IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2018.11.14

「MOOC」がライフシフト実現のカギとなる理由
IoT時代、<学習の動機と手法>が変わる

BY

コーセラ(Coursera)創立者、スタンフォード大学コンピューターサイエンス学部教授のダフニー・コラー(Daphne Koller)氏(左)と、アンドリュー・ウ(Andrew Ng)氏(右)。(2012年7月撮影、写真:The New York Times/アフロ)

 2012年のTEDカンファレンス*1

 脳科学者・茂木健一郎が日本人として初めて登壇したことが話題になったこの年の世界的な講演イベントで、大きな爪痕を残したのがダフニー・コラー(Daphne Koller:以下コラー)である。

 コラーはスタンフォードのコンピューターサイエンス学部で「機械学習」を担当する気鋭の大学教授。プレゼンテーションのわずか2カ月ほど前、同僚のアンドリュー・ウ(Andrew Ng)准教授とともに、大規模オンライン講座「コーセラ(Coursera:以下コーセラ)」をリーン・スタートさせていた。

 最高水準の教育は、限られた場所で経済的に恵まれた学生にのみ特権的に与えられるのではなく、世界中の向学心の高い人々に対して(しかも無料で)解放されるべきである(“Universal access to the world’s best education”)、というのがコーセラの崇高な理念である。

 コラーはTEDのステージの高みから、世界中の高等教育に関わる大学、機関、その他ステークホルダー(スポンサー候補のIT系企業、VCなど出資者含む)に対して、コーセラの活動への参加と支援を熱く訴えたのである。

【参考】ダフニー・コラー「オンライン教育が教えてくれること」(https://www.ted.com/talks/daphne_koller_what_we_re_learning_from_online_education?language=ja


 現在、コーセラのようなタイプの大規模オンライン講座は「MOOC(ムーク、Massive Open Online Course:以下MOOC)」と呼ばれ、下の表のように「ユーダシティ(Udacity)」「エディックス(edx)」など運営母体になる大学や機関の違いで、いくつかのグローバルMOOCプラットフォームが存在する。

代表的なMOOCプラットフォーム。
拡大画像表示
JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTやAIを使ったモビリティサービスの実証実験、地域を公募 経産省
イスラエルVDOO、マクニカネットワークス、NTT-ATが提携 IoTデバイス向けのセキュリティ診断サービスを提供
DockerとArmが戦略的提携--ArmプラットフォームでDocker開発者のアプリ構築を効率化
IoTエッジのインフラベンダー選定条件、IDCが調査
AIや5G活用の「バーチャル警備員」、セコムが来年春に商用化へ
KDDIと東芝、5G時代の「グローバルIoT」で協業--データ収集から活用までワンストップで
新コンセプトの見守りサービス「スマート電池」
KDDIと東芝、東芝デジタルソリューションズがグローバルIoT事業で協業
IoT開発支援「mockmock」、「データレコーダー」プレビュー版が公開
ドコモと伊藤忠、米国でIoTを使って傭車の運行を見える化する実証実験を実施へ
Windows 10の最新情報を知らせるイベント
鍵のIoTで変わる不動産業界、スマートロック「NinjaLock M」を内覧した
AI・ビッグデータ・ブロックチェーンによる第四次産業革命とは? 〜FLOCの一般向け無料セミナーで学ぶ「教養としてのテクノロジー講座」
高度なIoT機器のセキュリティ検証の低コスト化を支援、ユビキタスAIコーポレーション
STマイクロ、生産設備の予知保全などを可能に
国内IoTエッジインフラベンダー選定基準、「IoTの技術力」「ユーザー業務の理解度」を優先――IDCがユーザー調査

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。