IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.17

大辻雄介の教育のIoT思議 第9回:“モノ化”するスマートデバイス
教育現場を変えていくスマートデバイスの新しい形

BY

ものすごいスピードで“モノ”のインターネット化が広がっていく時代。すでに完成形として成り立っていたはずのスマートデバイスを新たに“モノ”化する現象が目立ってきました。

IoTの逆を行く? スマートデバイスの“モノ化”

最近、新しいカメラを購入しました。PanasonicのLumixシリーズDMC-CM10という機種です。このカメラの特殊性はOSがAndroidであるということにあります。通信機能として高速LTEを搭載しているので、撮影した写真をSNSにアップロードしたり、クラウドへの保存が可能になっています。Googleアカウントと連動すれば、撮影後自動的にGoogleドライブに写真を保存することも可能です。

Lumixディスプレイ側

写真をご覧いただくとわかる通り、一見「スマートフォン」にしか見えません。筆者もさまざまなアプリをいれており、写真を撮るよりも「SNSにアクセスする」「動画を楽しむ」「地図アプリを見る」などスマートデバイスとしての活用のほうが頻繁です。感覚としてはスマホにLumixというカメラが付いたという印象のほうが強いです。

このインターネットへのアクセシビリティが高いカメラは「カメラにインターネットが付いた」と見るべきでしょうか。それとも「スマートデバイスに(高性能の)カメラが付いた」と見るべきでしょうか。

従来のIoTの意味である「モノにインターネットが付加される」という文脈ではなく、「スマートデバイスがモノ化する」という新たな文脈が表出しているように感じます。ほかに例を挙げればMotoloraが販売を開始したMoto Zという機種があります。

これはスマートフォンであるにもかかわらず、交換式カバー(Moto Mods)を付けることにより、ステレオスピーカーやデジタルカメラ、さらにはプロジェクターに早変わりします。「スマートデバイスのモノ化」がここにも表れています。

 

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

コニカミノルタ、複合機でIT管理が可能なプラットフォーム「Workplace Hub」を発表
フィンテックが切り開く「金融IoT」の世界を読み解く
オライリー氏が望む「人」と「コンピュータ」の関係 今後“労働”はどうなるか
あれがしたい、これがしたいを叶えてくれる。世界最小クラスの積み木型IoT「Cubeキット」
KDDIら、宮古島でLoRaWAN/IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験
ルネサス、省電力広域ネットワーク標準化推進団体「LoRa Alliance」に加入
日立、IoTなどと連携し物理セキュリティデータを収集・分析するための統合基盤を開発 | IT Leaders
MOVIMAS、6次産業化を見据えた小型で安価な環境計測IoTサービスを提供開始
ファーウェイと独テレコム、パブリック・クラウドでIoTに参画
IoTの導入検証をワンストップ提供--キヤノンITSがサービス化
コニカミノルタがIoT市場に本格参入、エッジコンピューティングでデータ駆動型経営を支援 | IT Leaders
ファーウェイ、ハネウェルとスマート・ビルディング・ソリューションの開発に向けた協業を発表
NXP、セキュアなIoTアプリケーション開発向け実証済みフレームワークを発表
TI、IoT機器開発を容易化する新マイコン開発プラットフォームを発表
セゾン情報、「HULFT IoT」の最新版を提供開始 - PoC専用ライセンスも拡充
100%のコード再利用が可能、TIが新MCU開発環境

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。