IoT(Internet of Things)の最新ニュースや企業&ベンチャー事例(ケーススタディ)ほぼ毎日掲載

イノベーション
2017.06.08

AIと人間の脳の到達点はどこへ 茂木健一郎氏が語る人工知能
「AWS Summit Tokyo 2017」特別講演レポート

BY

人間に求められる“遊び心”とは

AIの進歩に必要なのは「人間に合わせないこと」と、強く語る一方で、AIにも獲得できないものがある、と茂木氏。

「脳の感情やパーソナリティは数値化されていないため、現時点では、AIにパーソナリティを実装することは不可能です。10年後も20年後も、感情とパーソナリティのシンギュラリティはおそらく起こらないでしょう。そのため、AIが進歩した先に行き着くのは、おそらく人間の脳とは違う場所なのではないか、と考えています」

AIと人間の脳の到達点は異なる――。そのことを踏まえると、エンジニアリングやウェブサービスは「人を幸せにする」ことをメインに進化していくべきだと語る。

「今後は、人間にとって心地よい環境を、AIがいかにして作り出せるかという点が、カギになると思います。私の嗜好性を理解してくれるバトラーがいるような感覚です。こちらがいちいち注文するのではなくて、勝手に足りないものを買ってくれたり、床屋の予約も入れてほしい。そんな生活を実現するためには、プライバシーや安全性など、さまざまな問題があると思います。しかし、それらを解決するのがエンジニアリングなのではないでしょうか?」

そして、新たなテクノロジーに執事の役割を担ってもらうことができれば、大人たちが“子供の遊び心”を取り戻せるのでは、と期待を寄せる。

「今、AIによって人間の仕事がなくなるという、いろいろな見解が出ています。仕事がなくなってもいいじゃないですか。仕事がなくなったら遊べばいいんです。IT革命やコンピューター革命の重要なポイントは、テクノロジーによって自由を獲得した人々が“創造力”を解放させられる点なのです」

人々が“創造する力”を獲得するためにサポートしてもらう、それこそが最先端テクノロジーとの正しい付き合い方なのかもしれない。

「何かに夢中になって遊んでいた子供の頃ほど、幸せなときってありますかね? そういう時間をある程度確保することが、これからの人類社会の進むべき方向なのかな、と思います」

最後に「人類の未来は明るいと思います」と力強く語り、講演を締めくくった。

JBPRESS

あわせてお読みください

記事ランキング

  • 直近1時間
  • 昨日

話題のキーワード

注目連載

あわせてお読みください

IoTニュース

ニャンだこれは?「AIoT」を活用して、大切なネコの健康を見守るプロダクト『ペットケアモニター』がシャープから登場
ArmがStream Technologies社を買収、IoTコネクティビティとデバイス管理ソリューションを拡充
Interop Tokyo 2018 、IoTやAIと、ネットワークの関係を考える
さくらインターネットがIoT/M2M向けSIMサービスでSIMルート機能
セキュリティターミナル製品の要求仕様を策定、セキュアIoTアライアンス
CypressとSemitech、スマートシティー市場で協業
マウス、Windows 10 IoT Enterprise搭載の組み込み向け小型PC
ソラコムの年次カンファレンス、IoTスタートアップによるピッチ開催
IoT人気記事ランキング|スマートファクトリーJapan 2018 レポートなど[6/4-6/10]
日本IBMと安川電機が協業、エッジと連携するアナリティクスデータクラウド基盤を開発
シャープが目を付けたのは「猫用IoTトイレ」 ペット事業になぜ参入? 犬のバイタル計測サービスも
ノバルス、乾電池型IoTデバイス「MaBeee」のビーコンモデルを発表
AT&Tとノキアが協業、企業のIoTイノベーションをグローバルに支援
凸版印刷が「IoT建材」の開発に着手、横浜市内で生活モニタリングの実証実験
さくらインターネット、IoT/M2M向けSIMサービスに新機能を追加
エッジからのリアルタイムデータを価値あるサービスに変えるIoT基盤をAWSで―DeNA「タクベル」が挑む次世代オートモーティブ事業 | IT Leaders

IoTニュース”は、Mynd Engineを活用して、世の中のIoT関連の記事をまとめさせていただき、ご紹介させていただきます。