IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.03.03

ラーメン屋にもAI 。人工知能で変わる「おもてなし」
AIによる接客で、人手不足解消も

BY

のれんをくぐってお店に入って席に座る。

「マスター、いつものやつちょうだい!」

と注文すると、それ以上は何も言わずともお気に入りのメニューが提供される。

これは飲食店の常連になることで得られる楽しみの1つだ。店主の頭の中に嗜好が把握されているということは、たんに常連として認識されている以上の特別感も得られる。

お店側からしても、常連客に特別だと思ってもらえることがリピートしてもらうための大きなポイント。要するに、顧客とお店がWin-Winの関係にあるのだ。

港区芝大門にある「鶏ポタラーメン THANK(サンク)」では、こうした取り組みをAIで実現しようとしている。コミュニケーションロボットのSotaを店舗に設置。あらかじめ専用のアプリで顔写真を登録することでSotaが顔認識を行い、来店回数に応じてトッピングを無料提供する仕組みを作っている。

「鶏ポタラーメン THANK」の券売機

現時点ではAIによる恩恵が「ポイントカードの置き換え」までという状況ではあるが、ロボットによる接客事例はそこまで多くなく、エンターテインメント性に優れている。顔認識をして条件分岐をしサービスを変更できるロジックが整えば、常連客へのサービスは大きく前進するだろう。

クラウド型顔認識技術が顧客サービスを支える

Sotaに導入されている顔認識システムを開発したのがヘッドウォータース。ここでは人型ロボットの先駆け・Pepperをはじめとしたロボットへのアプリ提供を行っている。中でも「SynApps(シンアップス)」という顔認識ロボットアプリが核となり、ロボットとAIを組み合わせたサービスも多数展開しているのだ。


SynAppsを活用したサービス事例として、居酒屋の卓上にSotaを置いて飲み会の会話に参加する「飲みニケーションロボ」を開発したり、北海道発の人気ラーメンチェーン・山頭火のUniversity Village店(アメリカ・シアトル)でもSotaが顧客に合わせてメニューのレコメンドを行ったりするなど、エリア・言語を問わずプロジェクトが行なわれている。同社のロボットを活用した接客事例は今後ますます増えていきそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NI+C、ミツフジのウェアラブルIoT「hamon」と「IBM Maximo Worker Insights」を組み合わせた安全管理・見守りソリューションを提供
NTTデータCCS、Beacon/IoT分野でAC&Mと資本・業務提携 | IT Leaders
“産業と社会を変えるデジタライゼーション”がテーマ「第5回 IoT/AI ビジネスカンファレンス」開催レポート
AWSとAzureのエッジコンピューティング戦略(前編)
JEITAがサーバ需要の「質の変化」を解説、IoT・AI・機械学習の台頭で何が変わるか
東芝“新中計”は踏み込み不足、構造改革を遅らせる「内輪の論理」
NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。