IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.10.19

いまさら聞けない「VRって、なに?」
あなたの職場、生活に近い将来やってくる「VR」とは結局何なのか

BY

2016年はVR元年と言われた。2017年も残り2ヵ月半程だが、読者の中で実際にVRを体験したことがある方はどれくらいいるだろうか。ふいに「VRという言葉の意味を教えて」と聞かれたとき、あなたはきちんと説明できるだろうか?

ごく一般的なビジネスパーソンの中には、漠然と「何かゴーグルをつける、ゲームのやつでしょう?」という認識に留まる方も、少なからずいるはずだ。

現状、VRがゲームをはじめとしたエンターテインメント分野で目立った活躍を見せているのは事実だが、決してそれだけではない。

本記事ではVR初心者の方向けに、最低限抑えておくべきポイントを解説していく。気軽に、知りたい部分だけ「つまみ食い」して頂ければ幸いだ。

VRってどんな技術なの? HMDって何?

そもそも、VRとは一体何なのか。英和辞典(※1)で「VR」と引くと、「virtual reality(バーチャル=リアリティ)」の略であると記載されている。
続いて百科事典(※2)で「バーチャルリアリティ」を引くと「コンピュータ・モデルとシミュレーション技術を用いて、コンピュータでつくられた三次元空間を視覚その他の感覚を通じ疑似体験できるようにしたもの。仮想現実と訳される」とある。

また、VRといえば大きなゴーグル、というイメージの方も多いだろう。そのゴーグルがいわゆる「HMD」と言われる物だ。

ちなみに同辞典(※2)で「HMD」は「スキーのゴーグルのように顔面に装着するディスプレイ。head mounted displayの略称。めがねのレンズ部分に小型の液晶やCRTが取り付けられ、左右それぞれの眼に映像を映し出すことで立体視を可能にしている」とされている。

まとめるとVRとは、HMDなどの専用デバイスを装着することで、コンピュータで作られた仮想空間の中にいるかのような体験ができる技術、というわけだ。

※1 ジーニアス英和辞典
※2 ブリタニカ国際大百科事典

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT/非IoTデータ生成量は2025年163兆ギガバイトに増大--IDC調査
組込み技術とIoTは一体となった「ソリューション」へ —Embedded Technology/ IoT Technology 2017レポート
5G、LPWANなど通信技術からディズニーの事例まで、IoTビジネスの最前線を一挙解説
今年のCEATECはどうだったのか?~増える来場者、異業種の参加、協業につながる新しい体験~ / 鹿野 清氏インタビュー
補聴器がウェアラブル端末として進化していく可能性
なぜプライヴァシーは「蒐集」されるのか?:「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」第2回
KDDI、IoT通信「IoTコネクト LPWA」などを来年1月に提供開始
横河電機、LoRaWAN対応のIIoT向け小型無線センサ「スシセンサ」を開発
ドコモら、東南アジアでのプラスチック成形業界向けIoT実証を開始
生体認証をスマートフォンで手軽に実現!業務効率化・モバイルの活用事例を展示していたsantec - Japan IT Week 秋 2017より
NSWとセゾン情報システムズ、セキュアなデータ転送を可能にしたIoTサービスを提供開始
Microsoft、Apache Sparkベースの「Azure Databricks」や新しいAI、IoT、機械学習ツールを発表
組み込みに特化した商用の深層学習フレームワーク
Clouderaを活用したIIoTプラットフォームをコマツが採用- 採掘効率の向上へ
カメラに画像認識機能を搭載、エッジ側で処理
OKI、IoTとAIを活用した店舗業務改善支援ソリューション「VisIoT」提供開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。