IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.22

日本のIoTは勘と経験を代替するだけに終わるのか?
自己変革を進め、新しく異質なテクノロジーを吸収する努力を

BY

アメリカにはIoTを進める土台や受け止める土壌が発達している。(写真はイメージ)

 IoTは、自動車や重工業の生産やオペレーション&メンテナンスを大きく変えるものとして検討がスタートしてきたが、これまで実際に活用まで進んでいるのは、「経験と勘」で想定できる領域の代替である。

 これからIoTというキーワードに残されている時間はどのくらいだろうか。「時間切れ」になる前に、どのようなアクションを起こしていくべきか、アメリカを参考に考えてみよう。

「IoT周辺産業」が形成されたアメリカ

 アメリカでは産業軸とソリューション軸の2つでIoTの重要性が評価され、IoTの実装が段階的に進んでいる。

IoT活用ですぐに結果が出る領域
製造業の装置・設備管理、運輸業のサプライチェーン・在庫管理やフリートマネジメント、小売業のサプライチェーン・在庫管理、エネルギー供給・通信業の資産活用管理、石油化学業の在庫管理、政府・教育機関のセキュリティ・設備・エネルギー管理

IoT活用がこれから重要になる領域
製造業のサプライチェーン・在庫管理、運輸業のセキュリティ・設備管理、ヘルスケアのスマートプロダクト化(調薬など)、保険業の監視・リスク管理、など

 これらのIoTの実装では、システム・デザイン、ソフトウェア開発、ハードウェア調達、インテグレーション、インストレーション~サービスなど、多くの業務と人員が必要になる。

 アメリカでは、これらの業務をこなせるサービサーがベンチャー~中小企業として多く存在し、IoT実装のオペレーションを進める周辺産業として充実してきている。このことが、アメリカが数多くのIoTを経験し、イノベーションを起こせる土台となっている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

パナソニック「ゼロからイチを作る部署」AIソリューションセンターが取り組むAI活用法
トヨタ、NECが難題解決で頼った「ある学問」とは?
デジタライゼーションの未来、IoTとAIで”再定義”される製造業とモビリティ —IoTConference2018レポート1
KDDI総合研究所、軽量化、省電力化した新型のスマートブイ開発
「柏の葉IoTビジネス共創ラボ」設立--公民学連携で実証実験の場を提供
日立、MATLABとMicrosoft Dynamics 365の「Lumada」による連携技術を開発
スマホに投球データ送れるIoT野球ボール、韓国展開を開始
IoTが保険業界を破壊する?高まる「付加価値」への需要
「IoT向けの長期戦略では利益の犠牲も必要」 Arm
IoTの最重要課題のひとつ、「セキュリティ対策」をどう解決するか?[PR]
目指すは「AI/IoTの街」―― 柏の葉IoTビジネス共創ラボが発足
Beaconのそばを通るだけで時刻を記録、アプリックスがスマート打刻サービス「DAKOQ(ダコク)」を発売
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
日立、ERP「Dynamics 365」と数値解析ソフト「MATLAB」を連携、故障予知などを容易に | IT Leaders
農業ベンチャーのグリーンリバーホールディングス、IoTを利用した関連特許5件を取得
西菱電機、LoRaWAN対応センサーを用いたスマート農業を兵庫県伊丹市で実施

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。