IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2016.08.30

家の中にはIoTのニーズが山のように眠っている
北米では防犯対策から普及したスマートホーム、日本では?

BY

日本におけるスマートホームは高齢者や子どもの見守りというニーズが大きいという(写真はイメージ)

「北米では5年ほど前からスマートホームの市場が盛り上がっています。日本でもそれを追随する形で市場が形成されていくでしょう」

 こう語るのは、イッツ・コミュニケーションズ(イッツコム)の岡田和久氏(事業開発部部長代理 インテリジェントホーム全国推進 統括責任者)。同社では、2015年2月から「インテリジェントホーム」というスマートホームサービスを開始しており、契約世帯が伸長しているという。

イッツ・コミュニケーションズの岡田和久氏(事業開発部部長代理 インテリジェントホーム全国推進 統括責任者)

 また、イッツコムの関連会社でスマートホーム向けのデバイス開発を手がけるコネクティッド・デザイン社(CDI社)取締役副社長CSO(最高戦略責任者)の福西佐允氏は、「日本でも家庭の中のIoTデバイスはどんどん増えていき、例えば、10年ほどしたらスマートロックが当たり前のように使われているはずです」と展望する。

 IoTは今後どのように日本の暮らしを変えていくのか。両氏に話を聞きながら、その現状と今後の可能性を考えてみたい。

離れた場所から高齢者や子どもを見守り

 住宅にカメラやセンサー、リモコンをつけて遠隔操作を可能にし、家をオートメーション化するスマートホーム。北米で日本に先んじて市場が活性化している背景には、北米ならではの社会事情があった。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

賢く使うスマートデバイス--個人データの確実な消去方法(前編)
大和ハウス、IoTを活用したスマートハウスのための情報基盤システムの実証
三菱電機、未来への扉を開く研究開発戦略を発表
シスコと豪KPMG、オーストラリアのスマートシティ開発で提携
5Gの通信デモからIoT機器まで、最新の無線機器が集結
ビッグデータ解析で変化を促進せよ! ヘルスケアIoTがもたらす社会の理想形
目指すはロボット技術立国 ―― 移動体IoTと産業用ドローンへの取り組み
高精度・屋内測位が拓く次世代IoT 第6回 IoT/M2M展【春】レポートー4
IoT広告が目指す未来 第1回 IoT・ウェアラブルの普及は、広告のあり方をどのように変えていくのか?
シスコ、「IoT Operations Platform」発表--MS「Azure」との提携も
ウフルがmbed Cloudのライセンス契約提携 enebularのエッジコンピューティング対応を強化
PTC、IoTプラットフォームの新版「ThingWorx 8」を発表
総務省、「地域IoT実装推進ロードマップ(改定)」「ロードマップの実現に向けた第二次提言」等の公表
【Bluetooth SIG パビリオン】スマートグラスとの連携も!  今すぐ使えるIoTデバイスを体感しよう
製造業からロッカー、サ高住まで!富士アイティのIoTは「現場に強い」
国際無線通信規格Wi-SUN FANを搭載した小型IoT用ゲートウェイを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。