IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

5月30日から6月2日まで開催された、Amazon Web Services主催の「AWS Summit Tokyo 2017」が閉幕した。世界最大規模のクラウドカンファレンスとして、最新クラウド導入事例やAWS(アマゾンウェブサービス)クラウドの最新技術が紹介されたイベントの最終日には、脳科学者の茂木健一郎氏を招いての特別講演が行われた。

すでに人工知能は人間の脳を超えている!?

茂木健一郎氏(以下、茂木氏)は、さっそうと壇上に上がると「人工知能(以下、AI)のシンギュラリティは、もう起きている」と語った。AIと人間のシンギュラリティとは、技術的特異点を指し、テクノロジーの進歩によって2045年頃にはAIが人間の知能を超えると予測されている。

脳科学者・茂木健一郎氏

「先日、Googleが開発した囲碁AI『AlphaGo』が中国の世界チャンピオンに勝ったことが話題になりましたが、人工知能の研究者の間では予想された結果でした。そもそも人間の脳とAIを比べること自体がナンセンスだと思います。人間の脳ってそんなにスゴいものでしょうか?」

人は、囲碁や将棋を極めるために一生をかけて修行をしなければならないが、AIならば1ヶ月ほどでプロ棋士のレベルまで育成することが可能なはず、と茂木氏。

「心理学者のチクセントミハイ氏は、人間の意識が処理できるデータ量はだいたい1秒あたり128ビットほどだろう、という論文を発表しています。そのため、人間の脳は人と会話をすると、そのうちの半分くらいが使われてしまうので、そのほかのことに意識を向けることが非常に難しい。処理能力という観点では、人間の脳なんかたいしたことないんですよ」

AIの処理能力を持ってすれば、同時にいろいろなことができるが、人間の脳には限界がある。そのため、囲碁や将棋、チェスなどでAIと人間が同じ土俵で戦うという今の状況そのものに疑問を感じているという。

現在、Amazonが米国でのみ提供しているAIを使ったサービス「Amazon Echo(エコー)」のスキルについても、いまだ“人間の脳”という限られた範囲に向けられて開発が進められているようだ、と茂木氏は嘆く。

「もちろん、人間に合わせてサービスを作ることはマーケティングとして大切なのですが、エンジニアのみなさんには人間の脳のことは気にせず、突っ走ってほしいんです」

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ソフトバンク、NB-IoTを利用した水道メーター向け無線自動検針の実証実験を開始
ヘルスケアが次の注目すべきxTech分野【iNTERNET magazine Reboot】
IoTにSnapdragonが求められる理由、クアルコムがIoT戦略を解説
ソフトバンク、自治体向けIoTをパシフィックコンサルタンツと提携し強化
クラウディアン、深層学習用にGPUを搭載した小型のIoTエッジ処理サーバー「AI Box」を開発 | IT Leaders
もっと賢い公共インフラを5G通信とIoTで──ソフトバンクがインフラ設計大手と業務提携
建設現場の生産性を向上するIoTプラットフォーム「LANDLOG」、アプリ開発プロバイダ向けAPI第一弾を提供開始
新しい半導体の流れを作る、IoTと5G
ソフトバンクとパシコンが「IoT×AI」で提携、防災や社会インフラ改善に
ソフトバンクとパシフィックコンサルタンツ、スマートシティ実現に向け提携
GMOクラウド、IoTデバイスをセキュアに一括管理する「IoTプラットフォーム(仮称)」β版を提供開始
IoTや顔認証で路線バスのヒヤリ・ハット予備軍を把握 - KDDIと小湊鐵道
顔認識で危険運転防止、地中の水道メーター検針、牛の突然死防止--IoT活用が広がる
環境から「収穫」した電力で自立するデバイス 〜IoTを変える「エナジーハーべスティング」技術とは?
ソフトバンクら、NB-IoTを活用した水道メーターの実証実験
オープンIoTからIoSへ、モノからコトへ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。