IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.29

真に「使える」IoT通信を全ての人に届けたい
玉川社長に聞く、ソラコムの想いと現実、そして未来

BY

真のIoT実現に足りなかったピースが「通信」

具体的に、ソラコムはどのようなサービスを提供することにしたのか。玉川氏はこう語る。

「IoTを具体化するには、通信部分に足りないピースがありました。IoTデバイスがデータを収集し、データベースやストレージに格納するとき、どうやってデータを送るかです。SORACOMは、IoT通信に加え、データを送るために必要なデータ変換やクラウド連携、セキュリティ強化などのサービスを通信経路上で提供しようと考えたのです」

2015年9月のサービス提供開始時には、NTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)としてモバイル通信サービス「SORACOM Air」、データ転送支援サービス「SORACOM Beam」を用意した。

サービスを利用する際に必要なSIMはAmazon.co.jpで1枚単位から購入が可能で、1日当たり10円からの従量制という料金設定は大きな反響を呼んだ。通信サービスの核となるパケット交換機能などのプラットフォームはAWS上に実装し、信頼性と拡張性も確保した。玉川氏が思い描いた「IoT通信の民主化」の姿の一端が、具現化されたものだった。

その後も2年余りの間に次々と策を打った。通信機能としては、NTTドコモの回線を利用するセルラー通信だけでなく、低消費電力で広域の通信が可能なLPWA(Low Power Wide Area)方式も採用。LoRaWAN 方式を使う「SORACOM Air for LoRaWAN」とSigfox方式を使う「SORACOM Air for Sigfox」をラインアップに加えた。

企業がビジネスでIoTを展開するときに求められるセキュリティレベルに対応するため、専用線で接続する「SORACOM Direct」を提供。大量のデバイスを管理するための「SORACOM Inventory」も、実際の顧客からの要望に応えて今年7月に提供を開始した。

「IoTプラットフォームに必要な機能やサービスは、実際に利用するお客さまに教えていただいていると感じています。開発は2週間に1回のサイクルで進めて、優先順位の高いものから早期開発しています。実際、2年で新サービスが10以上、新機能は40以上、提供しました。もちろん、ムダなものは作らないように心がけています。共通プラットフォームのあるべき姿を考え、真摯に開発に向き合っているつもりです」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス
KDDI、キッザニアで5G/IoTが普及した未来の職業体験を提供
IoTハッキングの危険な実情を実例から解説~SIOTPスキルアップセミナー第1回から~
チャットワークがIFTTTに対応し、600以上のサービスと連携へ
Azure MLに「自動化された機械学習」が登場
スプレッドとNTT西日本、AIやIoTを用いた共同実験を植物工場で実施
なぜPoCは失敗するのか? 「つながる町工場」3社の事例にみる成功の条件
【異色対談】ブロックチェーンはなぜIoTに最適なのか?
今年の「CEATEC JAPAN」は“海外”にも本気、脱・家電見本市から3年目の「CPS/IoTの総合展示会」が目指す未来とは 
青山学院大 井田昌之教授が明かす、デジタル化・グローバル化の「真実」
カリフォルニア州でデバイスのデフォルトパスワードを禁ずる法律が成立
楽天コミュニケーションズ、IoTサービスの通信環境構築をサポートする「IoTプラットフォームサービス」を提供開始
NTT Com、“デジタルツイン”の実現に向けAIを活用した生産プロセスの高精度なモデルを横河電機と共同で構築
セラクとトレンドマイクロが提携、農業IoTのセキュリティ機能を「Trend Micro IoT Security」で保護

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。