IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

「1粒1粒丁寧にふきながらチェックしています。爪楊枝でこすったくらいのほんの小さな傷がついていても、少しでも傷んでいたら出荷しません。だから半分はロスになっています」(同)

 当然、価格は高くなる。直売所では、普通のトマトの約3倍の値段をつけて売っている。だが、それでも欲しいという客が後を絶たない。収穫期に店頭に並べると、毎日、跡形もなく売り切れる。「〇〇時に行くから〇キロ確保よろしく」「明日行くので〇パックお願いします」と事前に予約して買いに来る客も少なくない。

「磨き抜かれた逸品」と命名してプチぷよを販売している(写真提供:アルス古川)

ITシステムが自動的に水と肥料を供給

 実は、この貴重なミニトマトはITシステムによって育てられている。

 アルス古川ではミニトマトの栽培に、ITを活用した養液土耕栽培システムを利用している。ルートレック・ネットワークス(神奈川県川崎市)が開発し、2013年より販売を開始した「ZeRo.agri(ゼロアグリ)」という名称のシステムである。

 システムの仕組みはこうだ。

 ビニールハウス内の畑には、土壌センサーが差し込まれている。センサーは1時間ごとに地温、土の中の水分量、EC値(電気伝導度)を測定し、土壌の状態を把握する。ハウスの外には日射センサーが設置され、日射量を計測している。システムは日射量と土壌の状態を合わせて、ミニトマトに必要な培養液(水と肥料を合わせた養液)の量を判断し、自動的に供給する。最適な培養液の量は、タブレット端末やスマホの画面から古川さんが設定している。

「ゼロアグリ」のシステム構成(図版提供:ルートレック・ネットワークス)
JBPRESS

あわせてお読みください

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

あわせてお読みください

IoTニュース

なぜインテルはドローンビジネスに注目するのか? 本社副社長のアニール・ナンデュリ氏が解説
IoTを使用したスマート掃除でコスト削減
働く人々の課題を現場で解決する、コニカミノルタがエッジ型IoT「Workplace Hub」を国内で公開 | IT Leaders
スマートテレビの利用規約に同意すると「どんなこと」に同意したことになるのか?
マイクロソフトのAzureとNTTドコモの閉域網を用いたセキュアなIoTプラットフォーム
日本マイクロソフト、ユニアデックス、NTTドコモが協業、各社サービスを連携させたIoTパッケージを9月から提供
守りから攻めのセキュリティに - 富士通が推進する事故前提型のIoT対策とは
JPCERT/CCに聞くIoTセキュリティ - 機器を正しく分類して対策を考えるのがキモ
ツクモ12号店が“IoTガジェットコーナー”を新設
スケーラブルなIoTプラットフォーム「SORACOM」はこう作られた
OKI、IoTを活用し観光客の周遊性を高める「スマート@ツーリズムシティ」
経産省、「データ利活用促進に向けた企業における管理・契約等の実態調査」を実施
富士通と横浜市住宅供給公社、IoTを活用した高齢居住者の見守りサービスで協業
MOVIMASとスマートブルー、ソーラーシェアリング対応IoTソリューション「MOVIMAS AGR」による 高単価作物栽培の実証事業を開始
コニカミノルタ、Workplace HubでIoT事業への本気度を国内でもアピール
日本企業はIoT導入に消極的!? HPE Arubaが国内外の企業を対象に調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。