市民が集まる飲み会で改革の様々なアイデアが誕生

市町村合併の欠点を長所に変えた東近江市(2)
2014.6.3(火) 川嶋 諭
この写真の記事へ戻る
障害者施設、高齢者施設、農家レストランが連携した「あいとうふくしモール」
東近江市総務部まちづくり協働課主幹の山口美知子さん。東京農工大学大学院修了。滋賀県職員から東近江市職員に転身。林業普及指導員。滋賀地方自治研究センター理事として、またkikito(湖東地域材循環システム協議会)の事務局でも活躍している
これからは「量」と「質」両面からのアプローチができる行政職員の育成が必要
拡大画像表示
「ファームキッチン野菜花(のなか)」を経営する野村正次さん
ファームキッチン野菜花の店内。窓の外には田畑が広がる(写真提供:あいとうふるさと工房、以下同)
春らしい彩りの5月の野菜花ランチ
調理場では地元の主婦たちが働いている。メニュー開発も自分たちで行う

地域の写真

コロナ危機に大胆な経済対策を!新・首都機能移転論
地方の交通を変えるために「住民」は何をすべきか
土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会

本日の新着

一覧
新型コロナ、日本はどれだけぎりぎりの状態なのか
危機感を抱く専門家会議、感染ルートを追えない感染者が増えている 
鶴岡 弘之
中国、台湾のWHOオブザーバー参加、認める方針
孔鉉佑中国大使が見解、「WHOは中国寄り」の批判かわす狙いか
吉村 剛史
インドネシア、中央の緩い感染対策に地方が反旗
政府の意向を無視し、地方自治体が独自に封鎖や検疫実施
大塚 智彦