IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
ライフスタイル
2016.12.26

2017年に求人が増える最も旬な職業はアノ職業?
外資系人材紹介会社が調査・発表

BY

2015年に「今の子どもたちの65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く」と予測を立てたのはキャシー・デビットソン(ニューヨーク市立大学大学院センター教授)。AIなどの進化で多くの仕事が自動化されるなどとも言われているが、2017年に求人が増える5つの職業を外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャル・リクルートメント・ジャパンが発表した。

2017年に求人が増える5つの職業

1.バイリンガルのカスタマーサポート
東京オリンピックを3年後に控え、旅行・観光業界などによるバイリンガルのカスタマーサービスの求人が大幅に増える見通し。

2. インダストリアル・インターネット技術者
「インダストリアル・インターネット」は産業機械をインターネットと結びつけてビッグデータを解析し、顧客に新たな価値をもたらす製造業のIoT(IIoT)を指す。インダストリアル・インターネットの技術者には、機械の知識とデータサイエンティストのスキルが求められるので、求人が多い一方で必要なスキルを持った人材が極端に少ない「人材ミスマッチ」が深刻になると予想。

3. AI(人工知能)・ロボット工学技術者
AI・ロボット工学の分野では、多国籍企業が欧米の本社と歩調を合わせて開発を進めるために、国内の優れた人材を採用しようとしており、エンジニアや研究者の需要が極めて高まると予想。

4. 自動運転の技術者
自動車業界では自動運転など最新技術の開発競争が激化。こうした中、業界における人材の争奪戦が更に激しくなると予想。

5. データサイエンティスト
データサイエンティストは企業に集まる膨大なデータを分析し、経営に必要な情報を導き出す職業で、さまざまな業界がビッグデータの活用を進めていることから求人が増加傾向。一方で統計学、コンピュータサイエンス、ビジネススキルなど高いスキルが必要なため深刻な人材不足で、2017年もこの傾向は続く見込み。

技術の進化やAIの普及で需要が減る職業もある一方で、このような多くの新しい職業が増えている。興味深いのは、1を除くすべてが「IoT」という大きな傘の下にあるということだろう。IoTのビジネスが徐々に本格化しているとも言えそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

VRとARをIoTでつなげてみたら医療分野の製品に!?

2016年12月2日~4日の3日間にわたり、幕張メッセ 国際展示場 9・10ホールにおいて、最新テクノロジーとポップカルチャーの祭典「東京コミックコンベンション2016(東京コミコン)」が開催された。

2016.12.07
イノベーション

収穫量を120%にアップさせた農業IoTの導入事例

日本の農業は高齢化と後継者不足、生産性の低下が指摘される。官民がIoT・ICT活用して、この課題解決に取り組んでいる。最前線を追った。

2016.12.20
ライフスタイル

自分に本当に合う靴をオーダーメイドで作る時代に!

長時間履くと足が痛くなったり、ヒールが高すぎて疲れたりと、女性にとって靴の悩みは深刻だ。

2016.12.26
テクノロジー

「俺の嫁装置」を最新TECH&著名デザイナーで実現

2016年1月にコンセプトムービーをYouTubeで公開し、「俺の嫁装置がついに開発された…!」と全国のオタクはもちろん、世界中で大きな注目を集めた世界初のバーチャルホームロボット「Gatebox」。あれから約1年の開発期間を得て限定予約販売が2016年12月14日(水)よりスタートした。

2016.12.21
コミュニケーション

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第5回:タンジブルな遠隔授業を。

相手の気配を身近に感じさせる、 タンジブルな遠隔事業とは

2016.12.10

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。