IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

ライフスタイル
2017.07.28

「弱いAI」がツールとなり「強いAI」は嫁になる
人格を持ったAIは人間の伴侶たり得るのか?

BY

私はアニメが好きである。毎年何十本もの作品が世に生まれる中で、理想の”嫁”に出会えたくらいにはアニメ視聴を嗜んでいる。そんな私が近年のテクノロジーに期待する分野がある。それが“AI”だ。

“第三次AIブーム”と言われる現在、どこを向いてもAIや人工知能という言葉が踊っている。富士キメラ総研のレポートによれば、2030年度には市場規模として2兆1,200億円にも成長すると予測しており、これは実に2015年度比で14.1倍にもなるという。

出典:富士キメラ総研「『2016 人工知能ビジネス総調査』まとまる(2016/11/28発表 第16095号)」より作成

こうした産業からの要請を背景に技術革新も進んでおり、最近では将棋や囲碁で人間に勝利するAIが登場したり、AIの作成した小説が賞の1次審査を通過したりと、いよいよ人間に近づいていく予感を本格的にさせるニュースが報じられた。

いざ、人工知能が普及した世界は、どうなるのであろうか。IoTTodayでは以前に児玉哲彦氏の『人工知能は私たちを滅ぼすのか 計算機が神になる100年の物語』(ダイヤモンド社)を紹介した。2030年に生きる女子大学生が主人公で、1人1台ずつ人工知能を搭載した端末を所持する世界。端末との会話の中で道路状況を把握しタクシーを呼んだり、電話を同時通訳したりといった未来の生活が描かれている。

また、SF映画でもAIの発達した世界が描かれる。「機械仕掛けの神、AIは人間の敵か味方か」で紹介した『エクスマキナ』では発達したAIと人間の関係性を考えさせられる物語だ。

このように、AIが普及・進化し人間に近づいていくにつれ、避けて通れなくなるであろうテーマとして、AIに人格があるかどうか、というものがある。

果たしてAIに人格はあるのだろうか。あるとして、AIの人格はどこに宿るのだろうか。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」
IoTやAIを活用したデジタル変革に「答えを出すための投資」を、テラデータ
KDDI、載せたモノの重さを測れるスマートマットを販売、在庫や残量をクラウドで可視化 | IT Leaders
家電のIoT化を簡単にするプラットフォーム、ソフトバンクC&Sらが提供
スマートスピーカーでチケット購入、旅行者から自治体までカバーするJTBのソリューション【CEATEC JAPAN 2018】
アクセルラボから1万円台でスマートホームを構築できるキット--Makuakeでプロジェクト開始
LIXIL、スマート宅配ポストをはじめ、IoT化した様々な建材や機器を連携させる「Life Assist(ライフアシスト)」
KDDI、モノの残量が減ると自動発注してくれるIoTサービス「マットセンサー」を提供
コンビニなど異業種も参加、最新技術が集結する「CEATEC」16日開幕
IoT/AIは“ただ”のトレンドなのか?理由を知って納得、なぜ上手く活用できないのか。
人の流れをビジュアル化するシステムと、免震構造のVR体験が可能な竹中工務店のブース【CEATEC JAPAN 2018】
伊勢の老舗も導入するIoTスケール「スマートマット」が登場
【CEATEC JAPAN 2018】クルマ関連の展示もあり。テクノロジーで実現する未来を感じるCPS/IoTの総合展「CEATEC JAPAN 2018」10月16日開幕
ローソンが実現したい“未来のコンビニの姿”
IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。