IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

流行語で振り返る“IoT Today的”2017年
Google検索ランキングや流行語大賞から今年のトレンドを振り返る

BY

2017年も残りわずかになり、毎年話題の「ユーキャン新語・流行語大賞2017」や2017年の「今年の漢字」も出そろった。

そしてGoogleも12月13日、2017年の検索ランキングを発表した。今年のトレンドを表す急上昇ランキングや、言葉の意味を調べる際、知りたい単語と組み合わせて利用される「とは」ランキングなど、それぞれ各1~10位までを公開している。

また、12月5日にはTwitter Japanが2017年に日本国内のツイートで最も使われたハッシュタグやアカウントのランキングなどを発表した。全体的にエンタメ色の強いランキングが発表される中、流行語や新語として選ばれた単語がどれだけツイートされているかを集計した結果も発表された。

これらの結果を照らし合わせながら、「IoT Today的」2017年のトレンドを振り返っていく。

新語・流行語大賞、「今年の漢字」まとめ

初めに、12月1日に発表された「2017ユーキャン新語・流行語大賞」の結果を抑えておこう。結果は以下の通りだ。

■年間大賞
・インスタ映え
・忖度

■トップ10(50音順)
・インスタ映え
・35億
・Jアラート
・睡眠負債
・忖度
・ひふみん
・フェイクニュース
・プレミアムフライデー
・魔の2回生
・〇〇ファースト

また12月4日、三省堂が発表した「今年の新語2017」の結果は以下の通り。

画像はプレスリリースより

そして12日、日本漢字検定協会が発表した2017年「今年の漢字」は「北」だ。

この結果を踏まえた上で、Googleの検索ランキングなどを見ていこう。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

広島県、AI・IoTの実証プラットフォームを構築へ--ソフトバンクやNTT西日本らが協力
IoTエッジ装置「AI BOX」で「Azure IoT Edge」を活用、クラウディアンが検証 | IT Leaders
IoT用OS「Android Things」とスマートディスプレイに隠されたグーグルの狙い
オプティム、佐賀県でドローン×AIによる減農薬米栽培を実施
みずほFG・富士通など、スマートスタジアム構想におけるIoT決済の実証実験
「Build 2018」で見せたマイクロソフトの思惑
広島県、AI/IoTを活用したソリューションを創り出す実証実験の場を提供
エッジAIで実現する未来、ソシオネクストが提案
FIDO準拠でセキュアな"カンタンログイン"を実現。ソフト技研のセキュリティソリューション - 2018 Japan IT Week春より
CDNで遅延1秒以下の動画配信を全世界で実現--ライムライト・ネットワークス
中部電力など、AIやIoT利用のGPSによる子供見守りサービス
パートナーを重視するArmのIoT戦略、日本市場に期待
韓国電力公社(KEPCO)の「ビハインド・ザ・メーター」プロジェクト、ArmのIoTソリューションを採用
“100通りの課題に100通りの使い方”名刺サイズのIoTを提案するビッグローブ - 2018 Japan IT Week 春より
東電とインフォメティス、電力×機器分離技術によるIoTプラットフォーム事業を本格展開
養殖エビを救え!IIJがタイで水質モニタリングを実証実験

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。