IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

流行語で振り返る“IoT Today的”2017年
Google検索ランキングや流行語大賞から今年のトレンドを振り返る

BY

2017年も残りわずかになり、毎年話題の「ユーキャン新語・流行語大賞2017」や2017年の「今年の漢字」も出そろった。

そしてGoogleも12月13日、2017年の検索ランキングを発表した。今年のトレンドを表す急上昇ランキングや、言葉の意味を調べる際、知りたい単語と組み合わせて利用される「とは」ランキングなど、それぞれ各1~10位までを公開している。

また、12月5日にはTwitter Japanが2017年に日本国内のツイートで最も使われたハッシュタグやアカウントのランキングなどを発表した。全体的にエンタメ色の強いランキングが発表される中、流行語や新語として選ばれた単語がどれだけツイートされているかを集計した結果も発表された。

これらの結果を照らし合わせながら、「IoT Today的」2017年のトレンドを振り返っていく。

新語・流行語大賞、「今年の漢字」まとめ

初めに、12月1日に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の結果を抑えておこう。結果は以下の通りだ。

■年間大賞
・インスタ映え
・忖度

■トップ10(50音順)
・インスタ映え
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・忖度
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・〇〇ファースト

また12月4日、三省堂が発表した「今年の新語2017」の結果は以下の通り。

画像はプレスリリースより

そして12日、日本漢字検定協会が発表した2017年「今年の漢字」は「北」だ。

この結果を踏まえた上で、Googleの検索ランキングなどを見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

カメラセンサーを使ったIoTパーキングシェア ソフトバンクが10月下旬から開始
GMOあおぞらネット銀行が「新しい」インターネット銀行事業を開始 ~ブロックチェーン技術を活用した新決済方式の開発も視野に
そのIoTはどこにつながっているのか?-塵も積もればプライバシー 【第4回】
マイクロソフトとGEが連携拡大--産業用IoT導入加速へ
OKI、IoTやAIで店舗のデジタル変革を支援する「Enterprise DX」ソリューション
未来の家はこうなる?「IoTスマートホーム」の快適さを横浜の実証実験で体感してきた!
三菱重工航空エンジン、IoTデータアナリティクスプラットフォームを導入
スマホでIoTプログラミング/電子工作ができる小型開発ボード「Obniz」
富士山がIoTだらけに。登山ルートの気温・混雑度もウェブで一目瞭然
NTTドコモらによる「未来の家プロジェクト」を体験--生活に気づきを与えるIoT機器20個を導入
農業向けIoTソリューション「e-kakashi」で、AIを活用した栽培支援アプリなどを提供
スターツアメニティーとソフトバンク、 IoTを活用したパーキングシェアリング事業で提携
シーカンスとNTTドコモ、日本におけるNB-IoT技術の普及促進で提携
東北電力、AI/IoT/ロボットなど活用する「スマートプロジェクト」
沖縄県でAI運行バスなどの実証実験、NTTドコモが実施へ
次世代「5G」の時代に必要なマルウェアへの警戒

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。