「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る

コワーキングスペースの未来を見据える専門家の視線(前編)
この写真の記事へ戻る
コワーキングスペースに込められた「仕掛け」とは。
2人が対談を行った「co-ba jinnan」。(写真提供:ツクルバ)
國學院大學経済学部准教授の山本健太氏。博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。地理学の視点から日本の経済・地域経済の振興を研究する。「ひたすら歩き、話を聞くことで地域の経済が見えてくる」を信条に、フィールドワークを中心とした実証主義に基づく研究を続ける気鋭の地域経済専門家。
ツクルバ代表取締役CCO(チーフ・コミュニティ・オフィサー)の中村真広氏。1984年千葉県生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻修了。建築家 塚本由晴氏のもとで学ぶ。不動産デベロッパーの株式会社コスモスイニシアに新卒入社、その後ミュージアムデザイン事務所にて、デジタルデバイスを活用したミュージアム展示や企画展などの空間プロデュースを経験。環境系NPOを経て、2011年8月に株式会社ツクルバを共同創業。代表取締役CCOに就任。デザイン・ビジネス・テクノロジーを掛け合わせた場のデザインを行っている。

ビジネスの写真

ウーバーイーツ問題、会社と闘うことは簡単ではない
アリババ出資の香港企業、自動運転で他社追い抜く?
アフラックに聞く!テレワーク成功の決め手
ダイエー中内㓛と重なる「カリスマ」孫正義の孤独
アマゾン、KDDIや米通信大手などとクラウドで提携
アップル、新ディスプレー技術搭載の機器を発売か