IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.22

ロボットが人間を超える“目”を持つ日
東京電機大学が開発を進めるコンピュータビジョン技術

BY

人間以上の精度を持つ“コンピュータの目”

IoT、AI、ロボット。最近これらのキーワードを耳にすることが多くないだろうか? 関連分野では世界中の研究者・技術者がしのぎを削り、日夜研究を重ねている。

7月20日に行われた、ソフトバンクの法人向けイベント「ソフトバンクワールド2017」の基調講演では、アメリカのロボット企業、ボストン・ダイナミクスが登壇。そこで、アーム付き4足歩行ロボット「Spot Mini(スポットミニ)」が登場し、会場を大いに沸かせた。

デモンストレーションでは、Spot Miniが自ら物体を手にし、移動して側にいる人物に渡してみせた。段差などの障害物を器用に避けていく様子は、まるで本物の生き物かのように見える。

CEOのMarc Raibert氏いわく、「Spot Miniは、視覚から得た情報をもとに、周囲の障害物と衝突しないように判断しながら歩いている」という。ロボットの目、すなわち“コンピュータビジョン(CV)”は、着実に生物の目に近づいてきているのだ。CVの発達が、今後のロボットの未来を大きく左右するだろうことを想像させてくれるようだった。

CVの研究は、教育の現場にも大きな影響を与えている。ロボット工学を学べる大学は国内でも年々増加し、中には大きな功績を挙げた研究室もある。東京電機大学もその一つだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

NTTデータ、IoTエッジでリアルタイムにデータを収集・解析するシステム構築サービスを提供 | IT Leaders
ノキア、複数のIoTパッケージをローンチ--企業によるIoTサービスの構築を容易に
エッジコンピューティングが興隆する2019年
気温や人の接近が分かり、他機器の電源をリモート制御可能――IoTセンサー2種をプラネックスが発売
「IoT-PLC」の普及元年に――高速電力線通信の“第4世代”が登場
コーヒーはIoTと自動化でどこまで変われるか--新形態のコーヒーショップを訪ねて
国のIoT機器調査「NOTICE」が20日から実施、その前にやっておきたい自宅のセキュリティチェック【イニシャルB】
加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。