IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.04.20

「ロボネコヤマト」は来る自動運転社会への架け橋となるか
DeNAとヤマト運輸が運送における実証実験を開始

BY

買い物代行サービス「ロボネコストア」

加盟店の商品を希望の場所に届けるロボネコストア

一方、「ロボネコストア」は、無料のロボネコストア会員に登録後、対象地域内でストアのサイトにアクセスして商品を購入する買い物代行サービス。

ベーカリーやドラッグストア、スーパーなどの加盟店が並ぶ仮想モールから商品をクレジット決済で購入し、指定した場所・時間に現れたロボネコヤマト専用車の保管ボックスから商品を受け取るというもの。車内の保管ボックスは、冷凍・冷蔵に対応しているので、野菜などの生鮮食品も安心して購入できる。高齢者など、遠くに買い物に行けないユーザーにはうれしいサービスだ。

ロボネコデリバリーも同じだが、依頼時に発行された受け取り番号、もしくは2次元コードをかざして保管ボックスのロックを解除する

また、今回の実証実験で商品販売に協力しているのは、鵠沼商店街、鵠沼海岸商店街、プチモールひがし海岸などの商店街に店を構える24店舗。商店街の過疎化が進む現代において、ロボネコヤマトプロジェクトが商店街の活性化につながる可能性もあるという。

ロボネコヤマトは、来る自動運転社会を見据えた第一歩

じつは、このロボネコヤマトプロジェクトは非対面サービスの実現化のみでなく、来る自動運転社会への対応を見据えた、第一歩でもある。

「プロジェクトの初期段階には、自動運転技術やAIなどのテクノロジーを、ドライバーの運転技術のサポートに活用する予定です。最新のテクノロジーが運転技術をサポートすることで、スキルに関係なく雇用の裾野を広げて人手不足の解消につながる可能性があります。そして、最終的には無人運転でのオペレーションを目指すプロジェクトです」(DeNA執行役員オートモーティブ事業部長・中島宏氏)

2018年をめどに一部の配送区間における自動運転の導入も予定しており、これからも研究を重ねていくとのこと。

自動運転技術と物流サービスの融合には、地道な研究、実験が不可欠。今後も両社の取り組みから目が離せない。

ロボネコヤマト公式HP
https://www.roboneko-yamato.com/
 

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTやAI、ブロックチェーンなどの最新技術が集結--Interop Tokyo 2018開幕
「ロボット×IoTデバイス」で介護負担を軽減、NTTデータが見守りロボットサービス「エルミーゴ」を提供開始
「5G」標準仕様の策定が完了、サービス開始へのカウントダウンへ
TIS、IoTプラットフォーム推進団体「FIWARE Foundation」に参画
IBM、エッジと連携するアナリティクスクラウドデータ基盤
ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
CypressとSemitech、スマートシティー市場で協業
マウス、Windows 10 IoT Enterprise搭載の組み込み向け小型PC
ソラコムの年次カンファレンス、IoTスタートアップによるピッチ開催
IoT人気記事ランキング|スマートファクトリーJapan 2018 レポートなど[6/4-6/10]
日本IBMと安川電機が協業、エッジと連携するアナリティクスデータクラウド基盤を開発
シャープが目を付けたのは「猫用IoTトイレ」 ペット事業になぜ参入? 犬のバイタル計測サービスも

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。