IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

私生活が覗かれる! サイバー攻撃の脅威
身近な家電がハッキングされる恐怖

BY

自宅にとりつけたネットワークカメラが歌い出す

テレビやスピーカーなど、身の回りのIoTデバイスとネットワークがつながり、私たちの生活がより便利になっている昨今。これまで、国家や大企業などがサイバー攻撃の脅威にさらされているイメージが強かったが、IoTの普及と比例するように、その脅威もより身近になりつつある。

直近では、2017年8月にスマートスピーカー「Amazon Echo」を盗聴器に変換する方法が発見され大きな話題となった。これに対しAmazonは、問題が発覚したのは2016年モデルであり、2017年モデルのEchoはこの脆弱性に対応していることを明らかにしている。とはいえ、今後ますます生活に浸透していくことが予想されるスマートスピーカーが、盗聴器になり得る今回の発表は、一般家庭ですらサイバー攻撃の標的になり得ることを実感させられるものだ。

「IoTに限りませんが、インターネット空間における攻撃が激しくなってきています。攻撃者はより弱いターゲットを探しているので、そういった意味でIoTデバイスが狙われやすいという面はありますね」

そう語るのは、セキュリティソリューションサービスを扱うラックのサイバーグリッド・ジャパン、チーフリサーチャーの渥美清隆氏。同社が2016年12月28日に発行したレポート『JSOC INSIGHT vol.14』でもデバイスの増加に伴い「IoT機器の乗っ取りを試みる攻撃の検知」をトピックスに挙げるなど、セキュリティ業界の中でも注目度が上がっているとのこと。

ひとつの例として渥美氏が挙げたのが、ある中国製のネットワークカメラ購入者のケースだ。

「ある日、リビングに設置したネットワークカメラが勝手に動いて、歌を歌いはじめたそうです。言語は中国語で、明らかに人の声。とても気味が悪いですよね。この件について、ほかのセキュリティの技術者に聞いてみると、おそらく実装ミスだろうとのことでした。カメラのメーカー側には別のサービスを展開する予定があり、購入者以外の開発業者にアプリケーションのAPIを公開していたとすれば、そこに脆弱性があったため乗っ取られたのでは、という見解でした」

この歌うカメラは、今年の1月に話題になり、販売元のAmazonがユーザーに返金手続きをおこなったが、カメラそのものの脆弱性に関しては解決していないという。

イメージ画像

「こうした事例が時々あるものの、幸か不幸か、IoTのコンシューマー向けのイノベーションが進んでいない日本では、身近な乗っ取り被害はあまり出ていません。しかし、世界的にはネットワークカメラやルーター周りの乗っ取り事件が多く報告されています」

一時期話題になった、セキュリティが脆弱な監視カメラがハッキングされ、その映像をネット上に公開しているサイト「インセカム」の存在など、IoTデバイスが悪用されたケースは今後も増えることが予想されているという。渥美氏は「ユーザー側は被害に遭っていることにまったく気づいていない点も、問題になっている」と語る。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

スマートホームの市販IoT機器にセキュリティ問題、隣人に操作される可能性も【IoT推進委員会 第7回シンポジウム】
ドラレコ搭載スマートヘルメットから現場に潜むIoTまで 韓国スタートアップ企業の注目すべきアイデア製品
日立、“総合システム工場”の大みか事業所を公開 IoTを利用した先端の取り組みを実施
スマホやPCを脅威から守る、IoT時代の新しいセキュリティー
2016年の今日、Xbox One Sが発売されました:今日は何の日?
KDDIなど、IoTを漁業に活用した「鯖、復活」養殖効率化プロジェクト
スマホやスマートスピーカーで家電操作&ドア・窓をセンサー検知&IoTスマートホーム化できる「インテリジェントホーム」を使ってみた
コネクテッドホームにGoogle Homeを活用、大和ハウスが「Daiwa Connect(ダイワ コネクト)」プロジェクト開始
コマツ、産業用IoT基盤を導入--採掘機械の稼働率や生産性を向上
月額40円からのセルラーLPWA、KDDIがIoT向けに提供
au、スマホで家電を操作できる赤外線リモコンやGoogle HOME連携でホームIoTサービスを強化
KDDIがホームIoT「au HOME」を拡充――「Google Home」と連携
Google Homeで家電も操作、KDDIがホームIoT「au HOME」を本格スタート
「au HOME」サービス拡充で魅力増、ネックは月額料金:週刊モバイル通信 石野純也
スマートリモコン「sRemo」がIFTTTに対応、Google Homeから操作可能に
においを“デジタル化”してAIで判定するシステム

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。