IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.08.24

『白い巨塔』の財前教授、AIでさらなる高みへ?
IoT時代、<プロフェッショナルな仕事>が変わる(下)

BY

医療画像の読み解きに人間は不要になるかもしれない。

 AIは人間の仕事を奪わない。逆に、新たな職種を生み出したり、既存の仕事の内容を、進化させたりするだろう。

 AIの導入が進めば進むほど、個々のお客さまの気持ちの変化に寄り添い、お客さまの体験が豊かになる方向で企業(や病院などの公共サービス機関)が提供する商品やサービスの内容を最適化(デザイン)する目配りや気配りが、企業間競争の最強の差別化ドライバーとして注目されるはずである。

 AIの導入により、「医療の現場」で起きるドラスティックな変化を例に取って、来るべき未来予想図を検証したい。

『白い巨塔』で描かれるアナログな医療の現場

「さすがに君だ、たった2枚のフィルムで、こんな早期の癌を発見できるとは、君の読影力の高さには頭が下がるよ」

 素直に感服すると、財前の顔に得意げな笑いがうかんだ。

「うん、まあ、これが僕の誇るに足るところだ、噴門癌の微妙な陰影の読影は、いうなれば科学ではなく、一種の芸術なんだよ、どこがどうだとか、どういう陰影はどう読影するかなどという定義は、あってないようなもので、何回も自分の目で見ているうちに会得し、解って来るものだよ、但し、それにはもちろん、非常に優れた勘と鋭い洞察力が必要だがね」

(『白い巨塔』第2巻 新潮社 山崎豊子1965年)
 

『白い巨塔』で描かれる財前教授と里見助教授のこのやり取りは、最先端の大学病院で勤務する医師にとってさえ、レントゲン写真の読影が科学ではなく芸術の領域のスキルであることを如実に語っている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートホームの市販IoT機器にセキュリティ問題、隣人に操作される可能性も【IoT推進委員会 第7回シンポジウム】
ドラレコ搭載スマートヘルメットから現場に潜むIoTまで 韓国スタートアップ企業の注目すべきアイデア製品
日立、“総合システム工場”の大みか事業所を公開 IoTを利用した先端の取り組みを実施
スマホやPCを脅威から守る、IoT時代の新しいセキュリティー
2016年の今日、Xbox One Sが発売されました:今日は何の日?
KDDIなど、IoTを漁業に活用した「鯖、復活」養殖効率化プロジェクト
スマホやスマートスピーカーで家電操作&ドア・窓をセンサー検知&IoTスマートホーム化できる「インテリジェントホーム」を使ってみた
コネクテッドホームにGoogle Homeを活用、大和ハウスが「Daiwa Connect(ダイワ コネクト)」プロジェクト開始
コマツ、産業用IoT基盤を導入--採掘機械の稼働率や生産性を向上
月額40円からのセルラーLPWA、KDDIがIoT向けに提供
au、スマホで家電を操作できる赤外線リモコンやGoogle HOME連携でホームIoTサービスを強化
KDDIがホームIoT「au HOME」を拡充――「Google Home」と連携
Google Homeで家電も操作、KDDIがホームIoT「au HOME」を本格スタート
「au HOME」サービス拡充で魅力増、ネックは月額料金:週刊モバイル通信 石野純也
スマートリモコン「sRemo」がIFTTTに対応、Google Homeから操作可能に
においを“デジタル化”してAIで判定するシステム

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。