IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.11.20

時代遅れの「現金主義国家」日本
遅れている日本の「キャッシュレス化」と「フィンテック」の現状

BY

あらゆるテクノロジーの進化がスピードを増す中で「日本は世界から取り残されている」「日本は遅れている」といった指摘を受けることも少なくない。そこで今回は、他国に比べて日本が遅れていると揶揄されている「キャッシュレス化」と「フィンテック」の現状について、NCB Lab.代表の佐藤元則氏に話を聞いた。

「ランチはカード不可」の店舗がたくさんある

クレジットカードをはじめ、デビッドカード、プリペイド型電子マネー、モバイル決済など、多様を極める現代の決済方法。さまざまな手段があるにも関わらず、日本でのキャッシュレス化は遅々として進まない。

現金支払いの方が安心する?

「第一に、日本が現金主義の国であることが、カードや電子マネーなどの非現金決済の普及を阻んでいる大きな理由です」

佐藤氏によれば、日本で支払いの際に非現金決済を選ぶ割合は個人消費支出の25%(NCB Lab.調べ)にとどまっているが、キャッシュレス化が進むカナダやスウェーデンに至っては全経済活動における現金支払が約2%以下[*1]と、かなりの少数派とのこと。そのため、日本は先進国の中でもっともキャッシュレス化が遅れている国という烙印を押されている。

[*1]Payments Canada「Canadian Payment Methods and Trend Report」およびBBC「Why Sweden is close to becoming a cashless economy」より

また、日本でキャッシュレス化が進まない理由に、現金主義の他に消費者の多くが抱いている“クレジットカードの使いすぎ”に対する不安が影響しているという。

「クレジットカードに“借金”というイメージがある人が、日本人にはとても多い。そのため、支払い時に『クレジットで』と頼むのも気が引けてしまい、結局現金で支払ってしまうのです。SuicaやPASMOなど、使いすぎる心配がないプリペイド型電子マネーには“交通機関で使うもの”というイメージが強く、無意識に住み分けをしてしまっているようです」

クレジットカードは借金、電子マネーは定期、モバイル決済は使い方が難しそう(だから使わない)、などの消費者側の思い込みが、キャッシュレス化の遅れと直結しているというのだ。一方で、キャッシュレス化が遅れている原因はマーチャント(店舗)側にある、と佐藤氏は指摘する。

「店側がカードを受け付けていない点も、キャッシュレスが進まない大きな原因になっています。日本では、都市部であってもランチだけカードが使えなかったり、地方の老舗店ではそもそもカードが使えなかったり、ということはざらです」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIと東芝、5G時代の「グローバルIoT」で協業--データ収集から活用までワンストップで
新コンセプトの見守りサービス「スマート電池」
KDDIと東芝、東芝デジタルソリューションズがグローバルIoT事業で協業
IoT開発支援「mockmock」、「データレコーダー」プレビュー版が公開
ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
凸版印刷とACCESS、LPWA新規格「ZETA」で協業
FPGAでエッジAIを高速に、NECが専用ツールをデモ
配送車両の運行状況を自動で収集する物流向けIoTサービス、米国で実証実験
製造現場向けAI×IoTサービス提供のスカイディスク、シリーズCで8社から8.6億円を調達——製造関連3社とAI活用の分野別パッケージ開発で協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。