IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.19

生体センサーとIoTで登山はより楽しく安全になる
IoT時代、<登山の体験>が変わる

BY

最大の魅力は「体験の可視化」と「スピーチ機能」

 これまでも「地図ロイド」(Android版のみ)のようにGPSを利用して、あらかじめ読み込んでおいた国土地理院の地図に現在位置を表示してくれる登山用のアプリ(いわゆるキャッシュ型オフラインGPSアプリ)は存在した。

 登山以外でも、例えば、ランニングの世界では「NIKE+」がいち早く同様のサービスを提供していることは周知の通りである。

 しかしながら、老若男女を問わず、大多数の登山者にとって登山ルートの確認方法の定番は『山と高原地図』(昭文社、最近はアプリ版もリリースされている)と方位磁石(コンパス)を組み合わせる、という昔ながらのアナログな手法だろう。(実際、著者も登山の際は『山と高原地図』を必ず携行している)

 デジタル登山ギアのギークであれば、ガーミン(GARMIN)の登山用GPS専用機を選択するというケースもありうる。

 しかし、ガーミンは値段が7万円から10万円と高価な上、肝心の地図を表示する液晶画面が小さいため、GPSの精度に定評こそあるものの、一般の登山愛好家は手を出しにくい代物である*1

*1:ガーミンは最近、地図ガイド付きマルチGPSウオッチ「フェニックス 5X サファイア」を発売した。高度計、気圧計、コンパスに加え、光学式の心拍計を備えているが、腕時計ゆえ肝心の地図の表示面積が小さく、登山地図の代わりにはならない。

 方位磁石、気圧、高度(気圧から計算される)だけなら、スント(SUUNTO)の「コア」シリーズやカシオの「プロトレック」に代表される登山用腕時計で情報は取れる。しかし、地図読みの判断(読図)は登山者自身が行わないといけない*2

*2:カシオの「プロトレック」スマートでは地図表示が可能になったが、ガーミンと同様の理由で登山地図としての実用性は低い。

 その点「ジオグラフィカ」は秀逸である。「登山体験の可視化」の点で、このアプリを超える登山ギアはないだろう。

「ジオグラフィカ」のトラックポイント一覧表示。

 同時に、バックグラウンドでは非常にこまめにトラッキングデータ(高度、距離、時間)を記録してくれているので、登山者が定期的に登高速度(登山者にとっては自身のパフォーマンスを知る重要なバロメーターになる)を把握することが可能である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。