IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.26

クラウド資金調達法「ICO」は日本で流行るのか?
仮想通貨相場にも大きく影響を及ぼす「ICO」

BY

「ICO(Initial Coin Offering)」という言葉をご存知だろうか? 企業やプロジェクトが「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、投資家が保有しているビットコインやイーサリアムといった広く普及している仮想通過と交換することで資金調達を行なう手段だ。

さらにトークンとの交換で獲得した仮想通貨を、ドルや円といった通貨に変えることで、実際の資金を調達できるというわけである。

未上場企業が新規に株式を上場し、投資家に株式を取得させることで資金調達を行う「IPO(Initial Public Offering)」を仮想通貨に対して行なうもの、と考えればイメージしやすいだろうか。

世界で急増するICOによる資金調達

2017年に入ってからICOによる資金調達は世界各地で飛躍的に増加している。Mozilla前CEOのBrendan Eichが立ち上げたブラウザ開発企業のBraveが、ICOで30秒以内に3500万ドルを調達したというニュースもメディアで話題となった。

また、仮想通貨のプレセールやICOの予定などの情報を提供しているCoinScheduleのデータによれば、8月16日時点で2017年のICOによる資金調達額の総額は30億ドルを超えている。同データによると、2017年にICOで資金調達を行なったプロジェクトで最も多くの資金を得たのは「Filecoin」で、2億5,700万ドルを調達した。

多額の資金が一瞬のうちに調達できるICOは、ベンチャー企業や新たなプロジェクトを立ち上げる際の資金調達方法として注目を集めている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

月額40円からのセルラーLPWA、KDDIがIoT向けに提供
au、スマホで家電を操作できる赤外線リモコンやGoogle HOME連携でホームIoTサービスを強化
KDDIがホームIoT「au HOME」を拡充――「Google Home」と連携
Google Homeで家電も操作、KDDIがホームIoT「au HOME」を本格スタート
「au HOME」サービス拡充で魅力増、ネックは月額料金:週刊モバイル通信 石野純也
スマートリモコン「sRemo」がIFTTTに対応、Google Homeから操作可能に
においを“デジタル化”してAIで判定するシステム
成功の反対は「何もしないこと」、まずはやってみよう――稲田修一氏が提言するIoT活用による価値創造の方法論
横河電機、IIoT用小型無線センサ「Sushi Sensor」開発 - 第1弾は振動・温度
IoT人気記事ランキング|センサーを使わず電波だけでIoTを実現するOrigin Wireless、第3回IoT/M2M展【秋】レポートなど[11/13-11/19]
KDDI、IoT向けに低コスト・低消費電力のLPWAサービスを提供
土壌センサー、地中に埋め込み直接モニタリング
機械学習機能や5G無線を実現する最新FPGA
小浜市・クラウド漁業・KDDI、鯖の養殖効率化にIoTを活用するプロジェクトを開始
テックファームグループ、IoT事業拡大に向け人材採用を強化
金融機関はRPAの<次>に移行すべき—アクセンチュアが新フレームワーク「ACTS」の提供を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。