IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.10.30

「xR技術」がビジネス領域へと浸透していく
VR/AR/MRのビジネス応用事例とは

BY

xR時代のマーケティングを先駆ける

IoT/AI/VR分野のプロトタイプ開発を行なう1→10driveとデジタルマーケティングを提供するオプトが共同で実施しているプロジェクト「drop: Phygital Marketing Lab」は、VR・ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画」、「drop:AR」をハコスコ、スターティアラボと共同で開発した。

このプラットフォームでは、VR動画やAR素材の制作・配信だけでなく、ユーザーのVR・AR内での行動を可視化し、マーケティングデータとして活用していくことが可能。具体的には、コンテンツ内のユーザー行動をインターネット外の外部データと統合することで、セグメントに合わせた広告配信やリテンション施策(ユーザーに継続利用を促す施策)を行なえるようになる。

今後、AR/VRコンテンツが一般的に流通するようになると、従来の動画のようにコンテンツからの広告誘導が求められるようになっていくだろう。そうした場面で、本プラットフォームは有効に働きそうだ。

Webや動画の次に来るメディアを実現するものとして、様々な分野から関心を集めるxR技術。消費者の行動が「モノの消費」から「コトの消費」へと移り変わってきている現在、目新しい体験は人を集める手法として、ビジネス領域での応用が期待される。

これらの技術を使ったコンテンツを街中で当たり前のように目にする日も、そう遠くはないのかもしれない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

TED、長距離Bluetooth通信、複数BLEデバイス同時接続を実現する「Cassia BLTキット for Azure」を販売開始
ぷらっとホームのIoTゲートウェイ「OpenBlocks IoT VX2」、Azure IoT Edgeデバイス認証を取得
独自のLPWA通信規格、ソニーが世界普及目指す
オフィスでIoTセンサーを活用するソフト、アステリアがセンサー込みで提供 | IT Leaders
IPアドレスを使わずセキュアなIoT通信を実現する「NIDD」、ソフトバンクが試験サービス提供へ
Ayla NetworksとTata Elxsi、CSPを支援するパートナーシップを締結
ケイ・オプティコムら、長野県大町市でIoT活用の児童見守りサービス
フォルクスワーゲン、コネクテッドカーのインフラにMicrosoft Azureを採用
Agx、スマホ不要・マルチデバイス対応BLEルータ「Cassia Networks E1000/X1000」向けIoTクラウドに「ThingScale」を採用
KCMEのIoTプラットフォーム「miotinc」、デバイス管理などの新機能提供開始
カリフォルニア州でIoTセキュリティ法--米国初
ソフトバンクがIoT向け新技術「NIDD」――IPアドレスを使わず通信
IoT投資にフォーカスすべき理由--2019年のIT予算計画で考える5つのシナリオ
アマゾンWS協力、浜松市のモノづくりハッカソン「浜松ライフスタイルHack」11月開催
多地点のIoTゲートウェイを一括管理、「OpenBlocks IoT Family」で「AirManage 2」が標準で利用可能に
ケイ・オプティコム、ワンストップIoTソリューションの本格提供を開始

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。