香港問題よりもアリババ大セールが気になる日本企業

東アジア「深層取材ノート」(第11回)
2019.11.15(金) 近藤 大介
中国IT・通信
この写真の記事へ戻る
香港でデモに参加した大学生が警官隊に撃たれた11月11日、中国はアリババの「双十一」の大セールに沸いた。写真は同日午前1時過ぎに取引額が1000億元に達した瞬間のディスプレイ(写真:AP/アフロ)
『ファーウェイと米中5G戦争』(近藤大介著、講談社+α新書』

国際の写真

身内からの暴露本で万事休す、トランプ大統領
フィリピン警察、性的暴行被害の少女を射殺し口封じ
米アマゾン、出品者の名前・住所の公表を義務化
韓国騒然、ソウル市長がセクハラ疑惑のさなかに死亡
コロナ後に最も求められる人材とは
新型コロナ禍中、奥シベリアから決死の脱出

本日の新着

一覧
東京版CDCは無意味、小池「思いつき」都政の暗愚
収まりかけた新規感染、今なぜ増加を抑えられないのか
舛添 要一
謙信が信玄との川中島合戦で学んだプロパガンダ
謙信越山:第18回「上杉謙信の宣伝戦と正戦思想」
乃至 政彦
身内からの暴露本で万事休す、トランプ大統領
唯一の姪・メアリー氏が装填した「2つの爆弾」とは
高濱 賛