IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.19

カネの匂いがするIoTとは?
ビジネス成功の鍵は「見える化」の向こう側

BY

クラウドファンディングの成功事例、IoTによるスポーツ技術向上のソリューション

また、近頃は野球やサッカーのボールにセンサーを埋め込むことで、より正確なスポーツデータを取得できるようなソリューションもできている。

クラウドファンディングでの支援も成功している「スマート野球ボール」(https://www.makuake.com/project/strike/)では、ボールの3次元軌道、回転数、回転軸、スピード、ストライクゾーンへ入ったか、など様々な情報が正確に取得できる。投球記録はクラウドに保存されアプリで確認可能だ。

ストライクゾーンにボールを投げられる割合が日々向上するのも「見える化」されるため、練習の結果技術が向上していることを体感だけでなく数値の裏付けを含めて実感できる。

見える化と、競技者にとっての感動を合わせた製品。クラウドファンディングで支援目標額の3倍をクリアしたのもうなずける。
具体的なメリットの可視化や新たな価値の創出がIoTビジネス成功の鍵

IoTがビジネスになるかどうか。以上の事例からポイントは2つに絞れそうだ。

・「見える化」の先にあるコストダウン、売上げアップなどの具体的なメリットまで用意すること
・感動するレベルの新しい体験を利用者に提供すること

業務寄りのIoTでは、見える化はコストダウンのための手段でなければならない。目的であってはいけないのだ。IoTによってデータ収集は容易になった。それをいかに活用するか。その視点があって初めてIoTがお金を生むことになるだろう。

感動を呼ぶIoTでは様々な感情の揺さぶり方を考えなければならない。データを送受信し蓄積できた後に何を感動に結びつけるか。この手腕が製品開発者には問われそうだ。

「見える化」した次のステップを提示できるかどうか。ここがIoTのビジネス化の鍵となりそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTのマシンデータも取り込む--Splunkのプラットフォーム展開
IoT市場の急成長で熱視線--注目すべきエッジコンピューティング企業10社
オールジャパンで船舶IoT――NTTがエッジコンピューティングで参画
オプティム、カメラ画像解析サービス「OPTiM AI Camera」と定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を提供
思った以上に大変? IoTで集めたデータとクラウドの橋渡しに取り組む京セラ
シンプル・堅牢なエッジで日本のインダストリアルIoTを加速、日本ストラタステクノロジー
箱根湯本の老舗「ホテル おかだ」に聞く 旅館業×IoTのカギは現場にあり
Bluetoothで個人情報がバレる危険性
「見える化」のさらに先へ――SASが提案するIoT時代のデータ駆動型企業とは
IoT機器とセコム駆けつけを1つに、ソニーが月額制スマートホームサービス
KDDI、キッザニアで5G/IoTが普及した未来の職業体験を提供
IoTハッキングの危険な実情を実例から解説~SIOTPスキルアップセミナー第1回から~
チャットワークがIFTTTに対応し、600以上のサービスと連携へ
Azure MLに「自動化された機械学習」が登場
スプレッドとNTT西日本、AIやIoTを用いた共同実験を植物工場で実施
なぜPoCは失敗するのか? 「つながる町工場」3社の事例にみる成功の条件

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。