IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

「1粒1粒丁寧にふきながらチェックしています。爪楊枝でこすったくらいのほんの小さな傷がついていても、少しでも傷んでいたら出荷しません。だから半分はロスになっています」(同)

 当然、価格は高くなる。直売所では、普通のトマトの約3倍の値段をつけて売っている。だが、それでも欲しいという客が後を絶たない。収穫期に店頭に並べると、毎日、跡形もなく売り切れる。「〇〇時に行くから〇キロ確保よろしく」「明日行くので〇パックお願いします」と事前に予約して買いに来る客も少なくない。

「磨き抜かれた逸品」と命名してプチぷよを販売している(写真提供:アルス古川)

ITシステムが自動的に水と肥料を供給

 実は、この貴重なミニトマトはITシステムによって育てられている。

 アルス古川ではミニトマトの栽培に、ITを活用した養液土耕栽培システムを利用している。ルートレック・ネットワークス(神奈川県川崎市)が開発し、2013年より販売を開始した「ZeRo.agri(ゼロアグリ)」という名称のシステムである。

 システムの仕組みはこうだ。

 ビニールハウス内の畑には、土壌センサーが差し込まれている。センサーは1時間ごとに地温、土の中の水分量、EC値(電気伝導度)を測定し、土壌の状態を把握する。ハウスの外には日射センサーが設置され、日射量を計測している。システムは日射量と土壌の状態を合わせて、ミニトマトに必要な培養液(水と肥料を合わせた養液)の量を判断し、自動的に供給する。最適な培養液の量は、タブレット端末やスマホの画面から古川さんが設定している。

「ゼロアグリ」のシステム構成(図版提供:ルートレック・ネットワークス)
JBPRESS

あわせてお読みください

AD

注目連載

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日
AD

あわせてお読みください

IoTニュース

富士通やNECなど、利用者の属性情報を仲介するIoTおもてなしクラウド「OPaaS.io」の運用開始
スカイディスクと台湾Kiwitec、LoRaWANを使用したIoT関連製品・サービスの研究開発に関する基本合意書締結
セコムとKDDI、次世代移動通信システム「5G」の技術実証で提携
IoTシステムなど組み込み機器向け、セキュリティ重視の「KasperskyOS」が提供開始へ
ソフトバンク傘下のARM、NB-IoT向けモデム提供へ
進むスマートグリッド。IoTとクラウドを組み合わせたIBMの電力計測システム
センシグナル、IoT向け通信プラットフォーム「NETDWARF」を開発
国内IoT市場は2021年までに11兆円規模に成長──IDC調査
そのIoTデバイス、本当に10年動きますか? キーサイト・テクノロジー インタビュー②[PR]
マカフィーに聞くIoTセキュリティ - 業界別対策と野良デバイス対策がキモ
GSMA、IoTソリューションの成長を支援するため、IoTビッグデータ・ディレクトリーをリリース
IoTトイレで水道代を50%節約し、空室状態を可視化することで業務の効率化 ─KDDI IoTクラウド 新サービス
世界最小クラスのIoT紛失防止タグ「MAMORIO」に3つの新色が登場!
NSW、IoTクラウドプラットフォームをAzure上に構築する「Toami on Azure」
元グーグル代表が予測する、AI/IoTの先にある世界
AI、IoT軸にシェア拡大狙う ―― 20周年迎えたCTstageの次の進化とは

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。