IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.20

「拡張現実」が手術を支援、医療現場を変えるIoT
東京女子医大が臨床研究する医療の未来

BY

 手術中、執刀医がデバイスに触らず手振りだけで、モニターに表示された医療画像を操る。赤外線を駆使して手術前に腫瘍の形状や位置を画像に描出する──。

 IoTを駆使したそんな近未来の手術室の実現に向けて、東京女子医科大学の先端生命医科学研究所の村垣善浩氏グループが臨床研究を進めている。

 12月1日、インテルは「ヘルスケアIT分野に関するプレス・セミナー」を開催した。IoT時代におけるビッグデータを活用した医療サービスの向上や、最新テクノロジーを利用した医療機器など、インテルが推進しているヘルスケアIT分野への取り組みを紹介。冒頭の“近未来型の手術室実現に向けた臨床研究”は、その中で紹介された日本における最新の活動事例である。

術中に手振りで複数のCT画像を操作

 現在の医療現場では、MRIやCTの画像はデジタルデータとして「PACS」と呼ばれる医療用画像管理システムに格納される。村垣氏によると、フィルム時代は医療用画像を簡単に見ることができたが、フィルムレス化された現代はサーバー内のデータ画像を気軽に取り出すことができず「逆に医療従事者のストレスになっている」という

 滅菌された手術室では、手術をする医師はデバイスやキーボードに触ることができない。そのため医療用画像を見たいときには、看護師やスタッフに指示をして、PACSから画像を取り出す手間を必要としているのが現状である。

 そこで、村垣氏は、人の動きや奥行きを赤外線で検出してデータ化するインテルの「RealSense」という技術に着目。この技術を応用して、執刀医が手振りでPACSのビューワーを操作できる仕組みの開発を進めることとなった。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、IoTと連携してフィジカルセキュリティのデータを可視化する基盤
キヤノンITS、高速開発ツールを中核としたIoT向けPoCサービスを提供 | IT Leaders
SBT、ダイキンらと共同で「ストレス度を数値化」して職場環境の改善などにつなげるIoT実証実験を実施
ルネサス、1年以内にLoRaWANに対応したマイコンの製品化を目指す
EUにおけるIoTプラットフォームは進んでいるのか? ーCeBIT 2017レポート その1
太陽光を利用する汎用型IoTデバイス「FlipCast」法人向けに発売
経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。