IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2018.02.26

ブロックチェーンが秘めるものすごいポテンシャル
暗号通貨だけではないブロックチェーンの活用事例その1

BY

暗号通貨とりわけビットコイン市場が加熱している。2017年の12月にはビットコイン及びほかの暗号通貨も軒並み高騰し、1年で20倍になった! と盛り上がった。本稿執筆時点ではそこから約40%下がり、暗号通貨界隈だけではなく投資界隈もざわつかせているようだ。

暗号通貨そのものの価値や、未来にどれだけ需要や可能性が広がるのかはわからないが、その基盤システムである「ブロックチェーン」のポテンシャルはものすごく、既存のシステムや常識などをひっくり返す仕組みであることは断言できよう。

本稿では、そのブロックチェーンについて、すでに世界中で始まっている革命について紹介したいと思う。

暗号通貨はブロックチェーンの産物

まずは暗号通貨とブロックチェーンの関係をおさらいしよう。ここでは暗号通貨の代表例としてビットコインを取り上げる。

ブロックチェーン技術は「分散型台帳」とも言われ、オープンソースかつ、すべての取引が見える透明な台帳となっている。私たちが日常で使っている1万円札は、誰の手に渡ってどのようにして自分の手元に来たかはわからないが、その記録をすべてデジタルデータで保存しているのがブロックチェーン技術だ。

また、従来は中央組織(銀行)がお金の取引を行なっていた。中央組織が本物のお金であることを証明し、流通の管理を行なっている形だ。しかしブロックチェーン技術は分散型(非中央)。データの正しさや流通の管理は中央組織に依存せずに取引ができる。そして、すべての取引データは透明化され、不正やエラーがあればすぐに発覚するような仕組みとなっている。そのため、改ざんや不正は事実上不可能とも言われており、不正をするメリットもない。

この取引データが問題ないかをチェックし、承認するのも中央組織ではなく有志のユーザーが行なっている。でも、そんな面倒なことボランティアではやらないのはおわかりだろう。彼らが面倒なことを引き受けているのには理由があるのだ。

それは、ブロックチェーンの記録・承認を終わらせた人(組織)に報酬としてビットコインを渡しているからだ。こうした仕組みによってビットコインをはじめとした暗号通貨とブロックチェーンが成り立っている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニックなど、住宅向けIoTサービスの事業化に向け協議
Sigfoxで高齢者見守り、大阪府住宅供給公社が8月から実証実験
ソフトバンクのNB-IoT戦略――月額10円~で全国展開
NECら、加古川市でスマートシティプロジェクト - 見守りサービス導入
IoTデバイス・サービスを顧客とマッチング、ソフトバンクが約140社と「パートナープログラム」
IoT時代のビルシステム向けセキュリティ対策、NTTセキュリティらが提供
Microsoftとタッグを組んだWalmart 対Amazonで譲れるものと譲れないもの
アサヒ電子・TIS・ブリスコラ、脈波・血管年齢を算出するアルゴリズムとデータを収集・活用向けIoTプラットフォーム/APIゲートウェイを共同開発
三井不動産が東京・日本橋でIoT実証実験、センスウェイのLoRaWANを活用
丸紅情報システムズ、IoTデバイス向け軽量暗号「Speck」に対応する暗号鍵保護ソフトウェアを提供
OKI、IoTやAIを活用しビジネスモデルの再構築を支援する店舗デジタル変革製品を提供 | IT Leaders
ソラコム初のピッチイベント、Moffなど注目IoTスタートアップ登壇
IoT人気記事ランキング|NECが少量の収集データで活用可能な機械学習技術を開発、など[7/9-7/15]
「スマートスピーカーに飽きた人にも使って欲しい」──au HOMEが機能拡充、Alexa対応
ソフトバンク、顧客とパートナーをマッチングさせIoTビジネスの拡大を図るプログラム
西松建設、LPWAとIoT技術を用いた農業分野向け計測監視システムの実証実験を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。