IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.19

生体センサーとIoTで登山はより楽しく安全になる
IoT時代、<登山の体験>が変わる

BY

日本百名山のひとつ、北関東の皇海山。(筆者撮影)

「百の頂に百の喜びあり」。

日本百名山』(新潮社)を世に送り出した深田久弥さんのこの言葉に魅せられて、著者が山登りを始めてから随分と時間が経つ。

 コンサルティングの仕事の合間、まとまった時間ができると、60リットルのザックに寝袋、テント、着替えと3日分の食料を詰めて、ひとり山へと向かう。

 著者の登山スタイルにユニークな点があるとすれば、仕事柄、デジタルの登山ギアに人一倍強く反応して、それらを“実戦投入”していることだろう。

 最近の一押しは、iPhone7に入れている登山アプリ「ジオグラフィカ」(Geographica、デベロッパー:Keiji Matsumoto)である。

「ジオグラフィカ」の地図表示画面。

「ジオグラフィカ」はその名が示すとおり、本格的なナビゲーション機能を持った“使える”登山用GPSアプリ(キャッシュ型オフラインGPSアプリ)である。

 クルマのカーナビ同様、たとえ携帯電話の電波の届かない山奥であっても、自分が今いる位置と歩いた軌跡が地図上に正確に表示される。

 しかし、このアプリの潜在的な魅力はそれだけではない。

IoT Today』 の読者の方であれば、気付くだろう。このアプリの今後の機能拡張の技術的な方向性としてIoT導入を想定すると、登山者にとって、さらにワクワクするような登山体験を提供してくれる可能性が大きいことに。

 IoT時代、<登山の体験>も変わる。

 実際に「ジオグラフィカ」を連れ、日本百名山のひとつ、北関東の皇海山(すかいさん、標高2144m)の山頂へと続く変化に富んだ尾根道を歩きながら、いろいろと楽しい想像を巡らしてみた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータCCS、ビーコン/IoTソリューション分野でAC&Mと提携、位置測位サービスを拡充
TrustZone対応マイコン、声を拾う加速度センサー STが展示
IIJ、フルMVNOサービスでLTE-Mの接続確認を実施
宅配ボックス、EV充電器、シェア自転車などに決済や制御を追加できるIoT装置「NEC Digital Concierge」 NECから
魅力あるIoTエッジの開発アプローチに垣間見るプラットフォーム提供の在り方
NTT東が中小工場向けIoTパッケージ――トライアルでは4%の稼働率向上を実現
AIによる自律化、クラウド化、そしてサービス化が進むストレージの現在と未来
環境発電で動作するコントローラー、ルネサスがSOTBを初適用
KDDI、富士山遭難者救助にドローンを活用
ヤマザキマザック、IoTを活用したコネクテッドサービス「Mazak iCONNECT」を2019年4月より提供開始
IoT向けネットワークLoRaWAN、普及のために日本の協会が設立
OKI、固定網/PHSからLTEへのマイグレーションを実現する「マルチキャリア対応音声IoTゲートウェイ」を販売開始
VAIOとモフィリアが指静脈認証技術で協業、法人向けに認証デバイスを提供
基幹業務アプリのSaaS移行で“最後のアップグレード”を、オラクル
IoTドアと窓で戸締まり確認 センサー電源不要
NTT東日本、生産現場を「見える化」できる工場向けIoTパッケージを提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。