IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.09.30

私たちの知っている会社ではなくなっていくインテル
「PCの会社」から「IoTの会社」へと大転換

BY

米国・カリフォルニアのインテル本社(写真提供:インテル)

 2016年7月、ソフトバンクが英アーム・ホールディングスを240億ポンド(約3兆3000億円)で買収するというニュースが世界中を驚かせた。

 アームはスマホ向けCPUの設計に特化した会社であり、その設計仕様は業界標準となっている。IT業界の専門家やアナリストの一部からは、3兆3000億円の買収は「無謀な賭けだ」という声も聞かれるが、多くは孫社長の決断を「本格的なIoT時代に向けた強力な布石」と評価している。

 それらのニュースや解説に接していて気になることがあった。インテルは何をしているのか、ということだ。

 インテルは言わずと知れた世界最大の半導体メーカーである。1968年の創業以来、約半世紀にわたりCPUを作り続け、コンピューターを進化させ、IT業界の成長を牽引してきた。調査会社のデータによると、パソコン(PC)に搭載された半導体のシェアは約80%に達するとされている。

 だが、スマートフォンやタブレットの波には乗り遅れた。PCのCPUはインテルの独壇場だったが、現在、スマホやタブレットのCPUは80%以上がアームの設計によるものだと言われる。

 これから到来するIoT時代はスマホの隆盛の延長線上にあると捉える向きが多い。だからIoT時代の覇権を握るのはアームだという声も聞こえてくる。スマホやタブレットの波に乗り遅れたインテルは大丈夫なのか。

クルザニッチCEOが示すこれからのインテル

 インテルは一体どうするつもりなのかと思いつつ、インテルのホームページを見てみると、ブライアン・クルザニッチCEOがインテルの今後の全社的な戦略を説明していた。

 4月に発表した「我々の戦略とインテルの未来」(Our Strategy and The Future of Intel)と題する文章である。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒
ドーワテクノス、ロームの「EnOcean」デバイスを活用したモータ監視IoTソリューションを開発
エージーテック、エッジコンピューティングを実現するIoT向けデータベース「Actian Zen Edge」を販売開始
ウインドリバーが注力するIoT時代に求められる5つの技術トレンド
KDDIや御殿場市など、富士山の登山者数や温湿度の可視化サービス
村田製作所、IoTで工場設備の非稼動要因を見える化する「m-FLIP」を提供開始
三菱重工航空エンジン、SASのAIテクノロジーでスマートファクトリー化を促進

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。