IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.12.19

シリコンバレーで見たAIとIoTビジネスの未来【4】
AIの力を生かせ!IoTビジネスの課題とオポチュニティ

BY

IoTプラットフォーム百花繚乱

 最新のAI技術の開発力をもち、そのつよみをビジネスに発揮するPreferred Networks(PFN)アメリカ支社のチーフ・リサーチ・オフィサー比戸将平氏による講演「AI最新動向及びIoTビジネスの課題とオポチュニティ」からの報告、第4弾。最終回のテーマは、IoTについてだ。

 IoTというと、少し前はビッグデータの活用がビジネスチャンスだと言われた。これまでは通信機能を持たなかったような「モノ」をインターネットでつなぐことができるようになると、それによって何が起こるのか。それでどうマネタイズするのか? これが、まさに多くの人の知りたいところ、「IoTビジネスの課題とオポチュニティ」だろう。

 ネットワークでつながった「モノ」を「エッジデバイス」とし、その部分で得た情報をデータベースに集積する。そのデータを解析する一方で、エッジ側にも再び何らかの制御をおこなう。そうしたIoTのための基盤、プラットフォームが今、次々と開発され、サービスとして提供され始めている。

・GE「Predix」
・Microsoft「Azure IoT Suite」
・IBM「Watson IoT」

 など、世界をざっと見渡すと、有名どころで上記を筆頭に、日本でもファナック「FIELD system」ほか、HITACHI「Lumada」など、たくさんのIoTプラットフォームが乱立している。

 今はいわばIoTプラットフォーム百花繚乱の時代。基盤がこんなにたくさんあっては、もはやすでに飽和状態ではないのだろうか。ユーザーは、どれを使えばよいのだろうか?

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoT人気記事ランキング|コマツが「EverydayDrone」の提供を5月より開始、スマートコンストラクション新サービスなど[4/16-4/22]
Ayla Networks、IoTデバイス・サービスの開発・導入を支援するIoTコンサルティング・サービスを発表
トヨタ、KDDI、応用地質、IoTとビッグデータ分析を活用した防災・減災システムの実証実験実施で合意
設置わずか4時間、旧式の産業機械でも生産性改革ができるi Smart Technologiesのソリューション ーハノーバーメッセ2018レポート3
ハタプロ、AIロボットを搭載した自販機の実験を東京ドームシティで実施
組み合わせこそが最高の対策である
「リーダーシップ」が5年以上連続で最も改善したいスキルに――ガートナーがテクノロジ人材のスキルについて調査
バニーホップ、つなげば既存機器がIoT化する「IoTコネクター」を発売
ニッスイとNEC、AI・IoTを用いた先進的な養殖分野で共創
IoT開発者が選ぶクラウドサービス、「AWS」や「Azure」が優勢--Eclipse
予測を超えてつながるIoTセキュリティは、範囲が広く、期間が長く、参加者が多い
効率化に満たされた社会なんて、つまらない 電通デジタル「Wonderful Prototyping」がAIやIoTを活用して創り出す未来とは
KCCSモバイルエンジニアリング、Sigfox、NB-IoT、LoRaで取得したデータを収集・可視化するIoTプラットフォーム「miotinc」を開発
Armのセキュアクラウドにサイバートラストの「SIOTP認証局」が連携、国内の認証局として初
オプティムがAI活用した眼底画像の診断支援システムを開発
IoT時代に最適なログデータ管理方法とは -ウフル 竹之下氏 インタビュー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。