IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.29

真に「使える」IoT通信を全ての人に届けたい
玉川社長に聞く、ソラコムの想いと現実、そして未来

BY

真のIoT実現に足りなかったピースが「通信」

具体的に、ソラコムはどのようなサービスを提供することにしたのか。玉川氏はこう語る。

「IoTを具体化するには、通信部分に足りないピースがありました。IoTデバイスがデータを収集し、データベースやストレージに格納するとき、どうやってデータを送るかです。SORACOMは、IoT通信に加え、データを送るために必要なデータ変換やクラウド連携、セキュリティ強化などのサービスを通信経路上で提供しようと考えたのです」

2015年9月のサービス提供開始時には、NTTドコモのMVNO(仮想移動体通信事業者)としてモバイル通信サービス「SORACOM Air」、データ転送支援サービス「SORACOM Beam」を用意した。

サービスを利用する際に必要なSIMはAmazon.co.jpで1枚単位から購入が可能で、1日当たり10円からの従量制という料金設定は大きな反響を呼んだ。通信サービスの核となるパケット交換機能などのプラットフォームはAWS上に実装し、信頼性と拡張性も確保した。玉川氏が思い描いた「IoT通信の民主化」の姿の一端が、具現化されたものだった。

その後も2年余りの間に次々と策を打った。通信機能としては、NTTドコモの回線を利用するセルラー通信だけでなく、低消費電力で広域の通信が可能なLPWA(Low Power Wide Area)方式も採用。LoRaWAN 方式を使う「SORACOM Air for LoRaWAN」とSigfox方式を使う「SORACOM Air for Sigfox」をラインアップに加えた。

企業がビジネスでIoTを展開するときに求められるセキュリティレベルに対応するため、専用線で接続する「SORACOM Direct」を提供。大量のデバイスを管理するための「SORACOM Inventory」も、実際の顧客からの要望に応えて今年7月に提供を開始した。

「IoTプラットフォームに必要な機能やサービスは、実際に利用するお客さまに教えていただいていると感じています。開発は2週間に1回のサイクルで進めて、優先順位の高いものから早期開発しています。実際、2年で新サービスが10以上、新機能は40以上、提供しました。もちろん、ムダなものは作らないように心がけています。共通プラットフォームのあるべき姿を考え、真摯に開発に向き合っているつもりです」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

省電力ボードで組み込みビジョンを実現
「IoTの導入=コストダウンや効率化」でこぢんまりしてていいの?――IoTネットワーク、LoRaWANビジネスの現状
東芝情報システム、ソフトの流出や模倣を防止
IoTでウニやナマコを養殖、富士通が実証実験
【IoT時代の無線通信技術「LPWA」とは?】(第7回)2Gしか通信インフラのない地域向けのLPWA「EC-GSM-IoT」【ネット新技術】
Wi-Fiで1m以下の高精度測位、物流向けに村田が展示
トッパンフォームズ、2周波数帯対応のICタグ
HPE Aruba 田中泰光氏インタビュー「IoT時代へインフラの抜本改革」
衝撃動画!! 1トンの鉄球をブチ込んでも壊れない「超強力な家」を可能にしたのは、技術とIoTの融合だった
真の5G社会で必須になる「5G SIM」、ジェムアルトが解説
ドコモ、AI運行バスや製造業向けIoTサービスなどを展示
イーソルのAdaptive Platform提案…CASE時代の組み込みプラットフォーム
ソフトバンクとWCP、5Gを活用した「スマートハイウェイ」の実証実験
グリーンスローモビリティを実証する自治体コンソーシアムを公募
リアルに泳ぐ魚型ロボット「MIRO-5」発売。+Styleから
明太子がいつもある「ふくやIoT」の裏側はSORACOMが支えていた

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。