IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.20

「拡張現実」が手術を支援、医療現場を変えるIoT
東京女子医大が臨床研究する医療の未来

BY

 手術中、執刀医がデバイスに触らず手振りだけで、モニターに表示された医療画像を操る。赤外線を駆使して手術前に腫瘍の形状や位置を画像に描出する──。

 IoTを駆使したそんな近未来の手術室の実現に向けて、東京女子医科大学の先端生命医科学研究所の村垣善浩氏グループが臨床研究を進めている。

 12月1日、インテルは「ヘルスケアIT分野に関するプレス・セミナー」を開催した。IoT時代におけるビッグデータを活用した医療サービスの向上や、最新テクノロジーを利用した医療機器など、インテルが推進しているヘルスケアIT分野への取り組みを紹介。冒頭の“近未来型の手術室実現に向けた臨床研究”は、その中で紹介された日本における最新の活動事例である。

術中に手振りで複数のCT画像を操作

 現在の医療現場では、MRIやCTの画像はデジタルデータとして「PACS」と呼ばれる医療用画像管理システムに格納される。村垣氏によると、フィルム時代は医療用画像を簡単に見ることができたが、フィルムレス化された現代はサーバー内のデータ画像を気軽に取り出すことができず「逆に医療従事者のストレスになっている」という

 滅菌された手術室では、手術をする医師はデバイスやキーボードに触ることができない。そのため医療用画像を見たいときには、看護師やスタッフに指示をして、PACSから画像を取り出す手間を必要としているのが現状である。

 そこで、村垣氏は、人の動きや奥行きを赤外線で検出してデータ化するインテルの「RealSense」という技術に着目。この技術を応用して、執刀医が手振りでPACSのビューワーを操作できる仕組みの開発を進めることとなった。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

KDDIと中部電力、LPWAを活用したIoT事業創出へ 中小企業のパートナーを募集
ソフトバンクと藤枝市が取り組む、LPWAネットワークの実証実験 -説明会レポート
製造業とサービス業のIoT実態調査、37%がIoT活用を「検討」以上の段階に~富士通クラウドテクノロジーズ
米IICとIVIが産業用IoT推進で合意、共同テストベッド実施など5項目
三菱電機のFAソリューションがSAPのクラウド基盤と連携し機能拡張 | IT Leaders
富士通、インテルのペナン工場でIoTを活用した工場全体の生産効率可視化システムの共同実証を開始
スカイディスク、屋内環境のデータ化・AI分析に特化した「環境IoTパッケージ」提供開始
DJI Goggles:頭の動きでドローンを操縦
ソフトバンク、IoT製品の開発を効率化するElectric Impの開発キット2製品を販売開始
ソニー、100kmの遠距離通信ができる独自のIoT向けネットワークを開発
NTTドコモが中期戦略2020「beyond宣言」、5Gの特徴を活かしたIoT、AI、VRに注力
GMOグローバルサイン、IoTデバイス向けのクライアント証明書の大量発行サービス「マネージドPKI for IoT」を提供開始
スモールスタートでIoTサービスを開発可能 ヤフーのIoTプラットフォーム「myThings Developers」で何ができるのか
日常会話できるロボット「Tapia」ヤフーのIoTプラットフォームと連携!
見守りロボ「BOCCO」Yahoo!提供の天気情報・防災速報などと連動
Microsoft、IoTセキュリティ分野でMicronと提携

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。