IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.02.22

日本のIoTは勘と経験を代替するだけに終わるのか?
自己変革を進め、新しく異質なテクノロジーを吸収する努力を

BY

アメリカにはIoTを進める土台や受け止める土壌が発達している。(写真はイメージ)

 IoTは、自動車や重工業の生産やオペレーション&メンテナンスを大きく変えるものとして検討がスタートしてきたが、これまで実際に活用まで進んでいるのは、「経験と勘」で想定できる領域の代替である。

 これからIoTというキーワードに残されている時間はどのくらいだろうか。「時間切れ」になる前に、どのようなアクションを起こしていくべきか、アメリカを参考に考えてみよう。

「IoT周辺産業」が形成されたアメリカ

 アメリカでは産業軸とソリューション軸の2つでIoTの重要性が評価され、IoTの実装が段階的に進んでいる。

IoT活用ですぐに結果が出る領域
製造業の装置・設備管理、運輸業のサプライチェーン・在庫管理やフリートマネジメント、小売業のサプライチェーン・在庫管理、エネルギー供給・通信業の資産活用管理、石油化学業の在庫管理、政府・教育機関のセキュリティ・設備・エネルギー管理

IoT活用がこれから重要になる領域
製造業のサプライチェーン・在庫管理、運輸業のセキュリティ・設備管理、ヘルスケアのスマートプロダクト化(調薬など)、保険業の監視・リスク管理、など

 これらのIoTの実装では、システム・デザイン、ソフトウェア開発、ハードウェア調達、インテグレーション、インストレーション~サービスなど、多くの業務と人員が必要になる。

 アメリカでは、これらの業務をこなせるサービサーがベンチャー~中小企業として多く存在し、IoT実装のオペレーションを進める周辺産業として充実してきている。このことが、アメリカが数多くのIoTを経験し、イノベーションを起こせる土台となっている。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

SBTなど、米RambusとIoT機器の統合管理基盤の提供で合意
IoTデバイス500億時代に自社製IoTデバイスを攻撃の牙から守れ
東急電鉄など、家の中でのIoT連携を目指したアライアンスを設立
GMOクラウド、自動車の自動解析・遠隔診断を実現するIoTソリューション
IoTデータを横展開、新サービスの開発を加速へ
IBM X-Force Red、自動車業界およびIoT向けの新しいセキュリティ・サービスを発表
Neousys Technology、ARM製品をベースとしたIoT・インダストリアルIoTゲートウェイ「IGT-20」を発売
東大による5万人参加の実証実験--「ライフスタイル認証」の可能性
otta、菱洋エレクトロ、アイ・オー・データがIoT見守りサービスの充実を目指し協業
スマホを介さず測定データをクラウドへ、YUWA(ニュース)
農業IoT「e-kakashi」の実証実験がコロンビアで開始
KDDI、小型IoT機器で使える日本語音声合成ソフトを開発
通信プロファイルを遠隔で書き換え、「eSIM」の実証実験をNTTコムが開始
垂直統合型IoTビジネスを展開する北海道のITベンチャー
GMOクラウド、車とアプリの連携で車両コンディションの自動解析・遠隔診断を実現する自動車向けIoTソリューションを提供
KDDIがLTE-Mの屋外実証実験を開始、2017年度にNB-IoTとともにセルラーLPWA商用化へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。