IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.08.31

IoTで製造業はサービス業に飲み込まれるのか?
IoT時代、製造業の目指すべき姿とは?

BY

IoT時代の製造業が生き残っていく方法とは。

 Internet of Things(IoT)、全ての人・モノがインターネットにつながるということだが、メーカーなどの企業にとっては、それだけでは収益を生まない。つながった上で、何を顧客に提案し、何を新たな価値として認めてもらえるかが勝負になる。

 IoTはそのインフラを提供するに過ぎない。新たな価値を生み出す基になるのが、「IoTで顧客とつながり続ける」という点にある。顧客とつながり続けることで、メーカーは従来のハードウエアのみの提供に留まらない、今までできなかった提案ができるようになる。

 例えば、自動車分野におけるテレマティクス保険が挙げられる。従来の自動車保険では、年齢、年間走行距離、事故経験などを基に、保険料が算定されてきた。これは1年間を通じての結果を基にした算出である。

 これが、常に顧客(ドライバー)の乗り方が把握できれば、より詳細なデータを基にした保険料算定が可能になる。運転日時、最高速度、平均速度のみならず、急アクセル、急ブレーキの回数などもデータとして取得し、顧客(ドライバー)別の事故リスク算定に活用することが可能となる。欧米では既にテレマティクス保険の導入は進んできている。

 日本でも類似コンセプトを活用したサービスが登場してきた。例えば、トヨタ自動車では、昨年、あいおいニッセイ同和損保と共同で、「フリート事業者向けテレマティクスサービス」を提供すると発表した。ドライバーの乗り方がダイレクトに保険料に影響する訳ではないが、ドライバーの運転状況を記録し、ドライバーやフリート事業者(車両管理者)に結果報告と事故低減アドバイスを行っている。この事故低減アドバイスを受けることで、フリート事業者は保険料が6%割引になる。

 メーカーが顧客とつながり続けることで、新たな価値提供を行う事例として、他にロボットメーカーの工場管理の提案が挙げられる。例えば、ファナックは、FA(Factory Automation)や産業用ロボットに強いメーカーであるが、近年、「Field System」という工場管理・運営ツールを提供し始めた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生
国内IoT企業が取るべき行動とは――IDC Japan、国内IoT市場のデータエコシステム事業者に関する調査結果を発表
フランス生まれのIoTスタートアップ「“LPWA先進国”とアジアをつなぐ」
IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]
IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表
IoTと非IoTで2025年に163兆GB--データビジネスのエコシステム広がる
アカマイ“第5の柱”はIoTか、ブロックチェーンか? 幹部に聞く
GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大
富士ソフト、Litmus AutomationのIoTプラットフォームを提供
IoTセンサーにぴったり、シャープが取り組む新たな太陽電池技術とは
Cerevo出身エンジニアが二人で作り上げたIoT照明「wesign」開発秘話
マクニカネットワークスと日本ヒューレット・パッカード、IoT活用で「FogHornスタート支援パッケージ」を提供開始
KDDI、IoT向けLPWAサービスの新プラン 月間2MBまでのデータ通信量を基本料金に内包
ため池の水位をIoTセンサーで確認、高松市で実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。