どもの見守りというニーズが大きいという(写真はイメージ)

「北米では5年ほど前からスマートホームの市場が盛り上がっています。日本でもそれを追随する形で市場が形成されていくでしょう」

 こう語るのは、イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)の岡田和久氏(事業開発部部長代理 インテリジェントホーム全国推進 統括責任者)。同社では、2015年2月から「インテリジェントホーム」というスマートホームサービスを開始しており、契約世帯が伸長しているという。

イッツ・コミュニケーションズの岡田和久氏(事業開発部部長代理 インテリジェントホーム全国推進 統括責任者)

 また、イッツコムの関連会社でスマートホーム向けのデバイス開発を手がけるコネクティッド・デザイン社(CDI社)取締役副社長CSO(最高戦略責任者)の福西佐允氏は、「日本でも家庭の中のIoTデバイスはどんどん増えていき、例えば、10年ほどしたらスマートロックが当たり前のように使われているはずです」と展望する。

 IoTは今後どのように日本の暮らしを変えていくのか。両氏に話を聞きながら、その現状と今後の可能性を考えてみたい。

離れた場所から高齢者や子どもを見守り

 住宅にカメラやセンサー、リモコンをつけて遠隔操作を可能にし、家をオートメーション化するスマートホーム。北米で日本に先んじて市場が活性化している背景には、北米ならではの社会事情があった。

JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング!docomoスマートパーキングシステムや、マイクロソフトの「Office 365」など [2/13~2/19]
セラク、タキイ種苗と農業IoTサービス「みどりクラウド」の販売代理店契約を締結
IoTセキュリティ対策を検討する“その前に”――企業がまず考えるべきこと
中堅・中小企業が「IoT投資」で売上増に結びつける「最短の」方法
国内IoT市場は2021年までCAGR17.0%で成長――IDCがユースケース別/産業分野別予測
KDDI、トイレの満空情報をIoT+クラウドで提供
Android ThingsはTensorFlowベースの機械学習とコンピュータビジョンをIoTデバイスにもたらす
【特別企画】ハイブリッドクラウドのメリットと課題 ユーザー企業の本音トークを紹介
小さな待機電力も、超高速電流も正確に測る技術 -キーサイト・テクノロジー インタビュー①[PR]
ピザハット、次世代型IoT販促ツール「スマートプレート」を活用した新サービススタート
【定点観測】アマゾンも自動運転カービジネスに参入-自動運転カー 1月アップデート
IoTとAIが変えるUI(ユーザーインタフェース) | IT Leaders
NTT研究所は、IoTのサイバー脅威にこう対抗する!
「技術商社の強み」を最大限に生かした予知保全 -マクニカ インタビュー
西村直人の先進運転支援システム「新型サイバーナビ+マルチドライブアシストユニット」体験レポート
タクシーが捕まりやすくなる?「AIタクシー」ドコモが実証実験、30分先の乗車需要を予測

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。