IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.07.25

グローバルニッチに活路を見出すCerevoの生存戦略
innovators 情熱のカラクリ 第8回:Cerevo 岩佐琢磨氏

BY

Cerevoの代表取締役・岩佐琢磨氏

0→1、無から有を生み出すCerevoの題材選び

さまざまなテクノロジーが、少しずつ身近になりつつある今、独自性の強い製品を多く生み出すIoT家電メーカー・Cerevoが躍進を続けている。Cerevoは、自社ブランドでのコネクテッド・ハードウェアの企画、開発、販売を中心に事業展開しているベンチャー企業だ。

「僕らは、基本的に他社ではやっていないものを作っているので、Cerevoの製品を購入したユーザーさんからは、まず『なんだこれは……』という反応が返ってくることが多いですね。実際に使い始めると『これが欲しかったんだよ!』という部分にハマって、同じシリーズの後続機を買っていただくこともあります」

そう語るのは、Cerevoの代表取締役・岩佐琢磨氏。2008年の設立以来、センサーを搭載したスマートフォン連携型スマート・スノーボード・バインディング「SNOW-1」や、シェイクしなければ止まらないスマートフォン連携アラームなど、まさに、これまでになかった製品を次々に発表している。

「“基本の技術を使って、0→1を生み出すこと”が、僕らの題材選びの軸になっています。そのため、既存の製品ジャンルにはこだわっていません。プロフェッショナル用のAV機器を作っているとか思えば、突然玩具を作ってみたりと、節操なくジャンルがコロコロ変わるのもCerevoの特徴ですね」

大きな家電メーカーであれば、商品ごとに大規模な部署を設けて多ジャンルの製品を開発する。その一方で、小さな会社はマーケティングチャンネルを有効に活用するために、ジャンルを広げないのが一般的だという。そのため、Cerevoの企業規模で製品ジャンルを絞らずに事業展開する企業は珍しいのだとか。

「最近でこそ徐々にネットとつながるものが増えてはいますが、スマートホーム関連はまだ0→1が生まれるジャンルです。家電をはじめ、みなさんの身の回りのものは、ほとんどネットワークにつながっていないので、それらを順番につなげていくだけで0→1になるはず。極論をいえば、僕らが机を作る可能性もあります」

「1つの製品を多方面にスケールしていくのではなく、ジャンルを増やして横にスケールしていくのがCerevoのアプローチ」と、語る岩佐氏。ジャンルにこだわらない姿勢こそが、彼らが無から有を生み出しつづける秘訣なのかもしれない。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

IoTやAIに活用できるオープンプラットフォーム「ABEJA Platform」、β版提供開始
IoT人気記事ランキング|「コネクティッドホーム アライアンス」設立、オムロンと日建設計、人の数を高精度に検出するサーモパイル型人感センサーを開発、東京電機大学へ1,000台納入など[9/13-9/19]
海運をIoTで安全・効率的に、船舶IoTプラットフォームの共同実験開始
Preferred Networks、ディープラーニング用に4.7PFLOPSのスーパーコンピュータを構築 | IT Leaders
IoT分野のブロックチェーン利用を促進する「Trusted IoT Alliance」設立
ソフトバンク、IoT向けにeSIMプラットフォームの運用開始
日本IBMなど、徳島県でLPWAを活用したガスのIoTサービス事業の実証
日立、データ活用やIoTを推進する新会社「Hitachi Vantara」を米国で設立
東芝情報システム、既存回線を用いる低コストなIoT接続基盤ソフトを発売
日本のガラパゴス化に「待った」 - コネクティッドホーム アライアンスの描く、IoTデバイスのある暮らし
東芝情報システム、ファイアウォールの内側にあるIoT機器を遠隔で制御/可視化するソフト | IT Leaders
シェアバイク大手の中国Ofo、NB-IoT採用スマートロックを展開へ
コンタクトセンターを数分で立ち上げ可能―AWSが「Amazon Connect」を説明 | IT Leaders
発情期や疾病リスクを検知、「牛のウェアラブル」開発に立ちふさがった壁とは
いまさら聞けないLoRaWAN入門
GEのモデル工場、Brilliant Factoryを現地で見てきた

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。