IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.11.14

「MOOC」がライフシフト実現のカギとなる理由
IoT時代、<学習の動機と手法>が変わる

BY

コーセラ(Coursera)創立者、スタンフォード大学コンピューターサイエンス学部教授のダフニー・コラー(Daphne Koller)氏(左)と、アンドリュー・ウ(Andrew Ng)氏(右)。(2012年7月撮影、写真:The New York Times/アフロ)

 2012年のTEDカンファレンス*1

 脳科学者・茂木健一郎が日本人として初めて登壇したことが話題になったこの年の世界的な講演イベントで、大きな爪痕を残したのがダフニー・コラー(Daphne Koller:以下コラー)である。

 コラーはスタンフォードのコンピューターサイエンス学部で「機械学習」を担当する気鋭の大学教授。プレゼンテーションのわずか2カ月ほど前、同僚のアンドリュー・ウ(Andrew Ng)准教授とともに、大規模オンライン講座「コーセラ(Coursera:以下コーセラ)」をリーン・スタートさせていた。

 最高水準の教育は、限られた場所で経済的に恵まれた学生にのみ特権的に与えられるのではなく、世界中の向学心の高い人々に対して(しかも無料で)解放されるべきである(“Universal access to the world’s best education”)、というのがコーセラの崇高な理念である。

 コラーはTEDのステージの高みから、世界中の高等教育に関わる大学、機関、その他ステークホルダー(スポンサー候補のIT系企業、VCなど出資者含む)に対して、コーセラの活動への参加と支援を熱く訴えたのである。

【参考】ダフニー・コラー「オンライン教育が教えてくれること」(https://www.ted.com/talks/daphne_koller_what_we_re_learning_from_online_education?language=ja


 現在、コーセラのようなタイプの大規模オンライン講座は「MOOC(ムーク、Massive Open Online Course:以下MOOC)」と呼ばれ、下の表のように「ユーダシティ(Udacity)」「エディックス(edx)」など運営母体になる大学や機関の違いで、いくつかのグローバルMOOCプラットフォームが存在する。

代表的なMOOCプラットフォーム。
拡大画像表示
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT時代のセキュリティに顕在化する現状と課題
「目指すは家全体のスマート化」、“IoT建材”で凸版印刷が狙っていること
2019年のIoT支出額は世界で7450億ドルに--IDC予測
マイコンを取り巻く“東西南北”にみるIoT時代のマイコンビジネスの在り方
Keychain、ブロックチェーン技術を応用したビジネス/IoTデータセキュリティ「Keychain DPI」を提供開始
IoTで「登り窯」の伝統技術を仮想体験、NTT東らが実証実験
IoTや顔認識、ハイテクを駆使したシンガポールの学校を訪問--トイレもスマート化
NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。