IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

テクノロジー
2017.06.20

明日の生産計画は設備の稼働状況データから
実践!IoTを使った現場改善(5)

BY

生産設備の稼働状況を把握することで、工場全体の能力を定量的に把握でき、工場運営に対する重要な情報を提供できるようになる(写真はイメージ)

 IoTによる生産革新は、決して先進的な大企業ばかりが恩恵を得られるわけではない。むしろ限られた人材や設備でものづくりを行っている多くの中小企業にこそ大きな可能性をもたらすものである。

 日本能率協会コンサルティング(JMAC)では、IoTデバイスを使いこなす強い現場づくりを目指すために「現場IoT7つ道具」を提唱している。

 現場IoT7つ道具とは、現場の見える化の対象を「位置(Location)」「作業(Operation)」「場面(Situation)」「稼動(Availability)」「数量(Count)」「品質(Quality)」「危険(Hazard)」の7つとし、これらの対象をセンシングし、データとして蓄積、解析することで次の生産活動につなげる手法である。

 第5回目は、この中から「IoA(稼働)」についての考え方と取り組み事例を紹介する。

◎連載「実践!IoTを使った現場改善」(バックナンバー)
(第1回)製造現場にIoT、一体何ができるようになるのか
(第2回)縦横無尽に動く工場のフォークリフトを追跡せよ(IoL/位置)
(第3回)工場従業員の作業実態をセンサーで把握する(IoO/作業)
(第4回)生産現場の不良や故障、その瞬間を捉えて対策を(IoS/場面)

設備や機器の稼働実績を把握する

 設備が実際に加工している時間、アイドリング時間、停止時間を定量化する仕組みは、すでに多くの加工設備に標準的に備わっている機能である。従来は、こうした設備のログデータは記録されているもののその後のデータ処理技術が追いつかず、もてあましていた職場が多いのではないだろうか。

 だが昨今はビッグデータの蓄積と処理スピードが格段に進化しているため、このような大量データの活用が十分な実用レベルになってきた。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

AWS re:Invent 2017 MLとIoTの発表: Amazon SageMaker, AWS DeepLens, IoT Device Manager
IoT人気記事ランキング|国際ロボット展レポート、スマートウォッチwena wristの新モデル発売など[12/4-12/10]
ウフル八子知礼氏に聞く、ものづくり企業が「IoTプラットフォーム」を構築すべき理由
グラモ、スマートスピーカーと連携、IoTスマートホーム自動制御システムを開発
路線バスの危険運転を顔認識で防ぐ、KDDI開発のIoTソリューション
[12/19] IoTパートナーコミュニティフォーラム 2017 虎ノ門ヒルズにて開催[PR]
NEC、IoTプラットフォーム「Predix」を活用した肥料プラントの運転・保全最適化システムをTOYOに納入
クアルコムとバイドゥが提携--スマホやIoT機器の音声AIアシスタントを改良へ
アマゾン、エッジデバイス向けに6つのIoTサービス群を発表
“泥にまみれて”農業IoTを実践する--IIJの取り組み
AIを軸にIoTや自動車、医療分野を狙うIntel
IoTデバイスに共通のセキュリティ基盤を、Arm「PSA」
【オンライン参加者の募集開始】製造業IoT、「可視化」と「予知保全」がわかるセミナー、国内8社が大集合 12/20(水) [PR]
「Sigfoxで世の中は変わる。セルラーIoTとは別世界だ!」、KCCS黒瀬社長インタビュー
写真で見る「鉄道技術展」--ホームドアやVRシミュレータ、IoTによる設備監視など
クアルコムとBaidu、スマートフォンやIoTデバイスのAI音声ソリューションで協業

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。