東アジア「深層取材ノート」
1〜 233 234 235 最新

中国、吠えまくりの「戦狼外交」から微笑みの「パンダ外交」へ急旋回の真意

東アジア「深層取材ノート」(第234回)
2024.5.14(火) 近藤 大介 follow フォロー help フォロー中
中国
シェア9
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
5月6日、訪仏しフランスのマクロン大統領から歓迎を受け、笑顔を見せる中国の習近平主席(写真:Best Image/アフロ)
中国の「戦狼外交」を象徴する人物の一人、中国外交部報道官だった趙立堅氏(写真:ロイター/アフロ)
こちらも戦狼外交の担い手の一人、華春瑩・中国外交部部長助理(写真:VCG/アフロ )
2019年6月、大阪で開催されたG20サミットの際に首脳会談を行ったトランプ大統領(当時)と習近平主席(写真:AP/アフロ)
『進撃の「ガチ中華」-中国を超えた-激ウマ中華料理店・探訪記』(近藤大介著、講談社)

国際の写真

韓国最大野党が制度を“悪用”、党代表の疑惑追及回避のため国民を煽って「大統領弾劾」に突っ走る愚行
【パリ五輪】ブレイキンを初採用、野球はなぜなくなった…競技の決め方は…将来は麻雀も?
米国大統領選の悪夢、歓喜と不安が入り混じる気持ちで行方を見守る中国
頼総統就任から2カ月、台湾はどうなっている?注目集まる3人の立法委員をクローズアップ
史上最低レベルでの低価格に陥った「618商戦」、日系企業がこれからの競争で解決すべき新たな課題とは
【欧州オーバーツーリズム戦争】スペインで再び大規模デモ、水鉄砲で観光客襲撃!ギリシャではぼったくり横行

本日の新着

一覧
【パリ五輪】ブレイキンを初採用、野球はなぜなくなった…競技の決め方は…将来は麻雀も?
【やさしく解説】五輪競技どう決める?
フロントラインプレス
韓国最大野党が制度を“悪用”、党代表の疑惑追及回避のため国民を煽って「大統領弾劾」に突っ走る愚行
李 正宣
頼総統就任から2カ月、台湾はどうなっている?注目集まる3人の立法委員をクローズアップ
立法院の「ねじれ状態」が混乱を生むも、頼政権の支持率は上昇
広橋 賢蔵
米国大統領選の悪夢、歓喜と不安が入り混じる気持ちで行方を見守る中国
The Economist
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。