趙 瑋琳のプロフィール

株式会社伊藤忠総研 主任研究員
中国遼寧省瀋陽市出身。2008年東京工業大学大学院社会理工学研究科修了、イノベーションの制度論、技術経済学にて博士号(学術)取得。早稲田大学商学学術院、富士通総研を経て2019年9月より現職。中国の産業動向、特にデジタルイノベーションとその社会・経済への影響に関する研究を行い、プラットフォーマーやテックベンチャー等の先端企業に詳しい。近著に『チャイナテック:中国デジタル革命の衝撃』(東洋経済新報社)。

趙 瑋琳の最新記事
トレンド
ブランド力を高める新たな試みにデジタルヒューマン、メタバース、NFT
中秋節にはデジタル月餅も! 中国で進むWeb3.0のマーケティング活用
趙 瑋琳
中国Web3.0DXマーケティングDXデジタルヒューマンメタバース
トレンド
「ハード&コアテクノロジー」が今後の国際競争力を握る重要な部分に
キーワードは「硬科技」、中国が目指すイノベーションの方向が変わった!
趙 瑋琳
中国イノベーション軟科技ソフトテクノロジー硬科技ハード&コアテクノロジー
トレンド
中国政府の宣言が企業や個人に新たな変化をもたらしている
「3060目標」に向かう中国、新たなビジネスチャンスも
趙 瑋琳
3060目標政治正確テンセントアリババ理性消費
理論と知識
ここにも見られる「日本企業が中国ビジネスで進むべき方向性」
変容しつつある中国の「618商戦」
趙 瑋琳
京東618商戦アリババ独身の日ライブコマース
理論と知識
競争激化の中、見えてきた「厳しい試練」の乗り越え方
中国のプラットフォーマーは再び成長の軌道に乗れるか?
趙 瑋琳
中国テック企業ユニコーン企業プラットフォーマーファーウェイテンセント
理論と知識
デジタル技術の活用で消費関連分野の海外市場を目指す企業が増えている
起業の勢いが鈍化している中国で、越境ECが台頭 
趙 瑋琳
中国越境ECSHEIN禾観科技全量全速科技