IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.09.19

カネの匂いがするIoTとは?
ビジネス成功の鍵は「見える化」の向こう側

BY

クラウドファンディングの成功事例、IoTによるスポーツ技術向上のソリューション

また、近頃は野球やサッカーのボールにセンサーを埋め込むことで、より正確なスポーツデータを取得できるようなソリューションもできている。

クラウドファンディングでの支援も成功している「スマート野球ボール」(https://www.makuake.com/project/strike/)では、ボールの3次元軌道、回転数、回転軸、スピード、ストライクゾーンへ入ったか、など様々な情報が正確に取得できる。投球記録はクラウドに保存されアプリで確認可能だ。

ストライクゾーンにボールを投げられる割合が日々向上するのも「見える化」されるため、練習の結果技術が向上していることを体感だけでなく数値の裏付けを含めて実感できる。

見える化と、競技者にとっての感動を合わせた製品。クラウドファンディングで支援目標額の3倍をクリアしたのもうなずける。
具体的なメリットの可視化や新たな価値の創出がIoTビジネス成功の鍵

IoTがビジネスになるかどうか。以上の事例からポイントは2つに絞れそうだ。

・「見える化」の先にあるコストダウン、売上げアップなどの具体的なメリットまで用意すること
・感動するレベルの新しい体験を利用者に提供すること

業務寄りのIoTでは、見える化はコストダウンのための手段でなければならない。目的であってはいけないのだ。IoTによってデータ収集は容易になった。それをいかに活用するか。その視点があって初めてIoTがお金を生むことになるだろう。

感動を呼ぶIoTでは様々な感情の揺さぶり方を考えなければならない。データを送受信し蓄積できた後に何を感動に結びつけるか。この手腕が製品開発者には問われそうだ。

「見える化」した次のステップを提示できるかどうか。ここがIoTのビジネス化の鍵となりそうだ。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ボッシュがコネクトカー向け統合IoTプラットフォーム、クラウド経由で事故データ送信…CES 2019で発表へ
日本版GPS“みちびき”が本格始動したら位置情報取得はどう変わる?――2018年AI IoT系記事閲覧数ランキング
アマゾンやグーグルがクラウドで使うバックアップ術、「オンプレで」使えないのか?
2019年、エンタープライズIT界隈のキーワードはこれだ
好みのビールを最適なタイミングで届けてくれるIoT冷蔵庫
1500万円! 金属3Dプリンター出力でセンサー内蔵IoTロードバイク「ORBITREC」
IoTスキー板「SKI-1」、レース配信を可視化する「ZECH-1」~CerevoがCESで発表
自宅の家電をスマート化。Amazonランキング大賞2018にみる、最も売れたAlexa対応スマートホームデバイスTOP10
クラウドで爆速開発・機械学習・IoTとAI融合など2019年も注目の技術10大講座まとめ、動画でサクッと学ぶUdemy新春キャンペーンが1月11日17時まで1200円~
IoTのセキュリティ実装の誤りで2年間に90億円の損失事例も--デジサート調査
物流の「ラストマイル戦争」が加速、VWが新しい電動自転車を投入するワケ
日本ハム、「スマート養豚」を開始--豚の健康や発情兆候をAIで判定
ロードバイクの盗難対策デバイスをSigfoxで実現、IoTで愛車を守る「AlterLock」発売【地図と位置情報】
LPWA対応デバイスに関心集まる!――第5回 IoT/AIビジネスカンファレンス 展示レポート
IoT/AI関連半導体市場、2025年に約51兆円
外出先から部屋の戸締まりを確認、賃貸・一人暮らし向けセキュリティシステムに新モデル

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。