IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

流行語で振り返る“IoT Today的”2017年
Google検索ランキングや流行語大賞から今年のトレンドを振り返る

BY

2017年も残りわずかになり、毎年話題の「ユーキャン新語・流行語大賞2017」や2017年の「今年の漢字」も出そろった。

そしてGoogleも12月13日、2017年の検索ランキングを発表した。今年のトレンドを表す急上昇ランキングや、言葉の意味を調べる際、知りたい単語と組み合わせて利用される「とは」ランキングなど、それぞれ各1~10位までを公開している。

また、12月5日にはTwitter Japanが2017年に日本国内のツイートで最も使われたハッシュタグやアカウントのランキングなどを発表した。全体的にエンタメ色の強いランキングが発表される中、流行語や新語として選ばれた単語がどれだけツイートされているかを集計した結果も発表された。

これらの結果を照らし合わせながら、「IoT Today的」2017年のトレンドを振り返っていく。

新語・流行語大賞、「今年の漢字」まとめ

初めに、12月1日に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の結果を抑えておこう。結果は以下の通りだ。

■年間大賞
・インスタ映え
・忖度

■トップ10(50音順)
・インスタ映え
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・忖度
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・〇〇ファースト

また12月4日、三省堂が発表した「今年の新語2017」の結果は以下の通り。

画像はプレスリリースより

そして12日、日本漢字検定協会が発表した2017年「今年の漢字」は「北」だ。

この結果を踏まえた上で、Googleの検索ランキングなどを見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

家中の家電をIoTで操作! パナソニックのスマートHEMSは何ができるようになった?
セキュアIoT特集とは何か
ウェアラブルIoTのデータ収集から解析までワンストップで提供
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第3回 IoT/5G時代の自動運転で新たな車載半導体の始動
月額12円からのセキュアIoT通信SIM、さくらインターネットが提供
スカイディスク、設備機器のAI異常診断学習モデルをAPIで提供開始
CES2018で感じた、コンシューマー向けIoTの課題と5Gへの期待
アプトポッド、自動車の研究開発向けIoTクラウドサービスパッケージ 「Visual M2M Automotive Pro」をリリース
小谷村、IoTを活用して健康情報共有(ニュース)
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第2回 中国がIoT/5Gで世界を制覇する可能性
[ケータイ Watch.biz] さくらインターネット、月額12円のIoT向けSIM
【CES 2018】 「スマートディスプレイ」などIoT向け技術をアピールするクアルコム
IoT人気記事ランキング|CES2018レポートなど[1/8-1/14]
産業分野のディープラーニング活用を推進するAIカードを発売 - PFU
5G/IoTは半導体/自動車業界に何をもたらすのか? 第1回 IoTによる経済価値創出のための5G開発
不在時の宅配物を守るIoTロックシステム ーCES2018レポート14

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。