IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.19

カネの匂いがするIoTとは?
ビジネス成功の鍵は「見える化」の向こう側

BY

見える化の「次」こそが売上に直結する

「見える化」という言葉は一世を風靡したし、今でも重要なキーワードになっている。主に組織の中で、作業状況を上手に共有することで問題発見、業務の効率化、改善に役立てていくための概念だ。IoT技術が進んだことによって、これまで専用センサーが存在せずに見える化が進んでいなかったモノも次々に見える化できるようになっている。

しかし、見える化だけでは納得されない時代になりつつある。何となく現状を捉えられるし業務改善が期待できる、というだけでは顧客からは「金の匂い」がしないと判断され、見放されてしまうのだ。

建設機械などのコマツでは土木作業をデジタル化する「スマートコンストラクション」を2015年に導入している。測量時点で3Dスキャナーやドローンを使って対象の土地をデジタル化し、建築機械の必要数や日程を最適化、さらに余計に土を掘り起こし過ぎないといった細かな過程まで制御できるようになっているのだ。

全体的な情報をクラウドで管理し、それぞれの機械のセンサーと情報をやり取りした結果を、工期の最適化にまで結びつけている。これによって、ただ情報を取得するだけではなくコストを最適化するところまでをシステム化し、大きな売上に結びつけることができた。

見える化した情報を、目的を持って管理・利用するという「次」のステップへの道筋を描き、実行できたことが、結果に結び付いたと言えるだろう。

エモーショナルな体験や共感の提供が新たな価値を生む

モノのデータを見てコストや効率化の改善を図る以外に、IoTがもたらし、お金に結びついていくものがあるという。鈴木氏によれば、それは「今までになかった新しい体験や喜び」だと語る。

例として挙げられたのが、東京ディズニーランドのエレクトリカルパレード。パレードを見ているゲストそれぞれの持つライトが、音楽に合わせて一斉に同じ光り方をしていたというのだ。2015年ごろには「マジカルドリームライト」として、2,500円で販売されていたもの。普通のライトは1,500円だというので、この1,000円の差は何なのだろうか。

鈴木氏は語る。

「仕事が終わったあと一人でディズニーランドに行って試してみたんです。パレードの山車(だし)と手元のハンドライトが同期して光るんですね。これはテンションが上がってしまう面白い体験でした。普通のライトとの差額は『エクスペリエンス』(経験)ですよ!」

実際、こうしたライトは昨今テーマパークやライブイベントでよく用いられている。主催者側がライトの色や光り方を一元管理することで、参加者の一体感やイベントの満足度を高める仕組みになっている。

マジカルドリームライトは、感動を呼ぶことでモノの値段を上げられる、という1つの好例といえるだろう。感情を揺さぶる「エモい」体験は、IoTをビジネスに結びつける大きなチャンスなのだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

イントラマート、デジタル技術で顧客のDXを支援するソリューションサービス「intra-mart BIORA」
製造部品大手のTHK、NTTドコモ、シスコと予兆検知のIoTサービス提供へ | IT Leaders
「CEATEC JAPAN 2018」レポート。NEXCO東日本が初出展、ICTを活用したメンテナンスを紹介
<山のIoT>LPWAをキラー技術に、人・動物の測位から防災まで
衣類を自動で折りたたむタンス「INDONE」プロトタイプを発表
LED照明市場の変化に合わせてモノづくり革新を推進するパナソニック 新潟工場
ソラコム、「AWS IoT 1-Click」対応のセルラー通信内蔵ボタン「SORACOM LTE-M Button」を発売
7種のセンサーとバッテリー搭載、京セラからLPWA対応のIoTユニット
Pelionでx86も管理できる、IntelとArmがIoTで提携
JUKIと日立、IoTを活用したプリント基板生産ラインの最適化で協業
ESRIジャパン、位置情報をマップ上で可視化・分析できる「ArcGIS Online」が「SORACOM Funnel」と連携
簡単に自宅をスマートホーム化するIoT製品&スマホアプリ「alyssa.play」
生体IoTが高齢化救う!インプラント型無線センサーで新時代到来
ArmのIoTプラットフォーム「Pelion」のエコシステムにインテルやArduinoが参加
載せるだけで重量を計測するIoTデバイス「スマートマット」
IoTやAIを活用したデジタル変革に「答えを出すための投資」を、テラデータ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。