売上高ゼロの上場企業、その正体

世界一あきらめの悪い男、窪田良は「失明撲滅」の夢をあきらめず
この写真の記事へ戻る
宇宙に長期間いると、視力障害や失明につながる神経眼症候群という病気にかかる可能性が上がる。そこで、窪田は小型の眼科検査装置を開発した(提供:Russian space agency Roscosmos/ロイター/アフロ)
窪田良(くぼた・りょう) 窪田製薬ホールディングス株式会社 代表執行役会長、社長兼最高経営責任者 (CEO) MD, PhD 慶應義塾大学医学部卒。眼科医、医学博士。慶應義塾大学医学部客員教授。眼科臨床医として緑内障、白内障、網膜疾患などの執刀治療経験を持つ。慶應義塾大学の眼科学研究の過程で緑内障原因遺伝子であるミオシリンを発見し「須田賞」を受賞。2000年に渡米し、ワシントン大学で研究を続けながら、シアトルの自宅地下室でクボタビジョン・インク(アキュセラ・インク)を設立。2014年2月に東証マザーズに新規上場。2016年に窪田製薬ホールディングスを発足、本社機能を日本に移す。現在はスターガルト病および糖尿病網膜症の治療薬の研究開発を続けている。
国際宇宙ステーションで船外活動をするNASAの宇宙飛行士。目のモニターも仕事の一つ(写真:ロイター/アフロ)
(写真:ロイター/アフロ)

ビジネスの写真

菅政権の看板政策「デジタル庁」、成功の必須条件
バフェットは「日本株式会社」に何を見たのか
新規デジタル事業を量産!知られざる“黒子”企業
“降りる駅を変える”ことから「知の探索」を始めよう
Withコロナはリソースを使い切る発想で乗り切る
コロナ危機を再成長の機会にする「3つの処方箋」

本日の新着

一覧
無罪続出の理由、「揺さぶられっ子症候群」の真実
検察側と弁護側、証言台に立つ医師の意見が真っ向対立
柳原 三佳
求めよ、さらば与えられん
もう一歩の踏込みがピンチを防ぎ、チャンスを掴む
惣才 翼
「半沢直樹」が見事に突いた中国人の熱狂のツボ
下克上好きな気質は社会背景か歴史的国民性か
花園 祐
菅政権の看板政策「デジタル庁」、成功の必須条件
デジタル化を一気に加速し、スリムで強靭な「小強国家」を目指せ
朝比奈 一郎