IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

Appleのスマートスピーカー「HomePod」は何が違う?
遅れたSiri搭載AIスピーカーは巻き返しを図れるか

BY

2018年1月23日(現地時間)、米Appleは同社のAIアシスタント「Siri」を搭載したスマートスピーカー「HomePod」を2月9日よりアメリカ、イギリス、オーストラリアで発売すると発表した。1月26日より予約受付を開始しており、フランス、ドイツでも今春発売予定。残念ながら、現状日本での発売時期は未定だ。

昨年6月の時点では2017年12月発売と発表されていたが、延期となっていたHomePod。発売を待ち望んでいたAppleファンも多いのではないだろうか。

ウェイクワード(スマートスピーカーを起動させるための言葉)はもちろん「Hey Siri」。最新のニュースや天気などを教えてくれる他、リマインダーを設定したりメッセージを送ったり、ハンズフリー通話、スマート家電の操作にも対応するとのこと。一般的なスマートスピーカーでできることは一通りできると思って良さそうだ。

だが、そもそもHomePodの頭脳となるSiriは、音声アシスタントとして後発のAmazon AlexaやGoogleアシスタントに一歩及ばない、と言われるようになって久しい。シェア争いが激化するスマートスピーカー市場に後れて参入する以上、既存のスマートスピーカーにはない魅力を提示できない限り、独走するAmazonはおろかGoogleやMicrosoftと並ぶことも難しいだろう。

ただでさえ、HomePodは349ドル(約3万9千円)というスマートスピーカーとしてはかなり強気な価格設定となっている。当然、他とは違う魅力を用意しているはずだ。

既存のスマートスピーカーとの違いや、日本で発売された際に既存製品と渡り合っていけるのかを見てみよう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

トイレを電池・配線レスでIoT化、スライドラッチ受け「SWITCHSTRIKE AIR」3月末に発売 元離宮二条城で試験運転も開始
BIGLOBEモバイルがIoT/M2M通信向けサービスを強化 月額400円台からの低価格プランや固定IPオプションなどを提供
住友電工とNEC、モビリティ事業で協業--自動車でのAI/IoT活用を加速
“トイレのIoT化”で混雑時の利用効率を向上--安否確認や犯罪防止にも活用
混雑トイレに新たな"IoT"、世界遺産、元離宮二条城での試験運用開始
シーメンスのIoTプラットフォームがAWS上で利用可能に | IT Leaders
Keychain、ブロックチェーンを使ったIoT認証セキュリティソフトを開発
三菱電機、低消費電力や低コストをAI技術で実現
NTT Comと成蹊大、IoTによる大学構内の環境モニタリング実証実験を開始
IoTデバイスのセキュリティ向上へ--MITが低電力暗号処理チップを開発
VMwareがIoTセキュリティで特に重視するのは自動車業界
Oracle、「Oracle IoT Cloud」の新しいインダストリー4.0機能を発表
三菱電機、AI技術で機器やエッジをスマート化
クアルコムが産業IoT向け「Wireless Edge Services」、5G NRの計画など披露
【NW未来予想図04】セルラーLPWAが急成長――2022年にはNB-IoTがシェア50%近くに
BIGLOBEモバイルがIoT向け通信サービスを強化、低容量の100MB/上り高速の300GBプラン

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。