香港問題よりもアリババ大セールが気になる日本企業

東アジア「深層取材ノート」(第11回)
2019.11.15(金) 近藤 大介
中国IT・通信
この写真の記事へ戻る
香港でデモに参加した大学生が警官隊に撃たれた11月11日、中国はアリババの「双十一」の大セールに沸いた。写真は同日午前1時過ぎに取引額が1000億元に達した瞬間のディスプレイ(写真:AP/アフロ)
『ファーウェイと米中5G戦争』(近藤大介著、講談社+α新書』

国際の写真

創設70周年迎えたNATO、危機って何の危機?
韓国SKグループ揺るがす会長の「1兆ウォン離婚訴訟」
ながらスマホが厳罰化でもなくならない根本的な理由
シャレにならない監視社会に突入した中国の悪夢
香港民主化運動、思わぬ国に飛び火
王毅外相、「韓国での傍若無人」が示す中国の底意

本日の新着

一覧
浮遊するプラごみで最も多いのは人工芝だった!
マイクロプラスチックの実態と流出経路を探る(中)
PublicLab編集部
創設70周年迎えたNATO、危機って何の危機?
地政学の激変期、米国が欧州から手を引けば中国の思うつぼ
Financial Times
シャレにならない監視社会に突入した中国の悪夢
生活は便利だけれど、SNSの書き込みは当局に筒抜け
姫田 小夏
ながらスマホが厳罰化でもなくならない根本的な理由
大きく変わった人とクルマの関係
桃田 健史