IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2016.12.26

会津の“幻のトマト”、育てていたのはITだった
土壌の状態をセンシングして水と肥料を自動供給

BY

「1粒1粒丁寧にふきながらチェックしています。爪楊枝でこすったくらいのほんの小さな傷がついていても、少しでも傷んでいたら出荷しません。だから半分はロスになっています」(同)

 当然、価格は高くなる。直売所では、普通のトマトの約3倍の値段をつけて売っている。だが、それでも欲しいという客が後を絶たない。収穫期に店頭に並べると、毎日、跡形もなく売り切れる。「〇〇時に行くから〇キロ確保よろしく」「明日行くので〇パックお願いします」と事前に予約して買いに来る客も少なくない。

「磨き抜かれた逸品」と命名してプチぷよを販売している(写真提供:アルス古川)

ITシステムが自動的に水と肥料を供給

 実は、この貴重なミニトマトはITシステムによって育てられている。

 アルス古川ではミニトマトの栽培に、ITを活用した養液土耕栽培システムを利用している。ルートレック・ネットワークス(神奈川県川崎市)が開発し、2013年より販売を開始した「ZeRo.agri(ゼロアグリ)」という名称のシステムである。

 システムの仕組みはこうだ。

 ビニールハウス内の畑には、土壌センサーが差し込まれている。センサーは1時間ごとに地温、土の中の水分量、EC値(電気伝導度)を測定し、土壌の状態を把握する。ハウスの外には日射センサーが設置され、日射量を計測している。システムは日射量と土壌の状態を合わせて、ミニトマトに必要な培養液(水と肥料を合わせた養液)の量を判断し、自動的に供給する。最適な培養液の量は、タブレット端末やスマホの画面から古川さんが設定している。

「ゼロアグリ」のシステム構成(図版提供:ルートレック・ネットワークス)
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTで国内栽培に向かない海外の果物・野菜を効率よく育成-システムの検証開始
KDDI、スマホアプリとホームIoTを活用した睡眠改善活動の実証実験
コネクテッドデバイスから企業インフラまで次々にセキュリティ新施策を発表 - Microsoft
まるで「iPadのオバケ」──最大310インチ・タッチ無制限のデジタルサイネージをKDDIが提供
ヤマザキマザックの製造業向けIoTで技術支援--ネットワンシステムズ
「月額30円から」LoRaWAN IoT通信サービス、センスウェイが提供開始
IoT人気記事ランキング|トヨタ、ドコモ、マイクロソフトが目指す、ヒトもつながる「コネクティッド」の未来など[4/9-4/15]
オープンイノベーションによる協創をスムーズに進めるためのポイント
スマートフォンによってヒトの生活はどう変わったのか、IoT/AI時代のマーケティングを考える
IoT時代のものづくり、強みの「匠」や「三現主義」をどう生かすべきか?
MSYS、IoTサービス向けビーコン「BlueBeaconシリーズ」に新製品
安全運転でポイントがもらえる――スマートドライブがIoT搭載のカーリースサービスを開始
ネットワンシステムズ、ヤマザキマザックの製造業向けIoTソリューションを技術支援
センスウェイ、1デバイス月額30円から使えるIoT向け通信サービス
東京都、自動運転を使ったビジネスモデルを支援---プロジェクト募集中
「月額30円」のLoRaWANが提供開始――人口カバー率60%を来年3月末に目指す

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。