IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.26

クラウド資金調達法「ICO」は日本で流行るのか?
仮想通貨相場にも大きく影響を及ぼす「ICO」

BY

「ICO(Initial Coin Offering)」という言葉をご存知だろうか? 企業やプロジェクトが「トークン」と呼ばれる独自の仮想通貨を発行し、投資家が保有しているビットコインやイーサリアムといった広く普及している仮想通過と交換することで資金調達を行なう手段だ。

さらにトークンとの交換で獲得した仮想通貨を、ドルや円といった通貨に変えることで、実際の資金を調達できるというわけである。

未上場企業が新規に株式を上場し、投資家に株式を取得させることで資金調達を行う「IPO(Initial Public Offering)」を仮想通貨に対して行なうもの、と考えればイメージしやすいだろうか。

世界で急増するICOによる資金調達

2017年に入ってからICOによる資金調達は世界各地で飛躍的に増加している。Mozilla前CEOのBrendan Eichが立ち上げたブラウザ開発企業のBraveが、ICOで30秒以内に3500万ドルを調達したというニュースもメディアで話題となった。

また、仮想通貨のプレセールやICOの予定などの情報を提供しているCoinScheduleのデータによれば、8月16日時点で2017年のICOによる資金調達額の総額は30億ドルを超えている。同データによると、2017年にICOで資金調達を行なったプロジェクトで最も多くの資金を得たのは「Filecoin」で、2億5,700万ドルを調達した。

多額の資金が一瞬のうちに調達できるICOは、ベンチャー企業や新たなプロジェクトを立ち上げる際の資金調達方法として注目を集めている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止
IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】
Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示
トッパンフォームズ、2周波数帯対応のICタグ
HPE Aruba 田中泰光氏インタビュー「IoT時代へインフラの抜本改革」
衝撃動画!! 1トンの鉄球をブチ込んでも壊れない「超強力な家」を可能にしたのは、技術とIoTの融合だった
真の5G社会で必須になる「5G SIM」、ジェムアルトが解説
ドコモ、AI運行バスや製造業向けIoTサービスなどを展示
イーソルのAdaptive Platform提案…CASE時代の組み込みプラットフォーム
ソフトバンクとWCP、5Gを活用した「スマートハイウェイ」の実証実験
グリーンスローモビリティを実証する自治体コンソーシアムを公募
リアルに泳ぐ魚型ロボット「MIRO-5」発売。+Styleから
明太子がいつもある「ふくやIoT」の裏側はSORACOMが支えていた

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。