IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.02.19

CES 2018で見たコネクテッドな生活の近未来
IoT時代、<家の中での体験>も変わる

BY

 同じ韓国勢のLGは、デザインの良さとスマート家電への取り組みの早さで米国内では定評があるブランドである。

 今回のCES 2018に合わせて、独自開発のAIプラットフォーム「LG ThinQ(シンク)」を投入してきた。

CES 2018に合わせて投入された、LGの対話型AI「ThinQ」。

 記者発表によれば、LGが2018年以降に発売する有機ELテレビや液晶テレビには、LG ThinQをベースにしたアシスタント機能が搭載されるという。

 また、米国といえば防犯上の理由からホームセキュリティへのニーズが高いのだが、中国のハイアールはそこに着眼し、「CONSCIOUS SECURITY」というコンセプトのスマートホーム・ソリューションを提案していた。

 以下の写真で明らかなように、「スマートライフは家のセーフティから」というのがハイアールのキャッチフレーズになっている。

中国のハイアールはセキュリティを軸にスマートホームに参入。

 スマートホームの業界勢力図を俯瞰してみると、CES 2018では家庭用大型電気製品のワールプール(Whirlpool)、航空宇宙や軍需産業企業のハネウェル(Honeywell)、水回りの住宅機器を専門とするコーラー(KOHLER)など、米国の異業種企業からの参入が目立った。

 スマートホームの市場でも自動運転のそれと同じく、既存の業界や競合の垣根を超えたボーダレス競争がすでに始まっているのだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ヤマダ電機がソフトバンク子会社と連携、ホームIoTサービスを開始
パナソニックホームズが「防災持続力を備える家」--防災意識の「持続」までサポート
柏の葉が街全体でAI、IoTなどの実証実験を受け入れ--課題解決型街づくりへ
3日分の水や電気を自動的に確保 「防災持続力を備える家」、パナソニックホームズが展開
NSW、IoT向けビッグデータ分析・予測サービスにセルフAIサービスメニューを拡充し提供開始
NTT Com、IoTビジネス向けのモバイル通信サービス「IoT Connect Mobile」 | IT Leaders
「DX EnablerとしてSmart World実現に貢献する」 NTTCom社長 庄司哲也氏が事業戦略を発表
AIで命を守れ! 日立物流が語る「安全運行管理システム」の作り方
ハギワラソリューションズ、IoTシステムへのサーバー攻撃を防ぐ「セキュアIoTゲートウェイ」を開発
ドコモ、IoT向け通信方式「NB-IoT」を提供開始
NRIセキュア、インダストリアルIoTネットワーク向けの監視ソリューションを提供
TED、センサーからクラウドまで丸ごと「Azure IoTキット-920」発売
ドコモがIoTで中小製造業の生産性改善、「docomo IoT製造ライン分析」
最短2週間でIoT PoCシステムを構築・納品可能な「Dash PoCサービス」
ブロックチェーン+IoTでホテル予約から退室まで電子化を実現 〜スマートロック導入のスマートホテルが6月から営業開始予定
ICカードなどのセキュリティー機能を搭載した産業機器向けSDカード

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。