IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.22

ロボットが人間を超える“目”を持つ日
東京電機大学が開発を進めるコンピュータビジョン技術

BY

人間以上の精度を持つ“コンピュータの目”

IoT、AI、ロボット。最近これらのキーワードを耳にすることが多くないだろうか? 関連分野では世界中の研究者・技術者がしのぎを削り、日夜研究を重ねている。

7月20日に行われた、ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」の基調講演では、アメリカのロボット企業、ボストン・ダイナミクスが登壇。そこで、アーム付き4足歩行ロボット「Spot Mini(スポットミニ)」が登場し、会場を大いに沸かせた。

デモンストレーションでは、Spot Miniが自ら物体を手にし、移動して側にいる人物に渡してみせた。段差などの障害物を器用に避けていく様子は、まるで本物の生き物かのように見える。

CEOのMarc Raibert氏いわく、「Spot Miniは、視覚から得た情報をもとに、周囲の障害物と衝突しないように判断しながら歩いている」という。ロボットの目、すなわち“コンピュータビジョン(CV)”は、着実に生物の目に近づいてきているのだ。CVの発達が、今後のロボットの未来を大きく左右するだろうことを想像させてくれるようだった。

CVの研究は、教育の現場にも大きな影響を与えている。ロボット工学を学べる大学は国内でも年々増加し、中には大きな功績を挙げた研究室もある。東京電機大学もその一つだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ
AWS re:Invent 2017 MLとIoTの発表: Amazon SageMaker, AWS DeepLens, IoT Device Manager
IoT人気記事ランキング|国際ロボット展レポート、スマートウォッチwena wristの新モデル発売など[12/4-12/10]
ウフル八子知礼氏に聞く、ものづくり企業が「IoTプラットフォーム」を構築すべき理由
グラモ、スマートスピーカーと連携、IoTスマートホーム自動制御システムを開発

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。