126年の想いが刻まれた7つのトンネルとレンガ

明治と昭和の人々が苦闘した歴史を実感する廃線ウォーク体験
2019.10.13(日) 牧村 あきこ
生活・趣味
この写真の記事へ戻る
明治時代の土木技術を結集した「めがね橋」。国道18号旧道からこの角度で見上げると、おおっと声が出てしまうほど圧巻の景色だ(写真はいずれも筆者撮影)
拡大画像表示
横川側の4つのトンネル。私たちは左から2つめのトンネルから出てきた。右側2つは障害物で見えにくいため、2枚の写真を合成した
軽井沢側のトンネルは3つ。左端のトンネルの位置が他の2つより低い理由は後述する
図1 旧線時代、熊ノ平で列車がすれ違う方法
図2 新線(複線化以降)開通後の熊ノ平のトンネル利用方法。7つのトンネルのうち3つは使われなくなった
横川側の右端2つのトンネル。左が旧線本線(現在はアプトの道)で、右側が下り押し下げ線(行き止まり)。新線開通によりどちらも使われなくなった
めがね橋からは階段で国道18号(旧道)に降りられる(34番カーブあたり)。旧線と国道18号は近い場所を並走していることがわかる
めがね橋の先の6号トンネル。古いながらも、堅牢に作られたものであることを感じる
6号トンネル入り口近くの煉瓦は、目地を盛り上げるという凝った作り。派遣されたイギリス人技師の力作とのこと
国道18号旧道の82番カーブ近くにある熊ノ平への登り口
ゲートは関係者しか開けられない。ゲートの先は国道18号旧道の93番カーブ
10号トンネル入り口。新線トンネルの左側にはコンクリートでふさがれた旧線トンネルがある
11号トンネルの側面にある穴から出ると、煉瓦の一部が見え、新線が旧線を飲み込んだ作りになっているのがわかる
陰ったり陽が差したりを繰り返す天気。美しい光芒に少し元気が戻ってきた
ライトに照らされた県境標識。県境はなぜかワクワクする
ゴールとなる18号トンネル出口。やりきった感がみなぎる
国道18号旧道の9番カーブ近くにある旧中山道の入口。標識の左にかなり急な山道が見える

ライフ・教養の写真

蒸気船の登場が可能にした『母をたずねて三千里』
絵本作家の気付き、科学と「当たり前」は両立しない
若き日のデヴィッド・ボウイの足跡
ロシアでアダルトショップ急増
減塩の最大のハードル、“おいしさ”はこうして保つ
ブレグジットとポンド危機

本日の新着

一覧
絵本作家の気付き、科学と「当たり前」は両立しない
『カガクノミカタ』ヨシタケシンスケ氏にとっての科学
依田 弘作
欧州でも高まりだした「中国脅威論」
冷戦終結30年、NATOの存在意義はなくなったのか?
舛添 要一
蒸気船の登場が可能にした『母をたずねて三千里』
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第35回)
玉木 俊明
ウーバーイーツ問題、会社と闘うことは簡単ではない
労働者が覚えておきたい会社と対峙する手順とシミュレーション
尾藤 克之