IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.19

シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【4】
AIの力を生かせ!IoTビジネスの課題とオポチュニティ

BY

IoTプラットフォーム百花繚乱

 最新のAI技術の開発力をもち、そのつよみをビジネスに発揮するPreferred Networks(PFN)アメリカ支社のチーフ・リサーチ・オフィサー比戸将平氏による講演「AI最新動向及びIoTビジネスの課題とオポチュニティ」からの報告、第4弾。最終回のテーマは、IoTについてだ。

 IoTというと、少し前はビッグデータの活用がビジネスチャンスだと言われた。これまでは通信機能を持たなかったような「モノ」をインターネットでつなぐことができるようになると、それによって何が起こるのか。それでどうマネタイズするのか? これが、まさに多くの人の知りたいところ、「IoTビジネスの課題とオポチュニティ」だろう。

 ネットワークでつながった「モノ」を「エッジデバイス」とし、その部分で得た情報をデータベースに集積する。そのデータを解析する一方で、エッジ側にも再び何らかの制御をおこなう。そうしたIoTのための基盤、プラットフォームが今、次々と開発され、サービスとして提供され始めている。

・GE「Predix」
・Microsoft「Azure IoT Suite」
・IBM「Watson IoT」

 など、世界をざっと見渡すと、有名どころで上記を筆頭に、日本でもファナック「FIELD system」ほか、HITACHI「Lumada」など、たくさんのIoTプラットフォームが乱立している。

 今はいわばIoTプラットフォーム百花繚乱の時代。基盤がこんなにたくさんあっては、もはやすでに飽和状態ではないのだろうか。ユーザーは、どれを使えばよいのだろうか?

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

マイクロソフトは独自の「小さなチップ」で、次世代のIoT製品を守ろうとしている
「データを無理して1カ所に集めない」―Clouderaの新アプローチ、Shared Data Experienceとは?
山田祥平のニュース羅針盤 第111回 IoTの時代だから、もっと健康もつながれる
IoT端末の双方向通信サービス「Azure IoT Hub」が自動スケール
Momoなど神戸市拠点の4企業、災害時のIoT活用アライアンス発表
IoTはITとOTをつなぐ架け橋--日立の成長戦略を支える「Lumada」の強み
動画:まさに全身コンセント、手芸のIT化目指す。帝人、配線不要で通信&給電できるウェアラブル セルフォーム
工場の水処理をスマート化するAI・IoTサービス、スカイディスクと中島工業が協業
長野県小谷村、KDDIらと「人口減少社会」に向けた情報連携基盤を構築
見た目ガムっぽい“やわらかビーコン”など最新IoTデバイス発表会
東芝機械、ウイングアーク1stの可視化ツールで機械停止時間を半分以下に削減
家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。