文=田丸 昇

ニコニコ超会議2019に出席した藤井聡太。(写真:森田直樹/アフロ)

幼稚園の頃からの特別な教育

 将棋の高校生棋士である藤井聡太二冠(棋聖・王位=18)は、2002年7月19日に愛知県瀬戸市で生まれた。家族は、会社員の父親、母親、4歳年長の兄の計4人。両親は、読み方の響きが気に入って「聡太(そうた)」と名付けたという。

 藤井は3歳のとき、「モンテッソーリ教育」を取り入れている地元の幼稚園に入園した。それは、イタリアの女性医師のマリア・モンテッソーリが20世紀初頭に提唱した教育法で、さまざまな教具を用いた作業を通して、子どもの自主性や協調性を養う趣旨がある。藤井は、それらの作業に夢中になって取り組んだ。

 ある大学教授の追跡調査によると、その教育を受けた子どもたちは、集中力と直感力、臨機応変に対応できる能力が優れた傾向があるという。藤井にも当てはまることである。

 

将棋が強いが、囲碁は?

 藤井は5歳のとき、隣家に住んでいる祖母から「スタディ将棋」という入門者用の盤駒セットをもらった。それぞれの駒の表面に、動かし方が矢印で示されていて、将棋をわかりやすく覚えることができた。藤井が将棋を教えてくれた祖母と指してみると、駒の動かし方しか知らない祖母にすぐに勝てるようになった。祖母よりもっと強い祖父と指しても、やがて勝ってしまった。藤井は勝つことのうれしさで、将棋がますます好きになった。

 だが藤井は同じ頃、囲碁も教えてくれた祖母と打ってみると、将棋と同じく初心者の祖母になぜか勝てなかった。もし藤井が祖母に将棋で負けていたら、後年に将棋の道に進んだであろうか。または祖母に囲碁で勝っていたら、囲碁に夢中になっただろうか・・・。

 藤井が将棋を好きになって熱中した理由は、このように偶然の成り行きからだった。

 

名人たちが上達したきっかけ

 棋士が将棋を覚えて上達したきっかけは、さまざまである。永世名人(名人在位通算5期で取得。引退後に襲名)の称号を有している2人の大棋士の例を紹介する。

 谷川浩司九段(十七世名人=58)は5歳のとき、5歳年長の兄と何かにつけて喧嘩していた。それに手を焼いた父親は、文房具店で将棋の盤駒を買って兄弟に与えた。ただ、父親は将棋を知らないので、百科事典を見ながらルールを教えた。その後、兄弟は将棋の面白さに引かれ、毎日のように指して上達した。喧嘩も治まったという。兄弟喧嘩が発端となり、後年に大名人が生まれた。

 羽生善治九段(十九世名人=50)は6歳のとき、小学校の同級生のTくんに将棋を教わった。なかなか勝てなかったので、七夕の短冊に「Tくんに将棋で勝てますように」と願い事を書いた。そのTくんが転校し、羽生は将棋の相手を失って寂しそうな様子だった。それを見た母親が街の将棋クラブに通わせると、羽生はめきめきと上達し、天賦の才能が一気に開いた。同級生の転校が発端となり、後年に大名人が生まれた。

 ちなみに私こと田丸は12歳のとき、伝説の棋士・阪田三吉(贈名人・王将)を題材にした歌謡曲『王将』(歌・村田英雄)をラジオで聴いて将棋の世界に憧れ、将棋を覚えて熱中した。

 藤井、谷川、羽生の共通点のひとつは、父親がいずれも将棋をほとんど知らないことだ。漫画『巨人の星』の星一徹・飛雄馬のように、父親が息子を厳しく鍛えて強くするという例は、将棋界ではきわめて少ない。

 

小学校の頃から社会問題に関心を示す

 藤井は近所の将棋教室に5歳から通っていた。当初は負けると大泣きしたという。そんな負けず嫌いの性格が上達のバネとなった。やがて、棋士を目指したいと思うほど強くなると、両親は特別なことは何もしないで見守った。漫画『クレヨンしんちゃん』と木登りが好きな普通の子どもとして育てた。

 藤井は小学4年のとき、クラスの文集に「関心があること」として、将棋の名人戦のほかに、尖閣諸島の問題、南海トラフ地震、原発問題を書いた。10歳でそうした社会的なことに関心を持っていたのには驚かされる。

 中学生の頃には、学校から帰ると新聞を読むのが日課だった。まず1面の見出しをざっと見てから、社会面と将棋欄に目を通し、世界の動きを知るために特派員の記事も読んだ。司馬遼太郎の長編時代小説『竜馬がゆく』を読破したほどの読書家でもあった。

 藤井は以前に対局後の感想で、「ここまで勝てたのは望外です」「形勢は茫洋としています」「逆転勝ちは僥倖です」など、中学生とは思えない言葉遣いをしたことがある。それは自然に口に出た感じで、普段から書物に親しんでいるからといえよう。

 

将棋の世界では、学歴は必要ない

 2020年現在、藤井は名古屋大学教育学部付属高校の3年生。中学卒業を控えた頃、将棋に集中するために、高校に進学するかどうか迷ったようだが、高校進学を選択した。藤井は2年前にある対談で、「学校で学んだことが将棋に役立つことはありません。ただ、学校に行くことで、精神的にバランスが取れているかなと思います。勉強で面白いのは世界史です。今は、近代史の第一次世界大戦の授業を受けています」と、高校生活について語った。

 藤井は大学に進学しないという。何かを勉強したいことがあれば、大学に行かなくても十分に可能である。

 実力本位の将棋の世界では、学歴は必要ない。しかし近年は、保護者が奨励会員(棋士をめざす青少年)の将来を案じて、大学に進学させる例はよくある。何しろ棋士になれる確率はおよそ2割だからだ。なお、片上大輔七段(39)と谷合廣紀四段(26)は、奨励会に在籍中に東大に入学した。

 

将棋の戦い方にも通じるバランス感覚

 第1回でも記したが、藤井は「鉄道」ファンである。小学生時代は、鉄道の行き来を1時間も見ていても飽きなかったという。また、時刻表をくまなく見てダイヤを丸暗記した。

 そんな藤井が高校1年のとき、友人と2人でJR小海線の観光列車「ハイレール」に乗ったことがある。小淵沢駅(山梨県)から佐久平駅(長野県)まで、高原地帯の美しい景色を車窓から見て堪能した。佐久平駅からは北陸新幹線で長野駅に行った。その後は各駅停車の在来線を乗り継ぎ、地元の愛知県に帰った。新幹線以外は「青春18キップ」を利用した約14時間の日帰り旅行だった。

 藤井にとって、それは貴重な経験になったと思う。今やタイトル戦の対局で移動するときは、列車ならグリーン車、飛行機ならスーパーシートが用意されるからだ。

 藤井は将棋に打ち込みながら、学芸や趣味に興味を寄せている。そのバランスの良さは、自身の将棋の戦い方に通じるものがあると、私は思っている。

 次回テーマは、藤井聡太の今後の進化と新たな目標を解説する。