IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.23

AIスピーカーはBluetoothスピーカーと何が違う?
Google Homeなど各社が出すAIスピーカーでできることを解説する

BY

本日2017年10月23日(月)、かねてより発表されていたGoogleのAIスピーカー、「Google Home Mini」が日本での発売日を迎えた。

Google Home Mini (Google Japan Blogより引用)

Google Home Miniは今月6日より発売されていた「Google Home」の廉価版と言える製品。両者でできることはほぼ同様だが、スピーカーの性能やデザインが異なる。

どちらもGoogleが開発したAIアシスタント「Googleアシスタント」が搭載されており、音声で操作するAIスピーカーだ。

海外では既にかなり盛り上がっているAIスピーカー市場。この秋、Google HomeやLINEによる「Clova WAVE」の発売を受けて、ようやく日本でも普及し始めたところだ。

今年9月1日から6日までドイツ・ベルリンで行われていた世界屈指の家電見本市「IFA 2017」では、ソニーやパナソニック、オンキヨーなどの国内メーカーからもGoogleアシスタントやAmazon開発のAI「Alexa」に対応したAIスピーカーを発売することが発表され注目を集めた。

とはいえ2017年10月23日現在、国内で購入できる日本語対応のAIスピーカーはGoogleの2機種とLINEのClova WAVEのみ。普通のBluetoothスピーカーと何が違うのかよく知らない、という読者も多いだろう。

本記事ではGoogle Homeを例に挙げ、AIスピーカーでできることや所感をお伝えしていきたい。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース
小谷村、IoTを活用して健康情報共有(ニュース)
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第2回 中国がIoT/5Gで世界を制覇する可能性
[ケータイ Watch.biz] さくらインターネット、月額12円のIoT向けSIM
【CES 2018】 「スマートディスプレイ」などIoT向け技術をアピールするクアルコム

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。