IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.07.28

「弱いAI」がツールとなり「強いAI」は嫁になる
人格を持ったAIは人間の伴侶たり得るのか?

BY

私はアニメが好きである。毎年何十本もの作品が世に生まれる中で、理想の”嫁”に出会えたくらいにはアニメ視聴を嗜んでいる。そんな私が近年のテクノロジーに期待する分野がある。それが“AI”だ。

“第三次AIブーム”と言われる現在、どこを向いてもAIや人工知能という言葉が踊っている。富士キメラ総研のレポートによれば、2030年度には市場規模として2兆1,200億円にも成長すると予測しており、これは実に2015年度比で14.1倍にもなるという。

出典:富士キメラ総研「『2016 人工知能ビジネス総調査』まとまる(2016/11/28発表 第16095号)」より作成

こうした産業からの要請を背景に技術革新も進んでおり、最近では将棋や囲碁で人間に勝利するAIが登場したり、AIの作成した小説が賞の1次審査を通過したりと、いよいよ人間に近づいていく予感を本格的にさせるニュースが報じられた。

いざ、人工知能が普及した世界は、どうなるのであろうか。IoTTodayでは以前に児玉哲彦氏の『人工知能は私たちを滅ぼすのか 計算機が神になる100年の物語』(ダイヤモンド社)を紹介した。2030年に生きる女子大学生が主人公で、1人1台ずつ人工知能を搭載した端末を所持する世界。端末との会話の中で道路状況を把握しタクシーを呼んだり、電話を同時通訳したりといった未来の生活が描かれている。

また、SF映画でもAIの発達した世界が描かれる。「機械仕掛けの神、AIは人間の敵か味方か」で紹介した『エクスマキナ』では発達したAIと人間の関係性を考えさせられる物語だ。

このように、AIが普及・進化し人間に近づいていくにつれ、避けて通れなくなるであろうテーマとして、AIに人格があるかどうか、というものがある。

果たしてAIに人格はあるのだろうか。あるとして、AIの人格はどこに宿るのだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

LPWAで工場IoT――ドコモとデンソー子会社が“かんばん方式”向け無線インフラの実証実験
[LIFETECH]甘くないチョコレートの世界に、テクノロジーを掛け合わせる -「Minimal」代表 山下氏×IoTNEWS代表 小泉 対談
ヴイエムウェアはIoTセキュリティに対して何ができるのか?
NEC、パートナー19社出展の「顔認証ソリューション展示会」開催
富士通、流通業界向けのIoT活用サービス基盤「SMAVIA」を販売開始
静岡の牧場がIoTで牛の状態管理 -センサを使って作業を効率化
土壌や生物に無害な、生物由来の「ツチニカエルでんち」――NTTの新技術 IoT用途に期待
電源・配線不要でトイレの「満室」表示するIoT、二条城で実験運用も
Keychainがブロックチェーンを活用したIoT向けセキュリティソフトを開発、8MBのメモリで稼働
IoT人気記事ランキング|製造業のデジタル化において今やるべきこと、スマートレジカートでレジ待ちなしスマートストアなど[2/12-2/18]
送迎バスの現在位置がLINEで分かる「モークル」…ドラレコIoT
大も小もIoT、建機の遠隔施工から手軽なトイレIoT化まで
IoTで運行状況を可視化 - ガソリン使用量削減に取り組むキヤノンS&S
「IoT買ってきました!」ができる簡単システム「Palette IoT」【3/22体験展示】
物流網は末端に自律分散される流れへ ―八子知礼 x 小泉耕二【放談企画 第2回】[Premium]
つながるサービスは、消費者にどう訴求すべきか

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。