IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.19

シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【4】
AIの力を生かせ!IoTビジネスの課題とオポチュニティ

BY

IoTプラットフォーム百花繚乱

 最新のAI技術の開発力をもち、そのつよみをビジネスに発揮するPreferred Networks(PFN)アメリカ支社のチーフ・リサーチ・オフィサー比戸将平氏による講演「AI最新動向及びIoTビジネスの課題とオポチュニティ」からの報告、第4弾。最終回のテーマは、IoTについてだ。

 IoTというと、少し前はビッグデータの活用がビジネスチャンスだと言われた。これまでは通信機能を持たなかったような「モノ」をインターネットでつなぐことができるようになると、それによって何が起こるのか。それでどうマネタイズするのか? これが、まさに多くの人の知りたいところ、「IoTビジネスの課題とオポチュニティ」だろう。

 ネットワークでつながった「モノ」を「エッジデバイス」とし、その部分で得た情報をデータベースに集積する。そのデータを解析する一方で、エッジ側にも再び何らかの制御をおこなう。そうしたIoTのための基盤、プラットフォームが今、次々と開発され、サービスとして提供され始めている。

・GE「Predix」
・Microsoft「Azure IoT Suite」
・IBM「Watson IoT」

 など、世界をざっと見渡すと、有名どころで上記を筆頭に、日本でもファナック「FIELD system」ほか、HITACHI「Lumada」など、たくさんのIoTプラットフォームが乱立している。

 今はいわばIoTプラットフォーム百花繚乱の時代。基盤がこんなにたくさんあっては、もはやすでに飽和状態ではないのだろうか。ユーザーは、どれを使えばよいのだろうか?

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT時代のセキュリティに顕在化する現状と課題
「目指すは家全体のスマート化」、“IoT建材”で凸版印刷が狙っていること
2019年のIoT支出額は世界で7450億ドルに--IDC予測
マイコンを取り巻く“東西南北”にみるIoT時代のマイコンビジネスの在り方
Keychain、ブロックチェーン技術を応用したビジネス/IoTデータセキュリティ「Keychain DPI」を提供開始
IoTで「登り窯」の伝統技術を仮想体験、NTT東らが実証実験
IoTや顔認識、ハイテクを駆使したシンガポールの学校を訪問--トイレもスマート化
NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。