IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

人間に求められる“遊び心”とは

AIの進歩に必要なのは「人間に合わせないこと」と、強く語る一方で、AIにも獲得できないものがある、と茂木氏。

「脳の感情やパーソナリティは数値化されていないため、現時点では、AIにパーソナリティを実装することは不可能です。10年後も20年後も、感情とパーソナリティのシンギュラリティはおそらく起こらないでしょう。そのため、AIが進歩した先に行き着くのは、おそらく人間の脳とは違う場所なのではないか、と考えています」

AIと人間の脳の到達点は異なる――。そのことを踏まえると、エンジニアリングやウェブサービスは「人を幸せにする」ことをメインに進化していくべきだと語る。

「今後は、人間にとって心地よい環境を、AIがいかにして作り出せるかという点が、カギになると思います。私の嗜好性を理解してくれるバトラーがいるような感覚です。こちらがいちいち注文するのではなくて、勝手に足りないものを買ってくれたり、床屋の予約も入れてほしい。そんな生活を実現するためには、プライバシーや安全性など、さまざまな問題があると思います。しかし、それらを解決するのがエンジニアリングなのではないでしょうか?」

そして、新たなテクノロジーに執事の役割を担ってもらうことができれば、大人たちが“子供の遊び心”を取り戻せるのでは、と期待を寄せる。

「今、AIによって人間の仕事がなくなるという、いろいろな見解が出ています。仕事がなくなってもいいじゃないですか。仕事がなくなったら遊べばいいんです。IT革命やコンピューター革命の重要なポイントは、テクノロジーによって自由を獲得した人々が“創造力”を解放させられる点なのです」

人々が“創造する力”を獲得するためにサポートしてもらう、それこそが最先端テクノロジーとの正しい付き合い方なのかもしれない。

「何かに夢中になって遊んでいた子供の頃ほど、幸せなときってありますかね? そういう時間をある程度確保することが、これからの人類社会の進むべき方向なのかな、と思います」

最後に「人類の未来は明るいと思います」と力強く語り、講演を締めくくった。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

加賀市や金沢大学、フレイ・スリーが動画を用いた観光ハッカソン
NTTデータ、FogHorn製品を利用したエッジ向けIoT/AI活用インテグレーションサービス
日本マイクロソフト、電子タグとIoTデータを活用した実証実験に参画
学生向け“IoTマンション”登場 玄関の鍵や家電をスマホで操作
「KDDI ∞ Labo」、AIやIoTに関するピッチイベント
量子コンピュータでも解読できない暗号アルゴリズム、実証実験に成功
自社サービス専用のIoTボタンを手軽に開発可能に、ソラコムがボタン型デバイス
Google、Android Thingsをスマートスピーカーとスマートディスプレイ向けに路線変更
【クローズアップ】 「近大マダイ」の養殖にマイクロソフトのAIを活用 近畿大学水産研究所の現場レポート
CyberBull、小売店の販促支援する専門組織を新設 IoTやAIを活用したプロダクト開発にも着手
IoTへのサイバー攻撃深刻化に対処、総務省/NICT「NOTICE」が始動
総務省のIoT機器調査は「監視社会」の始まりか--議論が起きた理由
テュフ ラインランド ジャパン、サイバー攻撃に強いIoT機器開発支援で「IoT機器セキュリティ対策サービス」を開始
GoogleがIoT用プラットフォーム「Android Things」開発計画を大幅にトーンダウン
Google、IoT向けOS「Android Things」をスピーカーとディスプレイに縮小
グーグルのIoT用OS「Android Things」、スピーカとディスプレイに注力へ

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。