IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.08.31

IoTで製造業はサービス業に飲み込まれるのか?
IoT時代、製造業の目指すべき姿とは?

BY

IoT時代の製造業が生き残っていく方法とは。

 Internet of Things(IoT)、全ての人・モノがインターネットにつながるということだが、メーカーなどの企業にとっては、それだけでは収益を生まない。つながった上で、何を顧客に提案し、何を新たな価値として認めてもらえるかが勝負になる。

 IoTはそのインフラを提供するに過ぎない。新たな価値を生み出す基になるのが、「IoTで顧客とつながり続ける」という点にある。顧客とつながり続けることで、メーカーは従来のハードウエアのみの提供に留まらない、今までできなかった提案ができるようになる。

 例えば、自動車分野におけるテレマティクス保険が挙げられる。従来の自動車保険では、年齢、年間走行距離、事故経験などを基に、保険料が算定されてきた。これは1年間を通じての結果を基にした算出である。

 これが、常に顧客(ドライバー)の乗り方が把握できれば、より詳細なデータを基にした保険料算定が可能になる。運転日時、最高速度、平均速度のみならず、急アクセル、急ブレーキの回数などもデータとして取得し、顧客(ドライバー)別の事故リスク算定に活用することが可能となる。欧米では既にテレマティクス保険の導入は進んできている。

 日本でも類似コンセプトを活用したサービスが登場してきた。例えば、トヨタ自動車では、昨年、あいおいニッセイ同和損保と共同で、「フリート事業者向けテレマティクスサービス」を提供すると発表した。ドライバーの乗り方がダイレクトに保険料に影響する訳ではないが、ドライバーの運転状況を記録し、ドライバーやフリート事業者(車両管理者)に結果報告と事故低減アドバイスを行っている。この事故低減アドバイスを受けることで、フリート事業者は保険料が6%割引になる。

 メーカーが顧客とつながり続けることで、新たな価値提供を行う事例として、他にロボットメーカーの工場管理の提案が挙げられる。例えば、ファナックは、FA(Factory Automation)や産業用ロボットに強いメーカーであるが、近年、「Field System」という工場管理・運営ツールを提供し始めた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通、流通業界に特化したIoTプラットフォーム「SMAIVIA」をリリース | IT Leaders
[3/6 無料] 経済産業省&IoT推進ラボ、先進的なIoTの取り組みを発掘する「IoT Lab Selection」他、各種イベントを都内で開催[PR]
インベスターズクラウド、IoT民泊アパートを今春福岡でサービス開始へ
製造業向けのIoT基盤で協業、セゾン情報システムズ「HULFT IoT」とクオリカ「CareQube+」 | IT Leaders
喫緊となる建設現場の"Digital transformation"を支えるクラウド「LANDLOG」
AI、IoTで自立支援介護のプラットフォーム構築へ--パナソニックら実証実験
富士通、流通業向けIoTサービス基盤「SMAVIA」を販売開始
ドコモ、建設現場の働き方改革を実現するソリューションのβ版を提供開始
東京電力エナジーパートナー、IoT技術を活用した「次世代スマートタウンプロジェクト」を開始
アドバンテック、光学センサと低消費電力無線通信で設備の稼働状況を見える化するIoTソリューションをリリース
Arm、IoTデバイスへのSIMカード搭載を可能にする「Kigen」を発表
建設生産プロセスの変革を加速する「LANDLOG Partner」、先行パートナー協業事例とLANDLOG提供アプリを発表
日本はDXの波に乗り遅れてる!?日本マイクロソフトとIDC調査から見えてきた懸念 - アジアにおけるデジタルトランスフォーメーション
セゾン情報システムズとクオリカ、製造業向けのIoTソリューション提供で協業
富士通、流通業向けデータ分析サービス、作業員の位置やバイタルも連携分析 | IT Leaders
“ドローンで建設現場を撮影、AzureでAI解析”も可能に――建設IoTプラットフォーム「LANDLOG」が「Microsoft Azure」を採用

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。