IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2016.09.30

私たちの知っている会社ではなくなっていくインテル
「PCの会社」から「IoTの会社」へと大転換

BY

米国・カリフォルニアのインテル本社(写真提供:インテル)

 2016年7月、ソフトバンクが英アーム・ホールディングスを240億ポンド(約3兆3000億円)で買収するというニュースが世界中を驚かせた。

 アームはスマホ向けCPUの設計に特化した会社であり、その設計仕様は業界標準となっている。IT業界の専門家やアナリストの一部からは、3兆3000億円の買収は「無謀な賭けだ」という声も聞かれるが、多くは孫社長の決断を「本格的なIoT時代に向けた強力な布石」と評価している。

 それらのニュースや解説に接していて気になることがあった。インテルは何をしているのか、ということだ。

 インテルは言わずと知れた世界最大の半導体メーカーである。1968年の創業以来、約半世紀にわたりCPUを作り続け、コンピューターを進化させ、IT業界の成長を牽引してきた。調査会社のデータによると、パソコン(PC)に搭載された半導体のシェアは約80%に達するとされている。

 だが、スマートフォンやタブレットの波には乗り遅れた。PCのCPUはインテルの独壇場だったが、現在、スマホやタブレットのCPUは80%以上がアームの設計によるものだと言われる。

 これから到来するIoT時代はスマホの隆盛の延長線上にあると捉える向きが多い。だからIoT時代の覇権を握るのはアームだという声も聞こえてくる。スマホやタブレットの波に乗り遅れたインテルは大丈夫なのか。

クルザニッチCEOが示すこれからのインテル

 インテルは一体どうするつもりなのかと思いつつ、インテルのホームページを見てみると、ブライアン・クルザニッチCEOがインテルの今後の全社的な戦略を説明していた。

 4月に発表した「我々の戦略とインテルの未来」(Our Strategy and The Future of Intel)と題する文章である。

JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

日立、IoTと連携してフィジカルセキュリティのデータを可視化する基盤
キヤノンITS、高速開発ツールを中核としたIoT向けPoCサービスを提供 | IT Leaders
SBT、ダイキンらと共同で「ストレス度を数値化」して職場環境の改善などにつなげるIoT実証実験を実施
ルネサス、1年以内にLoRaWANに対応したマイコンの製品化を目指す
EUにおけるIoTプラットフォームは進んでいるのか? ーCeBIT 2017レポート その1
太陽光を利用する汎用型IoTデバイス「FlipCast」法人向けに発売
経産省とIoT推進ラボが主催する、第三回 IoT Lab Selection レポート
IoTスタートアップにノキアが開発プラットフォームを提供、日本が3カ国目
日立、監視カメラや入退室管理などフィジカルセキュリティデータ管理の統合プラットフォームを開発
IoT時代に合わせた「多接続」を実現する5G、ビジネスでの課題とは
ベルト装着型IoTデバイスを用いたストレス度の計測に関する実証実験プロジェクトを発足
IoTけん玉やVRトランポリンなど!アスキーに注目スタートアップが集結
キヤノンITS、企業のIoT導入を支援するPoCサービスを提供
NXP、1MBの組み込みSRAMメモリを搭載したCortex-M4ベースマイコンを発表
IoT人気記事ランキング 経産省 IoT Lab Selection開催、東急AG O2Oソリューション 「Activation Manager」開発 など[3/13~3/19]
Wi-RAN用無線機、従来より100倍の領域をカバー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。