IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2018.03.03

ラーメン屋にもAI 。人工知能で変わる「おもてなし」
AIによる接客で、人手不足解消も

BY

のれんをくぐってお店に入って席に座る。

「マスター、いつものやつちょうだい!」

と注文すると、それ以上は何も言わずともお気に入りのメニューが提供される。

これは飲食店の常連になることで得られる楽しみの1つだ。店主の頭の中に嗜好が把握されているということは、たんに常連として認識されている以上の特別感も得られる。

お店側からしても、常連客に特別だと思ってもらえることがリピートしてもらうための大きなポイント。要するに、顧客とお店がWin-Winの関係にあるのだ。

港区芝大門にある「鶏ポタラーメン THANK(サンク)」では、こうした取り組みをAIで実現しようとしている。コミュニケーションロボットのSotaを店舗に設置。あらかじめ専用のアプリで顔写真を登録することでSotaが顔認識を行い、来店回数に応じてトッピングを無料提供する仕組みを作っている。

「鶏ポタラーメン THANK」の券売機

現時点ではAIによる恩恵が「ポイントカードの置き換え」までという状況ではあるが、ロボットによる接客事例はそこまで多くなく、エンターテインメント性に優れている。顔認識をして条件分岐をしサービスを変更できるロジックが整えば、常連客へのサービスは大きく前進するだろう。

クラウド型顔認識技術が顧客サービスを支える

Sotaに導入されている顔認識システムを開発したのがヘッドウォータース。ここでは人型ロボットの先駆け・Pepperをはじめとしたロボットへのアプリ提供を行っている。中でも「SynApps(シンアップス)」という顔認識ロボットアプリが核となり、ロボットとAIを組み合わせたサービスも多数展開しているのだ。


SynAppsを活用したサービス事例として、居酒屋の卓上にSotaを置いて飲み会の会話に参加する「飲みニケーションロボ」を開発したり、北海道発の人気ラーメンチェーン・山頭火のUniversity Village店(アメリカ・シアトル)でもSotaが顧客に合わせてメニューのレコメンドを行ったりするなど、エリア・言語を問わずプロジェクトが行なわれている。同社のロボットを活用した接客事例は今後ますます増えていきそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AIやIoTなどの実証実験の場「ひろしまサンドボックス」を始動 | IT Leaders
インテルとC3 IoTが提携--AIアプライアンス提供へ
コネクシオ、IoTシステムを迅速・簡単に構築するためのテンプレート
シーイーシー、工場IoTデータを可視化する「Visual Factory」を発表
戦略から実践へ--北米最大規模「IoTワールド2018」開催
パートナー企業とIoTビジネスを共に創るNTTコム
ナップスター開発者が目指す、IoTホットスポットの壮大な計画
教育IoT・AI最前線、先生とAIロボット「Musio」が“協働”する英語の授業 ―第9回教育ITソリューションEXPO(EDIX)
労働災害を防止する「KDDI IoTクラウド ~作業員みまもり~」
ブルドーザーの運転からジャムセッションまで、5Gなら遠隔で可能
Industrial IoTからホテル価格の最適化まで! ―― データから価値を生み出すFlyData
サンシーの新しいセルラーLPWA通信モジュール、Ayla NetworksのIoTプラットフォームに対応
IoTデバイス開発など現場監督をサポートする『建設現場支援センター』
第一線現場でのMRによる支援・高度化の共通研究開始
【人とくるまのテクノロジー展 2018】シミュレーターやサイドeミラー、高精度ロケータなど自動運転向け技術をピックアップ
積水化学、Secualと共同でIoT活用のスマートタウンマネジメント推進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。