IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

流行語で振り返る“IoT Today的”2017年
Google検索ランキングや流行語大賞から今年のトレンドを振り返る

BY

2017年も残りわずかになり、毎年話題の「ユーキャン新語・流行語大賞2017」や2017年の「今年の漢字」も出そろった。

そしてGoogleも12月13日、2017年の検索ランキングを発表した。今年のトレンドを表す急上昇ランキングや、言葉の意味を調べる際、知りたい単語と組み合わせて利用される「とは」ランキングなど、それぞれ各1~10位までを公開している。

また、12月5日にはTwitter Japanが2017年に日本国内のツイートで最も使われたハッシュタグやアカウントのランキングなどを発表した。全体的にエンタメ色の強いランキングが発表される中、流行語や新語として選ばれた単語がどれだけツイートされているかを集計した結果も発表された。

これらの結果を照らし合わせながら、「IoT Today的」2017年のトレンドを振り返っていく。

新語・流行語大賞、「今年の漢字」まとめ

初めに、12月1日に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の結果を抑えておこう。結果は以下の通りだ。

■年間大賞
・インスタ映え
・忖度

■トップ10(50音順)
・インスタ映え
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・忖度
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・〇〇ファースト

また12月4日、三省堂が発表した「今年の新語2017」の結果は以下の通り。

画像はプレスリリースより

そして12日、日本漢字検定協会が発表した2017年「今年の漢字」は「北」だ。

この結果を踏まえた上で、Googleの検索ランキングなどを見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

MAMORIOが法人向け紛失防止IoTサービスを提供開始、貸与PCの紛失などを管理可能に
【CEATEC 2018】Society5.0---盛りだくさんの企画で来場者16万人を目指す
Mirrorが2,500万米ドルを調達、1,495米ドルのIoTミラーをローンチ——自宅で受講できるバーチャルフィットネスクラスを提供
現場革新に主眼を置くオムロンが綾部工場で実践する「高度1~10m」の取り組み
デルタ電子からエネルギーを見える化するマートホーム・マネジメントシステム--自動制御や遠隔制御も
IoTで乳幼児の突然死対策、ソフトバンクグループのhugmoが保育士の負担軽減サービス
AI/IoT時代に「オントロジー」が注目される理由──JDMC理事 北澤氏に聞く
KDDIやNRIなど、会津若松市で5Gやドローンを活用した「日本酒造り」の実証事業を開始 | IT Leaders
【後編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
日立グループとタイ・サイアムセメントグループがIoTを活用し協創 | IT Leaders
GMOクラウドと双日、コネクテッドカー関連事業の推進で業務提携
映像IoTを支えるネットワーク構築のポイント「エッジで映像は捨てる」
【前編】”製造業特化型”×”高速クラウド”のIoT基盤「FA Cloud」が始動、その全容と3社共同開発の狙いとは —FAプロダクツ、MODE、神戸デジタル・ラボ
サイアムセメントグループと日立がIoTを活用し、 工場のエネルギー省力化や流通業務の効率化に向けた協創を開始
ドローンと5Gを活用した「日本酒造り」、KDDIらが実証実験
データ流通の実現が事業発展のカギ ―データ流通推進協議会 理事 杉山氏インタビュー

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。