平家追討の檄文、伊豆の源頼朝はどう受け止めた?

鎌倉殿への道(2)4月27日、頼朝、途方に暮れる
2021.4.27(火) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア31
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
頼朝配流の地と伝わる伊豆韮山の蛭が小島(静岡県伊豆の国市)。撮影/西股 総生
蛭が小島に建つ頼朝・政子像。現在の蛭が小島は伝承地で、頼朝が暮らした場所は正確には不明である。撮影/西股 総生
物見塚公園の伊東祐親像(静岡県伊東市)。伊豆国伊東の豪族。伊東氏の祖でもある工藤祐隆(伊東家次)の孫で、河津氏の祖であり、河津祐親ともいわれる。
韮山にある願成就院。北条時政が建立した寺で、運慶作の仏像5体は国宝に指定されている。付近には北条氏関係の史跡・伝承地が多い。撮影/西股 総生
「集古十種」より安達盛長像(Wikipediaより)
願成就院の近くにある北条氏屋敷跡。発掘調査によって鎌倉時代の屋敷跡が見つかっており、今後の整備が期待される。撮影/西股 総生

ライフ・教養の写真

ニューバランス、On、ブルックス…速く走れて見た目もかっこいい“本気”ランニングスニーカー5選
【国立大学費150万円にすべき?】東大生の親の4割は年収1000万円超、給付型奨学金とセットで交付金見直しを
ほとばしる才能とセンス、日本の音楽シーンに幾度も「革命」を起こした加藤和彦
デフレとゼロ金利制約との戦いは終焉に、日銀副総裁の基調講演から何を読み取るべきか
【国立大学費150万円にすべき?】慶大塾長は文科省に言わされた?支出減らしたい財務省、私大は「不当廉売」と不満
箕田城は源経基の館か?「将門の乱」ゆかりがあるとされる城の真実と本来の役割
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。