意外な要素、「重さ」が食べ物の味を左右していた

食器の重さも影響する人間の感覚の不思議
2019.12.13(金) 漆原 次郎
生物学
この写真の記事へ戻る
「重い」ということが、食べるものに対する知覚のしかたに影響を与えるという。(画像はイメージ)。
重さの違うボウルでヨーグルトを食べたときの、ヨーグルトの「濃さ」の評価。重いほうのボウルを持って食べたときのほうが「濃さ」の値は高くなった。評価には、「まったくそうでない」から「完全にそう」を両端とする10cm長の視覚的アナログスケールが使われた。(出所:*1のグラフをもとに筆者作成)
重さのないスプーンやフォークで食べたときの食べものの味は、どう感じられるだろうか(画像はイメージ)。
重さの違うスプーンで食べたときの、知覚されたヨーグルトの「濃さ」。軽いほうのスプーンで食べたときのほうが「濃さ」の値は高くなった。(出所:*2のグラフをもとに筆者作成)

ライフの写真

人類をつくった哲学や宗教が崩壊してしまった現代
ヘタな偉人伝よりよっぽど有意義な「失敗の本」
デカルトが注目した心と体の条件づけのメカニズム
「2番・坂本」がジャイアンツではまる理由
ダルビッシュ有ら錚々たる「プロ」が信頼する「素人」、誰だ?
佐藤優氏、直伝! 本当の「教養」が身につく方法