IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載
テクノロジー
2016.12.20

「拡張現実」が手術を支援、医療現場を変えるIoT
東京女子医大が臨床研究する医療の未来

BY

 手術中、執刀医がデバイスに触らず手振りだけで、モニターに表示された医療画像を操る。赤外線を駆使して手術前に腫瘍の形状や位置を画像に描出する──。

 IoTを駆使したそんな近未来の手術室の実現に向けて、東京女子医科大学の先端生命医科学研究所の村垣善浩氏グループが臨床研究を進めている。

 12月1日、インテルは「ヘルスケアIT分野に関するプレス・セミナー」を開催した。IoT時代におけるビッグデータを活用した医療サービスの向上や、最新テクノロジーを利用した医療機器など、インテルが推進しているヘルスケアIT分野への取り組みを紹介。冒頭の“近未来型の手術室実現に向けた臨床研究”は、その中で紹介された日本における最新の活動事例である。

術中に手振りで複数のCT画像を操作

 現在の医療現場では、MRIやCTの画像はデジタルデータとして「PACS」と呼ばれる医療用画像管理システムに格納される。村垣氏によると、フィルム時代は医療用画像を簡単に見ることができたが、フィルムレス化された現代はサーバー内のデータ画像を気軽に取り出すことができず「逆に医療従事者のストレスになっている」という

 滅菌された手術室では、手術をする医師はデバイスやキーボードに触ることができない。そのため医療用画像を見たいときには、看護師やスタッフに指示をして、PACSから画像を取り出す手間を必要としているのが現状である。

 そこで、村垣氏は、人の動きや奥行きを赤外線で検出してデータ化するインテルの「RealSense」という技術に着目。この技術を応用して、執刀医が手振りでPACSのビューワーを操作できる仕組みの開発を進めることとなった。

JBPRESS

あわせてお読みください

テクノロジー

冬の悲劇はもう繰り返さない!? 日本初のIoT手袋登場

世界最小級の紛失防止IoTタグ「MAMORIO」を内蔵したIoT手袋「MAMORIOグローブ」が、クラウドファンディングサイト「BOOSTER」にて発売された。

2016.11.27
テクノロジー

「便利で楽しいIoT」市場を先取りするプロトタイプ開発の重要性

生活者が身近に体験するIoT市場で、「楽しい」という価値を具現化するには? 「IoT等の商品サービス」領域で、クリエイティブとテクノロジーを組み合わせたものづくりを行う1→10driveのキーパーソンが、「便利で楽しいIoT」開発事情を紹介する。

2016.12.28
スマートハウス

貸会議室で鍵の受け渡しを不要にするスマートロックの実証実験

貸会議室やレンタルスペースの運営でネックとなるのが、鍵の受け渡し。その手間や人的コストを削減と安全性の向上に期待できるのが、スマートロックだ。実証実験が始まった。

2016.12.20
イノベーション

Innovators 情熱のカラクリ 第2回:アスタミューゼ 波多野智也氏

IoT的視点で未来を見つめるイノベーター

2016.12.09
イノベーション

大辻雄介の「教育のIoT思議」 第3回:電子黒板は黒板のIoTではない。

ビジネスシーンでの活用が盛り上がりを見せる電子黒板。その一方で文部科学省などが推進しているにもかかわらず、教育現場で活用されない理由とは

2016.11.10

注目連載

innovators 情熱のカラクリ
いまさら聞けないIoTの基本のキ
大辻雄介の「教育のIoT思議」

記事一覧

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。