IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.26

クラウド資金調達法「ICO」は日本で流行るのか?
仮想通貨相場にも大きく影響を及ぼす「ICO」

BY

「ICO(Initial Coin Offering)」という言葉をご存知だろうか? 企業やプロジェクトが「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、投資家が保有しているビットコインやイーサリアムといった広く普及している仮想通過と交換することで資金調達を行なう手段だ。

さらにトークンとの交換で獲得した仮想通貨を、ドルや円といった通貨に変えることで、実際の資金を調達できるというわけである。

未上場企業が新規に株式を上場し、投資家に株式を取得させることで資金調達を行う「IPO(Initial Public Offering)」を仮想通貨に対して行なうもの、と考えればイメージしやすいだろうか。

世界で急増するICOによる資金調達

2017年に入ってからICOによる資金調達は世界各地で飛躍的に増加している。Mozilla前CEOのBrendan Eichが立ち上げたブラウザ開発企業のBraveが、ICOで30秒以内に3500万ドルを調達したというニュースもメディアで話題となった。

また、仮想通貨のプレセールやICOの予定などの情報を提供しているCoinScheduleのデータによれば、8月16日時点で2017年のICOによる資金調達額の総額は30億ドルを超えている。同データによると、2017年にICOで資金調達を行なったプロジェクトで最も多くの資金を得たのは「Filecoin」で、2億5,700万ドルを調達した。

多額の資金が一瞬のうちに調達できるICOは、ベンチャー企業や新たなプロジェクトを立ち上げる際の資金調達方法として注目を集めている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ
NECネッツエスアイ、効率的なビル運営や快適なオフィス環境を支援する次世代設備管理ソリューション「Nets-Butics」を発表

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。