IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

アルス古川のビニールハウスで栽培されているミニトマト(写真提供:アルス古川)

「これ、トマトじゃないよね!」

 ビニールハウスの中で、穫れたてのミニトマトを口にした小泉進次郎氏は驚きの声をあげたという。

 小泉氏は、本当は生のトマトが苦手だそうだ。「でも、これなら食べられる。もうトマトじゃないね。さくらんぼみたいだ」。トマトであることを忘れさせる、まるでフルーツのような甘さと食感を小泉氏は絶賛した。

会津に来なければ手に入らない

 2016年8月、衆議院議員、自民党農林部会長の小泉進次郎氏が福島県の農業の視察に訪れた。その際、訪問先の1カ所となったのが農業法人「アルス古川」(福島県・会津坂下町)である。小泉氏が試食したのは、同社のビニールハウスで育てられたミニトマト。品種名は「プチぷよ」という。

 アルス古川のプチぷよは、“幻のトマト”と言ってよい。なぜなら食べられるのは1年の中で7~8月だけ、そのうえ会津坂下町まで足を運ばなければ手に入らないからだ。

「皮が本当に柔らかくて輸送できないんです。タオルでふくと皮がペロッと向けてしまうくらい。輸送したらすぐに痛んでしまいます。そんな状態で人に渡したくないので、地元の直売所だけで売っています」(アルス古川の古川純平さん)

 プチぷよが希少なのは、厳しい品質チェックのためでもある。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

IoTとビッグデータがもたらす変革の時代が到来——Cloudera World Tokyo 2016基調講演

これまで効率化をキーワードに語られてきたテクノロジー。IoTが普及しビッグデータによる解析が語られる現代では、市場構造そのものが変革する時代を迎えている。

2016.11.08
コミュニケーション

いまさら聞けないIoTの基本のキ 〜第6回 「モノ」を「サービス」に変えるIoT〜

この連載では、IoTに必要な要素や、身近に増えてきた商品、サービス、そしてIoTを支える通信――といったさまざまな側面から、IoTってどんなものだろう? ということを理解する基礎を見てきました。これまでコンピューターの世界からすれば寡黙で孤立していたモノが、雄弁に言葉を発する時代になるのですから、変化の兆しを感じるのは自然なことです。

2016.12.29
テクノロジー

冬の悲劇はもう繰り返さない!? 日本初のIoT手袋登場

世界最小級の紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を内蔵したIoT手袋「MAMORIOグローブ」が、クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて発売された。

2016.11.27
スマートハウス

家電にオープン化の波、IoTで手を握る欧米メーカー

9月にベルリンで開催された「IFA 2016」では、欧州を拠点または市場とする中国など他国の家電メーカーが、こぞってIoT家電を展示していました。今回は、欧米のメーカーを中心に、IoTを巡る取り組みや連携の戦略などをご紹介しましょう。

2016.11.22
イノベーション

10年間で実に1,440兆円の経済価値。IoTの導入が新たなビジネスを作れる時代到来!

IoTが導く新たなビジネスとは。第3回ダスト・コンソーシアム発表会基調講演レポート(2)

2016.11.02

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。