「秘境路線」只見線のなかでも高レア度、マニア感あふれる3つの駅

抜群の開放感、乗降客ゼロ、特殊駅舎…観光客がめったに行かない駅を味わう
2022.9.24(土) 牧村 あきこ follow フォロー help フォロー中
地域振興物流・運輸生活・趣味
この写真の記事へ戻る
風景が抜群の只見線早戸駅(写真はすべて筆者撮影)
早戸駅ホームから見た只見川と対岸
コンクリート打ちっぱなしの壁が目を引く早戸駅舎
大きな窓の外は只見川が広がる開放的な風景。窓ははめこみで開閉できない
ホームから会津若松方向を撮影
只見方向を撮影。正面に見える高架橋は只見線をまたぐ国道252号
会津若松方向を撮影。右手の電信柱の後方に見える茶色い建物が駅舎。駅舎の右に、国道に続く道がある
会津水沼駅舎。雪囲いだろうか、窓にはしっかりと木の覆いがついている
会津水沼駅舎の中
赤錆びた駅名標がなければ、駅とは気づかないかもしれない
ホームから只見方向を撮影。駅を出てすぐ、列車は第4只見川橋梁を渡る
会津坂本駅は、廃貨車の駅舎にホームに抜ける通り道があり、左右に部屋がある。もちろん駅舎を通らずにいくらでもホームに行ける
緑の植え込みの手前に線路があり、奥に国道252号が走る(遠方に見えるバイクが走行しているのが国道)
会津坂本駅舎の中
ホームより只見方向を撮影
只見駅近くの線路わきに並ぶ、かかしの応援団

地域の写真

政府も導入に前のめりな「自動車走行距離税」、いい加減な推進論に騙されるな
地域発、日本そして世界へつなぐ、All Japanで実現する田園都市
経済産業省 情報プロジェクト室長が語る行政のDX化のこれまでとこれから
現実離れした「インバウンド消費5兆円」目標は絵に描いた餅に過ぎない
事例で学ぶ「データの共有がもたらす社会変革」
地域から世界へと広がるコミュニティの可能性
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。