IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

人間に求められる“遊び心”とは

AIの進歩に必要なのは「人間に合わせないこと」と、強く語る一方で、AIにも獲得できないものがある、と茂木氏。

「脳の感情やパーソナリティは数値化されていないため、現時点では、AIにパーソナリティを実装することは不可能です。10年後も20年後も、感情とパーソナリティのシンギュラリティはおそらく起こらないでしょう。そのため、AIが進歩した先に行き着くのは、おそらく人間の脳とは違う場所なのではないか、と考えています」

AIと人間の脳の到達点は異なる――。そのことを踏まえると、エンジニアリングやウェブサービスは「人を幸せにする」ことをメインに進化していくべきだと語る。

「今後は、人間にとって心地よい環境を、AIがいかにして作り出せるかという点が、カギになると思います。私の嗜好性を理解してくれるバトラーがいるような感覚です。こちらがいちいち注文するのではなくて、勝手に足りないものを買ってくれたり、床屋の予約も入れてほしい。そんな生活を実現するためには、プライバシーや安全性など、さまざまな問題があると思います。しかし、それらを解決するのがエンジニアリングなのではないでしょうか?」

そして、新たなテクノロジーに執事の役割を担ってもらうことができれば、大人たちが“子供の遊び心”を取り戻せるのでは、と期待を寄せる。

「今、AIによって人間の仕事がなくなるという、いろいろな見解が出ています。仕事がなくなってもいいじゃないですか。仕事がなくなったら遊べばいいんです。IT革命やコンピューター革命の重要なポイントは、テクノロジーによって自由を獲得した人々が“創造力”を解放させられる点なのです」

人々が“創造する力”を獲得するためにサポートしてもらう、それこそが最先端テクノロジーとの正しい付き合い方なのかもしれない。

「何かに夢中になって遊んでいた子供の頃ほど、幸せなときってありますかね? そういう時間をある程度確保することが、これからの人類社会の進むべき方向なのかな、と思います」

最後に「人類の未来は明るいと思います」と力強く語り、講演を締めくくった。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

筑波大 立本教授が語る、「エコシステム」の意味とは
フジテックCIOに聞く自社アプリ開発戦略、コミュニティ参加に出張費まで出す理由
IoTで国内栽培に向かない海外の果物・野菜を効率よく育成-システムの検証開始
KDDI、スマホアプリとホームIoTを活用した睡眠改善活動の実証実験
コネクテッドデバイスから企業インフラまで次々にセキュリティ新施策を発表 - Microsoft
まるで「iPadのオバケ」──最大310インチ・タッチ無制限のデジタルサイネージをKDDIが提供
ヤマザキマザックの製造業向けIoTで技術支援--ネットワンシステムズ
「月額30円から」LoRaWAN IoT通信サービス、センスウェイが提供開始
IoT人気記事ランキング|トヨタ、ドコモ、マイクロソフトが目指す、ヒトもつながる「コネクティッド」の未来など[4/9-4/15]
オープンイノベーションによる協創をスムーズに進めるためのポイント
スマートフォンによってヒトの生活はどう変わったのか、IoT/AI時代のマーケティングを考える
IoT時代のものづくり、強みの「匠」や「三現主義」をどう生かすべきか?
MSYS、IoTサービス向けビーコン「BlueBeaconシリーズ」に新製品
安全運転でポイントがもらえる――スマートドライブがIoT搭載のカーリースサービスを開始
ネットワンシステムズ、ヤマザキマザックの製造業向けIoTソリューションを技術支援
センスウェイ、1デバイス月額30円から使えるIoT向け通信サービス

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。