IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

コミュニケーション
2017.02.27

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第10回:「教育のICT活用」をすすめる3大要素
教室の中の“面白い”をIoTで発見する

BY

教育のICT活用促進において「小規模校のほうがタブレットPC導入は進みやすい」と教育関係者では頻繁に言われてきました。その主な理由は「小さな自治体のほうが動きやすい」「予算規模が小さくてすむ」などが挙げられますが、とうとう大型導入のニュースがはいってきました。渋谷区の全小中学校の生徒と教員に一人一台タブレットPCを渡す、ということです。

渋谷区の全小中学校にタブレットPC導入

『1人1台』を一気に成し遂げるだけでなく、この取り組みには大きな特徴が2つあります。

①LTEモデルであり、学校という限られた場所だけでなく何処でもネットにつながること
②「タブレットPCの持ち帰り」を視野に入れており、授業だけでなく家庭学習でも使用可能であること

まずは①についてですが、多くの学校ではWi-FiモデルのタブレットPCを導入しており校内LANにアクセスして「教室でつかう」ことに限られています。それでも手軽に「ブラウザで調べる」「ドリルアプリを朝学習で活用する」など多くのメリットはあるのですが、協調学習(生徒個々の意見を可視化して闊達な意見交換を行う授業)などの技巧的な授業を実践するためには教員の研修がまだ追いつかず、実践が普及しているとは言えません。

つまり場所が教室に限られてしまうことで、タブレットPCのポテンシャルが発揮できていないケースがあるのです。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

なぜインテルはドローンビジネスに注目するのか? 本社副社長のアニール・ナンデュリ氏が解説
IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは
JPCERT/CCに聞くIoTセキュリティ - 機器を正しく分類して対策を考えるのがキモ
ツクモ12号店が“IoTガジェットコーナー”を新設
スケーラブルなIoTプラットフォーム「SORACOM」はこう作られた
OKI、IoTを活用し観光客の周遊性を高める「スマート@ツーリズムシティ」
経産省、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」を実施
富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業
MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始
コニカミノルタ、Workplace HubでIoT事業への本気度を国内でもアピール
日本企業はIoT導入に消極的!? HPE Arubaが国内外の企業を対象に調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。