IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.23

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?
Google Homeなど各社が出すAIスピーカーでできることを解説する

BY

本日2017年10月23日(月)、かねてより発表されていたGoogleのAIスピーカー、「Google Home Mini」が日本での発売日を迎えた。

Google Home Mini (Google Japan Blogより引用)

Google Home Miniは今月6日より発売されていた「Google Home」の廉価版と言える製品。両者でできることはほぼ同様だが、スピーカーの性能やデザインが異なる。

どちらもGoogleが開発したAIアシスタント「Googleアシスタント」が搭載されており、音声で操作するAIスピーカーだ。

海外では既にかなり盛り上がっているAIスピーカー市場。この秋、Google HomeやLINEによる「Clova WAVE」の発売を受けて、ようやく日本でも普及し始めたところだ。

今年9月1日から6日までドイツ・ベルリンで行われていた世界屈指の家電見本市「IFA 2017」では、ソニーやパナソニック、オンキヨーなどの国内メーカーからもGoogleアシスタントやAmazon開発のAI「Alexa」に対応したAIスピーカーを発売することが発表され注目を集めた。

とはいえ2017年10月23日現在、国内で購入できる日本語対応のAIスピーカーはGoogleの2機種とLINEのClova WAVEのみ。普通のBluetoothスピーカーと何が違うのかよく知らない、という読者も多いだろう。

本記事ではGoogle Homeを例に挙げ、AIスピーカーでできることや所感をお伝えしていきたい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

アドバンテック・Behr Technologies・日立・マイクロソフト、インダストリアルIoTコネクティビティソリューションの開発で協業
世界のスマートロジスティクス、トレンドレポート
mtes Neural Networksとジェネラルビジョン、エッジAIソリューション開発の合弁会社を設立
IoT農業を推進するグリーンリバーホールディングス、総額105百万円の第三者割当増資を実施
IoT機器向けのセキュリティベンチマークが登場
重要度高まる「データビジネス」の現在とは【9/14セッション観覧募集中】
IoTで構築した「スマートホーム」は通信を暗号化していても生活をのぞき見される可能性があるという研究結果
コマツのICT建機は農業も変える ―― 石川県で進む「IoTでスマート農業」
“衛星IoT”市場が創成期、新興企業も次々と誕生
国内IoT企業が取るべき行動とは――IDC Japan、国内IoT市場のデータエコシステム事業者に関する調査結果を発表
フランス生まれのIoTスタートアップ「“LPWA先進国”とアジアをつなぐ」
IoT人気記事ランキング|スマートドライブが17億円の資金調達、Embedded Technology 2018など[8/6-8/12]
IDC、国内IoT市場「データエコシステム」事業者調査結果を発表
IoTと非IoTで2025年に163兆GB--データビジネスのエコシステム広がる
アカマイ“第5の柱”はIoTか、ブロックチェーンか? 幹部に聞く
GEとマイクロソフト、産業IoT(IIoT)のパートナーシップを拡大

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。