IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

Appleのスマートスピーカー「HomePod」は何が違う?
遅れたSiri搭載AIスピーカーは巻き返しを図れるか

BY

2018年1月23日(現地時間)、米Appleは同社のAIアシスタント「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を2月9日よりアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売すると発表した。1月26日より予約受付を開始しており、フランス、ドイツでも今春発売予定。残念ながら、現状日本での発売時期は未定だ。

昨年6月の時点では2017年12月発売と発表されていたが、延期となっていたHomePod。発売を待ち望んでいたAppleファンも多いのではないだろうか。

ウェイクワード(スマートスピーカーを起動させるための言葉)はもちろん「Hey Siri」。最新のニュースや天気などを教えてくれる他、リマインダーを設定したりメッセージを送ったり、ハンズフリー通話、スマート家電の操作にも対応するとのこと。一般的なスマートスピーカーでできることは一通りできると思って良さそうだ。

だが、そもそもHomePodの頭脳となるSiriは、音声アシスタントとして後発のAmazon AlexaやGoogleアシスタントに一歩及ばない、と言われるようになって久しい。シェア争いが激化するスマートスピーカー市場に後れて参入する以上、既存のスマートスピーカーにはない魅力を提示できない限り、独走するAmazonはおろかGoogleやMicrosoftと並ぶことも難しいだろう。

ただでさえ、HomePodは349ドル(約3万9千円)というスマートスピーカーとしてはかなり強気な価格設定となっている。当然、他とは違う魅力を用意しているはずだ。

既存のスマートスピーカーとの違いや、日本で発売された際に既存製品と渡り合っていけるのかを見てみよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

カメラセンサーを使ったIoTパーキングシェア ソフトバンクが10月下旬から開始
GMOあおぞらネット銀行が「新しい」インターネット銀行事業を開始 ~ブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発も視野に
そのIoTはどこにつながっているのか?-塵も積もればプライバシー 【第4回】
マイクロソフトとGEが連携拡大--産業用IoT導入加速へ
OKI、IoTやAIで店舗のデジタル変革を支援する「Enterprise DX」ソリューション
未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。