IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.08.22

AIは人間の仕事を奪うのか? 歴史が示す意外な事実
IoT時代、<プロフェッショナルな仕事>が変わる(上)

BY

 イノベーションにより人間の仕事がなくなるという指摘は、実は最近に始まったことではない。

 AIやIoTという言葉が広く世の中に出ていなかった2011年には、MITスローン・スクールの経済学教授エリック・ブリニョルフソンらが著書『機械との競争』(原題は『Race Against The Machine』。日本語版:村井章子訳 日経BP社 2013年)の中で「ICTの発達は、きわめて高いスキルをもつトップ1%のスーパースターと資本家に大きな利益を与える一方で、中間層の人々から仕事を奪い、失業を増加させ、収入を減らしている」と警鐘を鳴らした。

 また、2014年、オックスフォード大学のAI研究者マイケル・A・オズボーン准教授とカール・ベネディクト・フライ研究員が発表した有名な研究がある。

『雇用の未来 コンピュータ化によって仕事は失われるのか』(原題は『THE FUTURE OF EMPLOYMENT:HOW SUSCEPTIBLE ARE JOBS TO COMPUTERISATION? 』)では米国労働省が定めた702の仕事(職業)一つひとつが何%の確率でAIロボットに取って代わられるのかを調べ、今後10〜20年程度で米国の雇用者の約47%の仕事が消滅するリスクが高い、と主張した。

表の中で左側が90%以上の確率でなくなる仕事、右側が逆に90%以上の確率で残る仕事。
拡大画像表示

 人間にしかできない新しい発想や価値を生む以外の仕事は「シンギュラリティ」(Singularity: AIが人間の知性を超える技術的特異点。2045年頃と推察される)を迎える前に消滅してしまう可能性が高い、という考え方には一応の説得力がある。

 残る方に分類されている仕事でも、例えば教師という仕事が「学びのパーソナル化」が進むことにより、「クラスで学科を教えること」から「生徒個々人の成長をサポートするファシリテーター」へと変わるようなイメージで、その仕事の質や内容ががらりと変わってしまう可能性も出てくるだろう。

【参考】IoTでお客様のエクスペリエンスが変わる6つの事例(http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/47632

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

今なお人気の「Arduino」、IoT時代の到来で
ソニー、低消費電力IoT向けスマートセンシングプロセッサ搭載ボードを商品化
農業や漁業といった一次産業から建設現場まで。幅広い分野でのIoT利活用を提案するNTTドコモ - 2018 Japan IT Week 春より
顧客に寄り添い、価値あるIoTの実現へ貢献するTED
スマホに子供の位置情報など通知するサービス
RPA/AIに熱視線--熱い商談が繰り広げられた「2018 Japan IT Week 春」
IoTによるO&Mの高度化、「顧客以上に顧客を知る」価値をどう還元すべきか
サイシードとStroboが提携 - AIチャットで賃貸管理のスマート化目指す
レベル4〜5の自動運転車向け、“A4サイズ”の開発基板
IoTとAI、LPWAを活用した「エビをタイで作る」プロジェクト、IIJが実証実験を開始
成功するIoTとは--ロールス・ロイスのやり方
IoT人気記事ランキング|レノボ・ジャパン留目氏インタビュー、ハノーバメッセ2018でメーカーがAzure Sphereに注目すべき理由など[5/7-5/13]
IoTでの使いやすさを追求、組み込みプラットフォーム
NECが進める"IoT"と"デジタルトランスフォーメーション" - 2018 Japan IT Week 春より
日本企業が総力戦で開発 「製造業向け“エッジ”技術」は世界に羽ばたくか
ソフトバンクとAI関連技術開発のカタリナが業務提携

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。